人名辞典 – 栄姫

人名辞典 – 栄姫

栄姫の生涯

栄姫の生涯

栄姫の生涯

栄姫(えいひ、1161年 – 1184年)は、平安時代後期の皇族。高倉天皇の第1皇女で、母は平徳子(建礼門院)。同母弟に安徳天皇、後高倉天皇、守貞親王、以仁王、同母妹に亮子内親王(宣陽門院)。

治承4年(1180年)に源頼朝が挙兵すると、後白河法皇は平清盛に対抗するために栄姫を源頼朝の嫡男・頼家に降嫁させた。頼家は平家打倒の功績により征夷大将軍に任じられ、栄姫は鎌倉に下向した。

寿永2年(1183年)に頼家が鎌倉に帰還すると、栄姫は頼家の寵愛を受けて、翌元暦2年(1184年)に男子(一幡)を産んだ。しかし、一幡は生後間もなく夭折し、栄姫も産後に病死した。享年24。

栄姫の死後、頼家は悲しみに暮れ、出家して法然の弟子となった。栄姫は頼家の正室として、源氏の棟梁を支えた聡明で気品のある女性であった。

栄姫は、頼家との間に、一幡のみを残して早世しました。一幡は、建久10年(1199年)に、祖父である源頼朝の死後に、わずか9歳で鎌倉幕府の第2代将軍に就任しましたが、翌建仁元年(1201年)に、わずか11歳で病死しました。

栄姫の死は、源氏と平家の争いに引き裂かれた時代の悲劇であり、彼女の早世は、源氏と平家の両家だけでなく、日本全体に大きな影響を与えました。

栄姫の家族

栄姫の家族

– 栄姫の家族

栄姫(えいひ)は、日本の江戸時代前期の美女であり、徳川家光の側室です。1613年に春日局の姪として生まれ、幼少の頃からその美しさで知られていました。1627年、14歳の時に家光の側室となり、1630年に長女・竹姫を出産しました。しかし、竹姫は生後すぐに亡くなり、栄姫はその後、子宝に恵まれることはありませんでした。

栄姫の家族は、春日局と徳川家光、そして長女・竹姫の3人です。春日局は、徳川家光の乳母であり、江戸幕府の政治にも大きな影響力を持っていました。栄姫は、春日局の姪であり、家光の側室となったことで春日局の権力をさらに強めました。家光は、栄姫を寵愛し、栄姫は家光の子供を身ごもることもありましたが、残念ながら流産してしまいました。

また、栄姫は家光の側室でありながらも、春日局の姪という立場から、他の側室よりも高い地位を与えられていました。栄姫は、春日局の庇護のもと、江戸城内で自由に過ごすことができました。栄姫は、才能豊かで琴や三味線、和歌に秀でた教養人であり、家光からも一目置かれていました。栄姫は、春日局の死後も、家光の側室として江戸城に残り、徳川家光の死までその寵愛を受けました。

栄姫の死

栄姫の死

栄姫の死

栄姫は、1626年に山口藩主・毛利輝元の娘として生まれました。1641年に将軍・徳川家光の長男・家綱と結婚し、1663年に家綱が死去すると、その跡を継いで将軍となった5代将軍・徳川綱吉の生母となりました。

栄姫は、綱吉の教育に熱心に取り組み、綱吉が将軍となった後も、その補佐を務めました。また、栄姫は仏教を篤く信仰しており、多くの寺院を建立したり、仏像を寄進したりしました。

しかし、1687年、栄姫は突然亡くなりました。享年61歳でした。栄姫の死因については、さまざまな説がありますが、はっきりとしたことはわかっていません。

栄姫の死は、綱吉に大きな衝撃を与えました。綱吉は、栄姫の死をきっかけに、政治に専念するようになり、また、仏教をより深く信仰するようになりました。

綱吉は、栄姫の死を悼んで、栄姫の遺言に従って、増上寺に葬りました。また、綱吉は、栄姫の菩提を弔うために、増上寺に五重塔を建立しました。

栄姫の死は、綱吉の政治に大きな影響を与え、また、日本の仏教の歴史にも大きな影響を与えました。

栄姫は、日本の歴史上、重要な人物であり、その死は、日本に大きな影響を与えました。

タイトルとURLをコピーしました