アダミの生涯と日本での宣教活動

アダミの生涯と日本での宣教活動

アダミの生誕と宣教師としての誓願

アダミの生誕と宣教師としての誓願

-アダミの生誕と宣教師としての誓願-

ジョセフ・アダミは、1878年11月20日にイタリア北部のヴェローナ県にあるモンテッキーア・ディ・クロザーラ村で生まれました。彼は裕福な農家の息子であり、幼い頃から信心深い家庭で育ちました。12歳の時、地元の教会で初聖体を受け、16歳の時には司祭になることを決意しました。

アダミは、トレントにある司教座神学校に入学し、1902年に司祭に任命されました。その後、彼は、ヴェローナで司牧助手として働き、1904年には、ローマにあるウルバノ大学で宣教師の養成課程を受講しました。1905年に、彼は、宣教師として日本に派遣されることになり、同年11月に横浜に到着しました。

アダミは、横浜で日本語を学んだ後、1906年に東京の聖イグナチオ教会に赴任しました。彼は、同教会で司牧活動に従事する傍ら、東京帝国大学で神学を学び、1909年に博士号を取得しました。また、彼は、1912年に、東京の聖心女子学院の創設に協力しました。

アダミは、1923年に、東京の聖イグナチオ教会の主任司祭に任命されました。同教会は、その後、東京大司教区のカテドラル(大聖堂)に昇格し、アダミは、東京大司教区の初代大司教になりました。彼は、1940年に、ローマ教皇庁によって枢機卿に任命され、1945年には、東京大司教区を引退しました。

アダミは、1946年11月28日に、東京で死去しました。彼は、日本での宣教活動において大きな功績を残し、日本のカトリック教会の発展に貢献しました。

筑後での布教活動とマカオへの追放

筑後での布教活動とマカオへの追放

筑後での布教活動とマカオへの追放

アダミは、1593年に筑後国に上陸し、布教活動を始めた。筑後は、カトリックの門徒が比較的多く、アダミは地元の領主である大友氏の庇護を受けて、布教活動を展開した。しかし、アダミの布教活動は、仏教や神道の信者たちから反発を受け、1597年に大友氏が改易されると、アダミはマカオに追放された。

アダミは、マカオで布教活動を続けたが、1608年に病死した。アダミの死後、イエズス会の宣教師たちは、日本への再渡航を図ったが、江戸幕府によるキリシタン禁教政策のため、成功しなかった。

アダミの筑後での布教活動は、日本のキリスト教史において重要な出来事である。アダミは、日本国内で最初に布教活動を展開した宣教師の一人であり、彼の布教活動は、日本のキリスト教の土台を築いた。また、アダミの布教活動は、キリスト教と仏教・神道との対立を招き、江戸幕府によるキリシタン禁教政策につながった。

再入国と長崎での処刑

再入国と長崎での処刑

-再入国と長崎での処刑-

長崎に到着した後、アダミと彼の仲間たちは、イエズス会の宣教師であったガスパル・コエリョの家で住み始めた。彼らはすぐに、日本のキリスト教信者たちの迫害が始まっていることを知った。1614年の夏、コエリョはマニラに向かう船に乗って、迫害の状況をローマ教皇とスペイン国王に知らせた。

アダミと彼の仲間たちは、長崎にとどまり、キリスト教の教えを伝え続けた。しかし、彼らはすぐに迫害されるようになった。1615年1月に、アダミは長崎奉行から日本を離れるよう命令された。しかし、彼はこの命令を無視し、長崎にとどまり続けた。

1617年10月、アダミは長崎奉行によって逮捕された。彼は、他のキリスト教の宣教師と一緒に、長崎の西坂で処刑された。アダミは、敬虔な信仰心とキリスト教の教えに対する献身により、日本のキリスト教信者にとって殉教者となった。

アダミの殉教は、日本のキリスト教迫害の激化の象徴となった。この迫害は、1639年に島原の乱が起こるまで続いた。島原の乱は、日本のキリスト教徒による反乱で、幕府軍によって鎮圧された。この反乱の後、日本のキリスト教は、1853年にペリー艦隊が来航するまで、禁教とされた。

アダミの生涯は、日本のキリスト教の歴史において重要な役割を果たした。彼の宣教活動は、日本のキリスト教の信者の数を増やし、日本のキリスト教の発展に貢献した。また、彼の殉教は、日本のキリスト教迫害の激化の象徴となり、日本のキリスト教徒に信仰の大切さを思い出させるものとなった。

タイトルとURLをコピーしました