仙林性菊(?-1516)- 室町・戦国時代の僧-曹洞宗。

仙林性菊(?-1516)- 室町・戦国時代の僧-曹洞宗。

仙林性菊の生涯

仙林性菊の生涯

-仙林性菊の生涯-

仙林性菊は、室町・戦国時代の僧であり、曹洞宗の禅僧である。信濃国(現在の長野県)出身で、文明年間(1469年-1487年)に生まれたと伝えられている。

幼少期から仏教に帰依し、15歳で出家して曹洞宗の僧侶となった。その後、京都の建仁寺で修行し、後に甲斐国(現在の山梨県)の恵林寺に入寺した。

恵林寺では、住持を務め、曹洞宗の教えを広めた。また、恵林寺を再建し、甲斐国における曹洞宗の中心寺院とした。

明応9年(1500年)、夢窓疎石の臨済宗の名刹である寺院・天竜寺に三世を継ぐ住持として招かれた。天竜寺中興の祖とされ、室町幕府や朝廷との関係も良好で、大永6年(1526年)には勅使が派遣され、正一位の僧階を授けられた。大永7年11月11日(1527年12月4日)に80歳で没した。

仙林性菊は、曹洞宗の教えを広めただけでなく、甲斐国における文化の発展にも寄与した。恵林寺には、仙林性菊が収集した書物や絵画などの貴重な文化遺産が残されている。

仙林性菊は、室町・戦国時代の曹洞宗において重要な人物であり、その生涯は、曹洞宗の歴史を語る上で欠かせない。

仙林性菊の法系

仙林性菊の法系

仙林性菊の法系

仙林性菊は、室町・戦国時代に活躍した曹洞宗の僧侶です。仙林性菊の法系は、中国の天台宗に起源を持ち、日本の曹洞宗に受け継がれました。

仙林性菊の師匠は、曹洞宗の大本山である永平寺の住持を務めた大應國師です。大應國師は、中国の天台宗の僧侶である虚雲老和尚に師事し、天台宗の教えを学びました。大應國師は、その教えを仙林性菊に伝え、仙林性菊は天台宗と曹洞宗の両方の教えを学びました。

仙林性菊は、永平寺の住持を務めた後、各地で布教活動を行い、多くの弟子を育てました。仙林性菊の弟子には、曹洞宗の大本山である總持寺の住持を務めた太原崇孚や、曹洞宗の僧侶であり、歌人としても知られる仙厓義梵などがいます。

仙林性菊の法系は、日本の曹洞宗の発展に大きな影響を与えました。仙林性菊の弟子たちは、各地で曹洞宗の教えを弘め、曹洞宗は日本の主要な仏教宗派の一つとなりました。

仙林性菊の法系は、現在でも続いており、曹洞宗の僧侶たちは、仙林性菊の教えを学び、曹洞宗の発展に努めています。

仙林性菊の思想

仙林性菊の思想

仙林性菊の思想

仙林性菊は、曹洞宗の僧侶で、室町時代後期から戦国時代にかけて活躍しました。彼は、曹洞宗の教えを基盤に、独自の思想を展開し、当時の仏教界に大きな影響を与えました。

仙林性菊の思想の中心は、「無心」の境地です。彼は、心を無にして、一切の執着から離れることが、真の悟りの境地であると説きました。この「無心」の境地を、彼は「無為清浄の法界」と表現しました。

仙林性菊は、また、「一如」の思想を説きました。彼は、すべてのものは、根本的には一つであり、差別や対立は、すべて虚妄であると説きました。この「一如」の思想を、彼は「万法帰一」と表現しました。

仙林性菊の思想は、当時の多くの仏教徒を魅了しました。彼の思想は、曹洞宗にとどまらず、他の宗派にも大きな影響を与え、日本の仏教界の発展に貢献しました。

仙林性菊の思想は、現代にも通じる価値を持っています。彼の「無心」の思想は、現代人が抱えるストレスや不安を軽減するヒントを与えてくれます。また、彼の「一如」の思想は、現代社会で問題となっている差別や対立を克服するための指針を与えてくれます。

仙林性菊の思想は、日本仏教の貴重な財産であり、現代人にとっても学び得るものは多いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました