永福門院右衛門督-鎌倉-南北朝時代の歌人

永福門院右衛門督-鎌倉-南北朝時代の歌人

永福門院右衛門督の生涯と経歴

永福門院右衛門督の生涯と経歴

-永福門院右衛門督の生涯と経歴-

永福門院右衛門督(えいふくもんいんうえもんのかみ、承久3年(1221年) – 建武3年/延元2年10月20日(1336年11月15日))は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての女性歌人。後嵯峨院の第五皇女。母は権中納言藤原親実の娘・大納言御匣。
永福門院右衛門督は、承久3年(1221年)に後嵯峨院と大納言御匣の間に生まれた。幼名を久子、法名を晴雲と称した。天福2年(1234年)に父後嵯峨院が皇位を退位し、亀山院が即位した際に、承明門院となった。弘長2年(1262年)に後嵯峨院が崩御したため、永福門院の地位を継いで永福門院となった。文永4年(1267年)に亀山院が崩御し、後宇多天皇が即位した際に、永福門院右衛門督となった。 

永福門院右衛門督は、和歌に優れ、勅撰和歌集に多くの作品が収められている。また、日記『永福門院右衛門督記』を著しており、その中には、鎌倉時代の宮廷の生活や政治の様子が詳しく記されている。永福門院右衛門督は、建武3年/延元2年10月20日(1336年11月15日)に崩御した。享年116歳。

永福門院右衛門督は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての重要な歌人であり、その作品は、当時の宮廷文化や政治の様子を知る上で貴重な資料となっている。また、日記『永福門院右衛門督記』は、鎌倉時代の歴史を研究する上で欠かせない史料となっている。

京極派の歌人として活躍する永福門院右衛門督

京極派の歌人として活躍する永福門院右衛門督

京極派の歌人として活躍する永福門院右衛門督

永福門院右衛門督は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した歌人です。京極派の歌人として知られ、百人一首にも入選しています。

永福門院右衛門督は、永福門院に仕えていたことからその名で呼ばれるようになりました。永福門院は、後醍醐天皇の皇后であり、後村上天皇の母です。永福門院右衛門督は、永福門院に仕える前は、京極為兼に師事していました。京極為兼は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した歌人で、京極派の祖とされています。永福門院右衛門督は、京極為兼から和歌の手ほどきを受け、京極派の歌風を学びました。

永福門院右衛門督は、京極派の歌人として活躍し、多くの和歌を残しました。その和歌は、優美で繊細な表現が特徴で、京極派の和歌の典型とされています。永福門院右衛門督の和歌は、百人一首にも入選しており、その歌は現在でも多くの人に親しまれています。

永福門院右衛門督は、京極派の歌人として活躍し、和歌の発展に貢献しました。その和歌は、優美で繊細な表現が特徴で、現在でも多くの人に親しまれています。

実際のところ、永福門院右衛門督という人物については、あまり多くのことが分かっていません。生没年は不明ですが、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍したと推定されています。また、本名も不明ですが、藤原氏の一族であったとされています。永福門院右衛門督は、永福門院に仕えていたことからその名で呼ばれるようになりましたが、永福門院との関係については詳しく分かっていません。

永福門院右衛門督の和歌は、百人一首にも入選しており、その歌は現在でも多くの人に親しまれています。その代表的な歌に、「思ひかねて寝しよりばかり夢にこそなりにける人はいづちなるらん」があります。この歌は、恋する人を思い続けて寝床についたところ、その人を夢に見たという内容です。永福門院右衛門督の和歌は、優美で繊細な表現が特徴で、京極派の和歌の典型とされています。

「風雅和歌集」などに作品が収められている永福門院右衛門督

「風雅和歌集」などに作品が収められている永福門院右衛門督

-「風雅和歌集」などに作品が収められている永福門院右衛門督-

永福門院右衛門督は、鎌倉時代から南北朝時代にかけての歌人。名は不詳。京都の人。小倉百人一首にも選ばれた「月やあらぬ 春や昔の 春ならぬ わが身ひとつは もとの身にして」が最も有名な作品です。

父は平業房、母は法性寺左衛門督の娘。法性寺左衛門督は、鎌倉幕府の有力御家人・北条時政の側室でしたが、時政失脚後は娘とともに京都に移り住んでいました。

右衛門督は、幼い頃から和歌を学び、その才能を認められて鎌倉幕府の将軍・後嵯峨天皇に仕えました。後嵯峨天皇は、右衛門督の和歌を高く評価し、彼女を「和歌の師範」に任命しました。

右衛門督は、後嵯峨天皇の命を受けて、「風雅和歌集」の編纂に携わりました。「風雅和歌集」は、鎌倉時代の和歌を集めた歌集で、右衛門督は、この歌集に多くの作品を寄せています。

右衛門督は、鎌倉時代を代表する歌人の一人であり、その作品は、優美で清らかな作風で知られています。また、右衛門督は、和歌の師範として、多くの歌人に和歌を教え、和歌の発展に貢献しました。

永福門院右衛門督は、鎌倉時代から南北朝時代にかけて活躍した歌人です。彼女は、その才能を認められて鎌倉幕府の将軍・後嵯峨天皇に仕え、和歌の師範に任命されました。右衛門督は、「風雅和歌集」の編纂に携わり、多くの作品を寄せています。右衛門督の作品は、優美で清らかな作風で知られており、彼女は鎌倉時代を代表する歌人の一人とされています。

タイトルとURLをコピーしました