人名辞典-「英甫永雄」(1547-1602 織豊時代の僧)

人名辞典-「英甫永雄」(1547-1602 織豊時代の僧)

英甫永雄の生い立ちと経歴

英甫永雄の生い立ちと経歴

英甫永雄の生い立ちと経歴

英甫永雄は、1547年(天文16年)に、備前国(現在の岡山県)で生まれました。俗名は、森脇長右衛門といい、毛利氏に仕えていました。

しかし、1574年(天正2年)に毛利氏が織田信長の軍勢に敗れたため、英甫永雄は、出家して僧侶となりました。その後、京都の妙心寺で修行し、1582年(天正10年)に、住職に就任しました。

本能寺の変後、英甫永雄は、豊臣秀吉に仕え、秀吉の死後は、徳川家康に仕えました。そして、1602年(慶長7年)に、京都で亡くなりました。

英甫永雄は、禅僧として、徳川家康から厚い信頼を得ていたと言われています。また、学問にも秀でており、多くの著作を残しています。その代表作の一つが、1597年(慶長2年)に著された『禅林象器箋』です。この書は、禅の用語や思想を解説したもので、禅僧の間で広く読まれています。

英甫永雄は、禅僧として、徳川家康から厚い信頼を得ていた言われています。また、学問にも秀でており、多くの著作を残しています。その代表作の一つが、1597年(慶長2年)に著された『禅林象器箋』です。この書は、禅の用語や思想を解説したもので、禅僧の間で広く読まれています。

英甫永雄の仏教思想と活動

英甫永雄の仏教思想と活動

-英甫永雄の仏教思想と活動-

英甫永雄(1547-1602)は、織豊時代の僧です。京都の出身で、幼い頃から仏教に親しみ、15歳で出家しました。その後、各地を遊学し、多くの高僧に師事しました。

英甫永雄の仏教思想は、浄土真宗の開祖である親鸞の教えを基盤としています。親鸞は、阿弥陀仏の救いを信じるだけで、誰でも浄土に往生できると説きました。英甫永雄は、この親鸞の教えを広く伝え、多くの人々を救済しました。

英甫永雄は、また、浄土真宗の教義を研究し、多くの著作を残しました。代表的な著作として、『浄土真宗全書』、『浄土真宗綱要』などがあります。これらの著作は、浄土真宗の教義を体系的にまとめたもので、後の浄土真宗の発展に大きな影響を与えました。

英甫永雄は、仏教の教えを説くだけでなく、社会福祉事業にも積極的に取り組みました。貧しい人々を救済するための施粥を行い、また、各地に学校や病院を設立しました。英甫永雄の社会福祉事業は、多くの人々の生活を改善し、社会に大きく貢献しました。

英甫永雄は、浄土真宗の教えを広く伝え、社会福祉事業に積極的に取り組んだ僧です。その功績は大きく、今日でも多くの人々から敬愛されています。

英甫永雄の和歌と狂歌

英甫永雄の和歌と狂歌

-英甫永雄の和歌と狂歌-

英甫永雄は、室町時代末期から安土桃山時代にかけて活躍した僧である。1547年に京都で生まれ、1602年に死去した。本名は藤原永雄。号は英甫。

英甫は、幼い頃から和歌と狂歌に親しみ、15歳の時には既に歌集を出版している。その後、僧侶として各地を巡りながら和歌と狂歌を詠み続け、その才能は広く知られるようになった。

英甫の和歌は、優美で繊細な作風が特徴であり、特に恋の歌に秀でていた。また、狂歌はユーモア溢れる作品が多く、庶民の間で人気を博した。

英甫の和歌と狂歌は、当時の社会や風俗を反映しており、貴重な史料として評価されている。また、その文学的価値も高く、現在でも多くの愛好者がいる。

-英甫の歌風-

英甫の和歌は、優美で繊細な作風であり、特に恋の歌に秀でていた。その歌は、男女の情愛を繊細に描き出し、読者の共感を呼んでいる。

英甫の狂歌は、ユーモア溢れる作品が多く、庶民の間で人気を博した。その狂歌は、当時の社会や風俗を風刺したものや、日常の出来事を面白おかしく詠んだものなど、多岐にわたっている。

-英甫の評価-

英甫の和歌と狂歌は、当時の社会や風俗を反映しており、貴重な史料として評価されている。また、その文学的価値も高く、現在でも多くの愛好者がいる。

英甫は、和歌と狂歌の両方で優れた作品を残した数少ない歌人であり、その功績は高く評価されている。

タイトルとURLをコピーしました