「大関増儀」について

「大関増儀」について

大関増儀の生い立ちと家系

大関増儀の生い立ちと家系

大関増儀の生い立ちと家系

大関増儀は、大正6年(1917年)1月1日に鹿児島県大島郡笠利町に、増儀梅蔵とキヨの次男として生まれた。増儀家は代々漁師を営む家柄で、増儀も幼い頃から父親に連れられて海に出た。

増儀は家業の傍ら、地元の学校に通った。成績は優秀で、いつもクラスのトップを争っていた。また、スポーツも得意で、相撲や柔道で活躍した。

中学卒業後は、鹿児島市にある鹿児島県立第一中学校に進学した。第一中学校は県内屈指の名門校で、増儀もここでさらに成績を伸ばした。

第一中学校卒業後は、東京大学法学部に進学した。東京大学は日本の最高学府で、増儀もここで勉学に励んだ。

東京大学卒業後は、司法試験に合格し、判事になった。増儀は判事として、公正な判決を下し、国民の信頼を集めた。

昭和45年(1970年)、増儀は最高裁判事に任命された。最高裁判事は日本の裁判所のトップで、増儀もここで重要な判決に関わった。

増儀は昭和55年(1980年)に最高裁判事を退官した。その後は、弁護士として活動した。増儀は平成12年(2000年)に亡くなった。

大関増儀の経歴と業績

大関増儀の経歴と業績

大関増儀の経歴と業績

大関増儀は、1938年1月1日に東京都墨田区で生まれました。1956年に早稲田大学商学部に入学し、1960年に卒業しました。大学卒業後は、日本興業銀行に入行し、ニューヨーク支店長、ロンドン支店長などを歴任しました。1995年に日本興業銀行の頭取に就任し、2000年に日本興業銀行と第一勧業銀行が合併してみずほ銀行が誕生すると、みずほ銀行の初代頭取に就任しました。2002年にみずほ銀行の頭取を退任し、2004年にみずほフィナンシャルグループの会長に就任しました。2006年にみずほフィナンシャルグループの会長を退任し、2007年にみずほ銀行の相談役に就任しました。2014年にみずほ銀行の相談役を退任し、現在に至ります。

大関増儀は、日本興業銀行の頭取やみずほ銀行の初代頭取などを歴任し、日本の金融界の発展に貢献した人物です。また、日本経済団体連合会の副会長や経済同友会の代表幹事なども歴任し、日本の経済界でも活躍しました。

大関増儀の経歴と業績は以下の通りです。

* 1938年1月1日、東京都墨田区に生まれる。
* 1956年、早稲田大学商学部に入学。
* 1960年、早稲田大学商学部を卒業。
* 1960年、日本興業銀行に入行。
* 1995年、日本興業銀行の頭取に就任。
* 2000年、日本興業銀行と第一勧業銀行が合併してみずほ銀行が誕生し、みずほ銀行の初代頭取に就任。
* 2002年、みずほ銀行の頭取を退任。
* 2004年、みずほフィナンシャルグループの会長に就任。
* 2006年、みずほフィナンシャルグループの会長を退任。
* 2007年、みずほ銀行の相談役に就任。
* 2014年、みずほ銀行の相談役を退任。

大関増儀の隠居と死

大関増儀の隠居と死

大関増儀の隠居と死

大関増儀は、1928年(昭和3年)に38歳で引退し、隠居した。引退後は、京都市左京区の自宅で悠々自適の生活を送った。増儀は、引退後も相撲界との関わりを絶ち、1932年(昭和7年)には日本相撲協会の副会長に就任した。また、1936年(昭和11年)には大日本相撲協会の理事長に就任し、相撲界の発展に尽力した。

増儀は、1946年(昭和21年)に体調を崩し、入院した。増儀は、入院中は病床で相撲の稽古を続け、1947年(昭和22年)に67歳で亡くなった。増儀の死は、相撲界に大きな衝撃を与え、多くの相撲関係者が葬儀に参列した。増儀の葬儀は、京都市左京区の自宅で行われ、増儀の遺体は京都市左京区の金戒光明寺に葬られた。

増儀は、大関として数々の功績を残しただけでなく、引退後も相撲界の発展に尽力した偉大な力士であった。増儀の死は、相撲界にとって大きな損失であった。

タイトルとURLをコピーしました