熱田大宮司範直

 熱田大宮司範直

熱田大宮司範直の生涯

熱田大宮司範直の生涯

-熱田大宮司範直の生涯-

熱田大宮司範直は、平安時代前期の貴族、神官。熱田神宮の大宮司で、伊勢神道や神祇道の形成に重要な役割を果たした人物です。

範直は、天慶2年(939年)に、熱田神宮の大宮司であった範綱の子として生まれました。幼少の頃から神道を学び、早くから神官としての才能を発揮しました。

天徳4年(960年)、範直は熱田神宮の大宮司に就任しました。大宮司として、範直は熱田神宮の経営に尽力し、社殿の修築や神事の再興などを行いました。また、範直は伊勢神道や神祇道の研究にも熱心に取り組み、多くの著作を残しました。

範直の著作の中でも特に有名なのは、『熱田大宮司範直作法』です。『熱田大宮司範直作法』は、神道や神祇道の作法について解説した書物で、平安時代から鎌倉時代にかけて広く読まれました。

範直は、永観2年(984年)に死去しました。享年46でした。範直の死後、熱田神宮の大宮司は、範直の弟である範忠が継承しました。

範直は、熱田神宮の大宮司として、伊勢神道や神祇道の形成に大きな貢献をした人物です。範直の著作は、平安時代から鎌倉時代にかけての神道の研究に大きな影響を与えました。

熱田大宮司範直の人物像

熱田大宮司範直の人物像

-熱田大宮司範直の人物像-

熱田大宮司範直は、平安時代初期の貴族、儒学者、政治家です。熱田大宮司範直は、文章生として出立し、文章博士、文章博士、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、主計頭、

熱田大宮司範直は、貞観11年(869年)に誕生しました。父は参議の橘氏公であり、母は従五位上の藤原薬子です。文章博士を務めていた菅原道真の指導を受け、文章生として出立しました。

熱田大宮司範直は、文章博士、主計頭、大蔵少輔、大蔵大輔、右少弁、右中弁、左中弁を歴任しました。

熱田大宮司範直は、寛平8年(896年)に文章博士に任命されました。文章博士は、天皇の詔勅や官符などを起草する役職であり、文章生としての経験が評価されたものと考えられます。その後、主計頭、大蔵少輔、大蔵大輔、右少弁、右中弁、左中弁を歴任しました。

熱田大宮司範直は、延喜3年(903年)に大納言に任命されました。大納言は、太政官の最高官であり、天皇を補佐する役職です。熱田大宮司範直は、延喜8年(908年)まで大納言を務めました。

熱田大宮司範直は、延喜8年(908年)に右大臣に任命されました。右大臣は、太政官の次官であり、左大臣と共に天皇を補佐する役職です。熱田大宮司範直は、延喜17年(917年)まで右大臣を務めました。

熱田大宮司範直は、延喜17年(917年)に左大臣に任命されました。左大臣は、太政官の最高官であり、天皇を補佐する役職です。熱田大宮司範直は、延喜20年(920年)まで左大臣を務めました。

熱田大宮司範直は、延喜20年(920年)に薨去しました。享年52でした。

熱田大宮司範直は、平安時代初期を代表する政治家の一人です。文章生として出立し、文章博士、主計頭、大蔵少輔、大蔵大輔、右少弁、右中弁、左中弁、大納言、右大臣、左大臣を歴任しました。延喜8年(908年)に右大臣に任命され、延喜17年(917年)には左大臣に昇進しました。延喜20年(920年)に薨去するまで、天皇を補佐し、平安時代の政治に大きな影響を与えました。

タイトルとURLをコピーしました