「熱田大宮司昌能」

「熱田大宮司昌能」

熱田大宮司昌能-概要

熱田大宮司昌能-概要

– 「熱田大宮司昌能」
-# 熱田大宮司昌能-概要

熱田大宮司昌能とは、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した武将である。熱田大社の大宮司を務め、源平合戦では源氏方に加わり、一の谷の戦いや壇ノ浦の戦いなどで功を挙げた。

昌能は、熱田大社の大宮司であった昌全の子として生まれた。昌全は、平清盛の側近として活躍し、平治の乱では源氏方を破るなど武勇に優れていた。

昌能は、幼い頃から武術を学び、弓馬の達人として知られていた。また、和歌や蹴鞠にも秀で、文武両道を兼ね備えた人物であった。

1180年、平清盛が平氏政権を樹立すると、昌能は熱田大宮司に任命された。昌能は、平氏政権に仕えながら、源氏の動向を探っていた。

1185年、源頼朝が挙兵すると、昌能は源氏方に寝返った。昌能は、一の谷の戦いで平氏軍を破り、壇ノ浦の戦いでは平氏軍を海に追い詰めた。

平氏滅亡後、昌能は源頼朝から恩賞として尾張国を賜り、尾張守に任命された。昌能は、尾張の国で善政を敷き、人々から慕われた。

昌能は、1204年に死去した。享年49。

昌能は、武勇に優れ、文武両道を兼ね備えた人物であった。また、源氏方に寝返って平氏を滅亡に追いやるなど、戦国時代の武将として大きな功績を残した。

熱田大宮司昌能-後醍醐天皇の側近

熱田大宮司昌能-後醍醐天皇の側近

熱田大宮司昌能-後醍醐天皇の側近

熱田大宮司昌能は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての熱田神宮の大宮司であり、後醍醐天皇の側近として活躍した人物です。昌能は、1241年に熱田大宮司昌長の嫡男として生まれました。幼少の頃から頭脳明晰で、早くから政治的手腕を発揮しました。1298年に大宮司の職を引き継ぎ、1305年には執権北条貞時から従五位下越前守に叙せられました。

昌能は、後醍醐天皇に仕えて、天皇の倒幕計画を支援しました。1324年に後醍醐天皇が鎌倉幕府に捕らえられた際には、昌能は熱田神宮に立て籠もって幕府軍と戦いました。後醍醐天皇が鎌倉幕府を倒して建武政権を樹立すると、昌能は幕府の滅亡に協力した功績により、従四位上左衛門督に叙せられました。

建武政権が崩壊すると、昌能は後醍醐天皇と共に吉野に逃れて、南朝を樹立しました。昌能は、南朝の重臣として、天皇の側近として活躍しました。1338年に後醍醐天皇が崩御すると、昌能は後村上天皇の側近として、南朝の政権運営を支えました。1350年に昌能は死去しました。

昌能は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての動乱の時代を生き抜き、後醍醐天皇の側近として活躍した人物です。昌能は、頭脳明晰で、政治的手腕に長けた人物であり、南朝の政権運営に大きく貢献しました。

熱田大宮司昌能-知多半島の波豆城をおさえ,吉野・伊勢と東国をむすぶ海上交通路の確保につとむ

熱田大宮司昌能-知多半島の波豆城をおさえ,吉野・伊勢と東国をむすぶ海上交通路の確保につとむ

熱田大宮司昌能-知多半島の波豆城をおさえ,吉野・伊勢と東国をむすぶ海上交通路の確保につとむ

熱田大宮司昌能は、平安時代後期に活躍した武士であり、熱田神宮の第40代大宮司を務めました。昌能は、知多半島の波豆城をおさえ、吉野・伊勢と東国をむすぶ海上交通路の確保につとめたことで知られています。

昌能は、1154年に尾張国で生まれました。父は熱田大宮司を務めた昌綱であり、昌能は幼い頃より武術を学び、武勇に優れていました。1180年、平清盛が福原に遷都した際には、昌能は清盛に従い、京で活躍しました。しかし、1183年に清盛が没すると、昌能は尾張国に戻り、熱田大宮司を継承しました。

昌能は、熱田大宮司に就任すると、波豆城をおさえて、知多半島の制圧に努めました。波豆城は、知多半島の東端に位置する城であり、伊勢湾と三河湾を結ぶ海上交通の要衝でした。昌能は、波豆城を拠点として、海上交通路を確保し、吉野・伊勢と東国をむすぶ物流を支配しました。

また、昌能は、源頼朝の挙兵に呼応して、平家打倒の戦いに参加しました。昌能は、1184年の富士川の戦いで平家軍を破り、1185年の壇ノ浦の戦いで平家を滅亡させました。頼朝は、昌能の功績を賞し、尾張国守護に任命しました。

昌能は、尾張国守護として、尾張国の治安維持と海上の警備に努めました。昌能は、1221年に死去するまで、熱田大宮司と尾張国守護を兼任しました。昌能の死後、熱田大宮司と尾張国守護は別途の人物が任命されるようになりました。

昌能は、武勇に優れ、熱田神宮の復興と尾張国の発展に貢献した人物です。昌能の功績は、熱田神宮に祀られている昌能の像によって伝えられています。

タイトルとURLをコピーしました