– 虎 – 相模の遊女で曾我祐成の愛人

– 虎 – 相模の遊女で曾我祐成の愛人

虎の生涯と伝説

虎の生涯と伝説

虎の生涯と伝説

虎は、相模の遊女で曾我祐成の愛人でした。虎の生涯については、あまり知られていませんが、いくつかの伝説が残されています。

虎の伝説

虎は、とても美しい女性でした。あるとき、曾我祐成が虎を気に入り、愛人として囲いました。しかし、祐成は虎を愛していましたが、虎は祐成を愛していませんでした。虎は、祐成をを利用して、自分の目的を果たそうとしていました。虎の真の目的は、祐成を殺して、兄の仇を討つことでした。

祐成の兄である曾我時致は、工藤祐経によって殺されていました。虎は、時致の妹であり、兄の仇を討つために祐成に近づきました。虎は、祐成に色仕掛けを使って近づき、祐成の心を奪いました。そして、祐成を殺す機会を伺っていました。

ある日、虎は祐成に酒を飲ませ、酔わせました。そして、祐成が寝ている隙に、祐成を殺そうとしました。しかし、祐成は 虎の企みに気づき、虎を殺しました。祐成は虎を愛していたので、虎を殺すことはとてもつらかったと言われています。

虎の死後、虎の亡霊が祐成の前に現れるようになりました。祐成は虎の亡霊に悩まされ、苦しみ続けたと言われています。

虎の物語は、平安時代の悲恋物語として語り継がれています。虎の美しさ、祐成の愛、虎の悲劇的な運命は、人々の心を打つ物語です。

虎と曾我兄弟

虎と曾我兄弟

虎と曾我兄弟

「虎」は相模の遊女で、曾我祐成の愛人です。『曾我物語』や『曽我物語』で語られる曾我兄弟の仇討ち譚に登場します。虎は、五郎と十郎の兄である、曾我祐成の愛人でした。祐成は、工藤祐経に討たれて亡くなりますが、虎は祐成の死後も曾我兄弟を支え続けました。

虎は、五郎と十郎が仇討ちを果たすために工藤祐経を襲撃する際に、祐経の館に潜入して内部の情報を伝えています。また、五郎と十郎が工藤祐経を討ち果たした後は、二人の遺体を弔い、供養しました。

虎は、曾我兄弟の仇討ちを支え、二人の死後は二人の遺体を弔った忠義の女性として知られています。『曾我物語』や『曽我物語』では、虎の忠義が賞賛されています。

『曽我物語』では、虎は、工藤祐経の館に潜入して五郎と十郎の情報収集を助けた後、祐経の館から脱出する際に、祐経の郎党に捕らえられ、祐経の館に監禁されてしまいます。祐経は、虎に五郎と十郎の居場所を自白させようとしますが、虎は祐経の拷問にも屈することなく、五郎と十郎の居場所を自白しませんでした。祐経は、虎の忠義に感心して、虎を釈放しました。

虎は、五郎と十郎の死後は、二人の遺体を弔い、供養しました。虎は、五郎と十郎の墓の前に庵を結び、二人の冥福を祈り続けました。虎は、五郎と十郎が死んでからも、二人のことを想い続けていました。

虎は、曾我兄弟の仇討ちを支え、二人の死後は二人の遺体を弔った忠義の女性です。『曾我物語』や『曽我物語』では、虎の忠義が賞賛されています。

タイトルとURLをコピーしました