太田氏房とは?北条氏房について詳しく解説!

太田氏房とは?北条氏房について詳しく解説!

太田氏房の生涯

太田氏房の生涯

-太田氏房の生涯-

太田氏房は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将です。源頼朝の側近として活躍し、鎌倉幕府の成立に大きな功績を残しました。

氏房は、桓武平氏の流れをくむ平氏の一族である太田氏の出身です。父は太田宗清、母は源頼朝の母である由良御前です。氏房は、頼朝の異母弟であり、頼朝の側近として仕えました。

治承4年(1180年)、頼朝が挙兵すると、氏房は頼朝に従いました。寿永2年(1183年)、頼朝が鎌倉幕府を開くと、氏房は幕府の要職に就きます。建久元(1190年)には、上総介に任じられました。

氏房は、頼朝の側近として政務を担いましたが、同時に軍人としても活躍しました。建久6年(1195年)、奥州合戦で頼朝が平泉に攻め込むと、氏房は頼朝に従い、平泉を攻め落としました。

建久10年(1199年)、頼朝が死去すると、氏房は頼朝の遺志を継いで幕府の実権を掌握しました。しかし、その後、北条時政との権力闘争に敗れ、失脚しました。

嘉禄3年(1227年)、氏房は死去しました。享年59歳でした。

氏房は、頼朝の側近として鎌倉幕府の成立に大きな功績を残した人物です。また、軍人としても活躍し、奥州合戦で平泉を攻め落とすなどの戦果をあげました。

太田氏房の功績

太田氏房の功績

# -太田氏房の功績-

太田氏房は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての武将です。
新田義貞の鎌倉攻め(元弘の変)では、鎌倉幕府軍の武将として戦いました。
ところが、鎌倉幕府が滅亡すると、新田義貞に仕えて、足利尊氏と戦いました。

足利尊氏が鎌倉幕府を滅ぼして、室町幕府を開いた後も、氏房は新田義貞に仕え続けました。
そして、新田義貞が足利尊氏に敗れて、越後国に逃れると、氏房も義貞に従って、越後国に落ち延びました。

氏房は、新田義貞が越後国で挙兵した際にも、義貞に従って戦いました。
しかし、義貞は足利尊氏に敗れて、九州に逃れ、九州で自害しました。

義貞が自害した後も、氏房は新田義貞の遺志を受け継いで、足利尊氏と戦い続けました。
そして、1351年(正平6年)に、足利尊氏の軍勢に敗れて、自害しました。

氏房は、足利尊氏に最後まで抵抗した武将として、後世にその名を残しています。

– -氏房の功績-

太田氏房は、新田義貞の鎌倉攻め(元弘の変)では、鎌倉幕府軍の武将として戦いました。
ところが、鎌倉幕府が滅亡すると、新田義貞に仕えて、足利尊氏と戦いました。

足利尊氏が鎌倉幕府を滅ぼして、室町幕府を開いた後も、氏房は新田義貞に仕え続けました。
そして、新田義貞が足利尊氏に敗れて、越後国に逃れると、氏房も義貞に従って、越後国に落ち延びました。

氏房は、新田義貞が越後国で挙兵した際にも、義貞に従って戦いました。
しかし、義貞は足利尊氏に敗れて、九州に逃れ、九州で自害しました。

義貞が自害した後も、氏房は新田義貞の遺志を受け継いで、足利尊氏と戦い続けました。
そして、1351年(正平6年)に、足利尊氏の軍勢に敗れて、自害しました。

氏房は、足利尊氏に最後まで抵抗した武将として、後世にその名を残しています。

太田氏房と北条氏房の関係

太田氏房と北条氏房の関係

太田氏房と北条氏房の関係

太田氏房と北条氏房は、鎌倉時代初期の武将であり、同じ鎌倉幕府の御家人でした。

また、両者は姻戚関係であり、太田氏房の妹は北条氏房の妻でした。

太田氏房は、北条時政の側近として活躍し、北条政権の確立に貢献しました。

また、北条氏房は、北条時頼の側近として活躍し、鎌倉幕府の安定に貢献しました。

太田氏房と北条氏房は、鎌倉幕府の二大有力御家人であり、両者の関係は、鎌倉幕府の政治に大きな影響を与えました。

太田氏房は、1221年に北条時政の変で失脚し、北条氏房は、1247年に宝治合戦で戦死しました。

両者の死後も、太田氏と北条氏は姻戚関係を続け、鎌倉幕府の滅亡まで続きました。

タイトルとURLをコピーしました