「太田垣忠説」(⇒日下部忠説)について

「太田垣忠説」(⇒日下部忠説)について

太田垣忠説とは?

太田垣忠説とは?

太田垣忠説とは?

太田垣忠説(おおたがきただのり)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名である。通称は与市、彦六、宗賢、宗安。受領名は左近将監。豊後国佐伯藩主。

太田垣氏は、藤原秀郷の末裔とされる。太田垣光信の四男として生まれる。天正10年(1582年)、本能寺の変では主君・織田信長に随従して上洛し、本能寺に滞在していた。信長の死後、明智光秀を討伐するため豊臣秀吉軍に加わった。

天正15年(1587年)、九州平定の際に功績を挙げ、豊後国佐伯藩1万2,000石を拝領した。文禄・慶長の役では、肥前国名護屋城に在陣し、朝鮮に出兵した。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは東軍に属し、美濃国岐阜城の守備を担当した。戦後、所領を安堵され、慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では、徳川家康に従って大阪城を攻めた。

元和9年(1623年)、死去。享年64。

日下部忠説とは?

日下部忠説とは?

日下部忠説とは?

日下部忠説(くさかべ ちゅうせつ、生年不詳 – 1516年)は、戦国時代の武将。

今川氏に仕えていたが、やがて織田信長に仕えるようになった。

織田家の重臣として活躍し、1516年の美濃国大垣城の戦いで戦死した。

名将として知られ、かつては「太田垣忠説」と呼ばれていたが、近年では「日下部忠説」が正しい名であることが判明している。

日下部忠説の生涯

日下部忠説の生年は不詳だが、戦国時代初期の生まれとされる。

今川氏の家臣として仕えていたが、後に織田信長に仕えるようになった。

織田家では、重臣として活躍し、1516年の美濃国大垣城の戦いで戦死した。

日下部忠説の逸話

日下部忠説は、名将として知られており、数多くの逸話が伝わっている。

その中でも有名なのは、美濃国大垣城の戦いで、城の門に差し掛かった時、敵の弓矢を全身に受けながらも、城門を破って中に突入したという逸話である。

この逸話は、日下部忠説の勇猛さを物語るものである。

日下部忠説の死

日下部忠説は、1516年の美濃国大垣城の戦いで戦死した。

この戦いで、織田信長は、斎藤道三に敗北し、日下部忠説を含む多くの家臣を失った。

日下部忠説の死は、織田信長にとって大きな痛手となった。

両者の関係は?

両者の関係は?

「太田垣忠説」(⇒日下部忠説)について
両者の関係は?

太田垣忠説(1823-1883)は、江戸時代末期から明治時代初期にかけての日本の武士・政治家です。越後長岡藩家老を務め、戊辰戦争では新政府軍に属して活躍しました。

日下部忠説(1824-1890)は、江戸時代末期から明治時代初期にかけての日本の武士・政治家です。長州藩士として維新の三傑の一人である木戸孝允の側近として活躍し、戊辰戦争では新政府軍の参謀として働きました。

太田垣忠説と日下部忠説は、同じ時期に活躍した政治家であり、戊辰戦争でもともに新政府軍に属して戦いました。そのため、両者は親しい関係にあったと考えられています。

実際に、太田垣忠説は日下部忠説のことを「忠篤にして、事に臨んでよく断ず」と評しており、日下部忠説も太田垣忠説のことを「英明果断にして、よく人の情に迫る」と評価しています。

また、両者は戊辰戦争後も親交を深め、明治政府においてもともに活躍しました。太田垣忠説は内務卿、日下部忠説は文部卿を務め、ともに明治政府の近代化に尽力しました。

このように、太田垣忠説と日下部忠説は、戊辰戦争前後を通して親しい関係にあったと考えられています。

タイトルとURLをコピーしました