「大高重成」

「大高重成」

大高重成の生涯

大高重成の生涯

大高重成の生涯

幼少期と初期の経歴

大高重成は、1586年に信濃国伊那郡高遠(現在の長野県上伊那郡高遠町)に生まれた。父は大高重政、母は徳川家康の側室である阿茶局(おあちゃのつぼね)である。重成は家康の異母弟であり、幼少期から家康の養育を受け、家臣として仕えた。

関ヶ原の戦い

1600年に勃発した関ヶ原の戦いでは、重成は東軍として参戦し、徳川秀忠の軍勢に加わった。戦いの後、重成は信濃国飯田藩主として5万石を与えられ、大名となった。

大坂の陣

1614年に勃発した大坂の陣では、重成は徳川軍の主力として参戦し、豊臣軍と戦った。夏の陣では、重成は天王寺口の戦いにおいて豊臣軍の猛攻を食い止め、徳川軍の勝利に貢献した。

名古屋城の築城

1610年、重成は名古屋城の築城を命じられた。名古屋城は、徳川家の居城として江戸城に次ぐ規模の城郭であり、重成は普請奉行として築城の指揮を執った。名古屋城は、重成の死後も完成まで10年以上の歳月を要し、1615年に完成した。

晩年と死

重成は、1639年に名古屋城で死去した。享年54歳であった。重成の子孫は大高家として続き、代々名古屋城の城代を務めた。

重成は、家康の側室の子でありながら、徳川家臣として大名に昇り詰め、関ヶ原の戦い、大坂の陣、名古屋城の築城など、数々の功績を挙げた。重成の生涯は、徳川家の天下統一と幕藩体制の確立に貢献した、名将の一生であった。

建武の新政崩壊後の大高重成

建武の新政崩壊後の大高重成

-建武の新政崩壊後の大高重成-

建武の新政は、鎌倉幕府を倒し、後醍醐天皇が主導した新しい政治体制であった。しかし、足利尊氏や新田義貞などの有力武将が反乱を起こし、建武の新政は崩壊した。

大高重成は、建武の新政を支持した武将の一人であり、尊氏や義貞と戦った。しかし、建武の新政が崩壊すると、重成は尊氏に降伏した。

尊氏は、重成の武勇を惜しみ、重成を重用した。重成は、尊氏に従って各地を転戦し、武功を挙げた。

元弘3年(1333年)、尊氏は後醍醐天皇を廃位し、光厳天皇を即位させた。重成は、この光厳天皇の即位に協力し、朝廷から重用された。

しかし、尊氏と義貞の対立が激化すると、重成は尊氏に味方した。重成は、尊氏に従って義貞と戦い、義貞を破った。

建武2年(1335年)、尊氏は足利将軍家を創設し、室町幕府を開いた。重成は、室町幕府の重臣となり、幕政に参画した。

重成は、室町幕府の有力武将として活躍したが、幕府内の権力闘争に巻き込まれて、失脚した。重成は、鎌倉に隠退し、そこで生涯を閉じた。

大高重成は、鎌倉幕府末期から室町幕府初期にかけて活躍した武将である。重成は、建武の新政を支持したが、建武の新政が崩壊すると、尊氏に降伏した。尊氏は、重成の武勇を惜しみ、重成を重用した。重成は、尊氏に従って各地を転戦し、武功を挙げた。そして、室町幕府の重臣として活躍したが、失脚し、鎌倉に隠退した。

観応の擾乱と大高重成

観応の擾乱と大高重成

– 観応の擾乱と大高重成

観応の擾乱とは、鎌倉時代末期から南北朝時代初期にかけて、足利尊氏と直義兄弟の間で起こった内乱である。この内乱において、大高重成は尊氏側の中心人物として活躍した。

観応の擾乱のきっかけは、直義が尊氏に対して反乱を起こしたことである。直義は、尊氏が高師直を重用しすぎていることに不満を持っていた。また、直義は、尊氏が自分に十分な権限を与えていないと考えていた。

直義の反乱は、尊氏によって鎮圧された。しかし、両者の関係は完全に修復されなかった。尊氏と直義は、その後も対立を続け、最終的には観応の擾乱が勃発した。

観応の擾乱は、足利政権を二分する大規模な内乱となった。尊氏と直義は、それぞれに多くの家臣を従えて、各地で戦った。大高重成は、尊氏側の中心人物として活躍し、多くの戦いで勝利を収めた。

しかし、観応の擾乱は、尊氏と直義の和解によって終結した。両者は、和睦を結び、足利政権は再統一された。大高重成は、尊氏の信頼を回復し、足利政権の中で重要な地位を占めるようになった。

観応の擾乱は、足利政権に大きな打撃を与えたが、同時に、大高重成の活躍によって、足利政権の再統一が実現した。大高重成は、観応の擾乱における功績によって、足利政権の中で重要な地位を占めるようになり、やがては尊氏の後継者として足利政権を継承することとなった。

タイトルとURLをコピーしました