「大休慧昉」

「大休慧昉」

大休慧昉の生涯

大休慧昉の生涯

-大休慧昉の生涯-

大休慧昉(だいきゅう えほう、896年 – 972年)は、平安時代中期の律宗の僧。名は慧昉、字は大休。俗姓は児玉氏、あるいは皇族出身という説もある。近江国坂本の出身。

幼い頃から仏教に帰依し、14歳の時に比叡山に登り、良源の弟子となる。延喜13年(913年)、良源が没すると、その跡を継いで天台座主となる。天慶7年(944年)、藤原純友の乱を平定するために征東大将軍として九州に下向し、乱を鎮圧した。天暦元年(947年)、権大僧都に任じられ、天暦5年(951年)には大僧都に昇進した。

康保2年(965年)、比叡山に戒壇院を建立し、律宗の根本道場とした。これは、日本の仏教史において画期的な出来事であり、大休慧昉は日本の律宗の祖師とされている。康保9年(972年)、77歳で入寂した。

大休慧昉は、比叡山延暦寺第三世座主、戒壇院開祖、日本律宗の祖師として知られる。また、和歌にも優れ、『拾遺和歌集』に8首が入集している。

大休慧昉は、比叡山延暦寺を中興し、日本の律宗の基礎を築いた偉大な僧である。その生涯は、日本の仏教史において重要な位置を占めている。

大休慧昉の師匠と弟子たち

大休慧昉の師匠と弟子たち

-大休慧昉の師匠と弟子たち-

-師匠-

大休慧昉の師匠は、百丈懐海です。百丈懐海は、唐の禅僧で、臨済宗の祖とされています。百丈懐海は、大乗仏教の経典を学び、禅定の修行を重ねました。そして、悟りを開き、禅宗の教えを説きました。

百丈懐海は、大休慧昉に禅宗の教えを授け、大休慧昉は、百丈懐海の教えを受け継ぎました。大休慧昉は、百丈懐海の弟子の中で最も優れた弟子の一人とされ、百丈懐海の死後は、臨済宗の第二祖となりました。

-弟子たち-

大休慧昉の弟子たちには、以下の著名な禅僧がいます。

* 風穴延沼(ふうけつえんしょう)
* 黄檗希運(おうばくきうん)
* 南泉普願(なんせんふがん)
* 趙州従諗(じょうしゅうじゅうしん)
* 雪峰義存(せっぽうぎぞん)

これらの弟子たちは、大休慧昉の教えを受け継ぎ、禅宗の教えを広めました。風穴延沼は、臨済宗の第三祖となり、黄檗希運は、黄檗宗の祖となりました。南泉普願は、曹洞宗の祖となり、趙州従諗は、趙州宗の祖となりました。雪峰義存は、雲門宗の祖となりました。

大休慧昉の弟子たちは、それぞれ独自の禅の教えを説き、禅宗の教えを大きく発展させました。大休慧昉は、禅宗の祖の一人として、禅宗の発展に大きな貢献を果たしました。

大休慧昉の思想と影響

大休慧昉の思想と影響

– 大休慧昉の思想と影響

大休慧昉(だいぎゅう えほう、865年 – 915年)は、平安時代初期の天台宗の僧侶である。近江国栗太郡大原村(現在の滋賀県栗東市大原)に生まれ、比叡山で出家し、慈覚大師円仁に師事した。その後、唐に留学し、天台宗の三祖である智顗と二祖である慧思の思想を学び、894年に帰国した。帰国後は、比叡山で天台宗の教えを伝え、多くの弟子を育てた。大休慧昉の思想は、後世の天台宗の発展に大きな影響を与え、日本仏教史上において重要な人物である。

大休慧昉の思想の特徴は、智顗と慧思の思想を融合させたものである。智顗の思想は、諸法実相の思想であり、あらゆる存在はすべて空であり、かつ実であるという考えである。慧思の思想は、般若の思想であり、諸法は無自性であり、かつ空であるという考えである。大休慧昉は、この両者の思想を融合させ、諸法は空であり、かつ実であるという考えを説いた。

大休慧昉の思想は、後世の天台宗の発展に大きな影響を与えた。大休慧昉の弟子である安慧、智証大師円珍、慈恵大師良源らによって、天台宗の教えはさらに発展し、日本仏教における重要な宗派となった。大休慧昉の思想は、今日でも多くの仏教徒に影響を与えている。

大休慧昉の思想は、日本仏教史上において重要な意味を持つ。大休慧昉は、智顗と慧思の思想を融合させ、諸法は空であり、かつ実であるという考えを説いた。この思想は、後世の天台宗の発展に大きな影響を与え、日本仏教における重要な宗派となった。大休慧昉の思想は、今日でも多くの仏教徒に影響を与えている。

タイトルとURLをコピーしました