大黒常是(3代):江戸時代前期の銀貨鋳造師

大黒常是(3代):江戸時代前期の銀貨鋳造師

大黒常是家系と京都銀座

大黒常是家系と京都銀座

-大黒常是家系と京都銀座-

大黒常是は、江戸時代前期に京都で活躍した銀貨鋳造師です。常是は、伯耆国(現在の鳥取県)の国人領主・大黒為重の子として生まれ、後に京都の銀座に居住しました。銀座とは、室町時代から江戸時代にかけて、金貨・銀貨の鋳造や貨幣の交換業務を行っていた場所を指します。

京都銀座は、応仁の乱(1467~1477年)後に、京都に遷都した室町幕府によって設置されました。銀座は、幕府の財政を支えるために、金貨・銀貨の鋳造や貨幣の交換業務を行うことを目的としていました。

銀座の経営は、幕府から特権を与えられた銀座吹と呼ばれる有力商人によって行われていました。大黒常是も、銀座吹の一人であり、京都銀座の経営に携わっていました。

常是は、銀貨の鋳造技術に優れており、京都銀座で鋳造された銀貨は、その品質の高さで評判でした。常是が鋳造した銀貨は、寛永通宝(1626年)や元禄小判(1695年)など、江戸時代を代表する銀貨として知られています。

常是は、京都銀座の経営者である銀座吹として、幕府の財政を支える重要な役割を果たしました。また、銀貨の鋳造技術に優れており、その技術は江戸時代を通じて受け継がれていきました。

大黒常是(3代)の略歴と功績

大黒常是(3代)の略歴と功績

-大黒常是(3代)の略歴と功績-

大黒常是(3代)は、江戸時代前期の銀貨鋳造師です。慶長14年(1609年)に京都で生まれ、元和5年(1619年)に父である常是(2代)が亡くなった後、家督を継いで3代目常是を襲名しました。

常是(3代)は、父から銀貨鋳造の技術を受け継ぎ、寛永13年(1636年)には江戸幕府から銀貨鋳造の御用を命じられました。常是(3代)は、銀貨の品質を向上させるために、銀の純度を高め、鋳造技術を改良しました。また、常是(3代)は、江戸幕府の命を受けて、寛永14年(1637年)に「寛永通宝」を鋳造しました。「寛永通宝」は、江戸時代を通じて使用された銀貨であり、常是(3代)の功績を物語るものです。

常是(3代)は、銀貨鋳造の技術だけでなく、経済にも通じていました。常是(3代)は、銀貨の価値を安定させるために、銀の産出量を調整したり、銀貨の流通量を管理したりしました。また、常是(3代)は、江戸幕府の命を受けて、正保2年(1645年)に「金改め」を実施しました。「金改め」は、金貨の品位を検査して、偽金貨を排除する制度です。常是(3代)の「金改め」は、江戸時代の経済を安定させるのに大きく貢献しました。

常是(3代)は、寛文12年(1672年)に64歳で亡くなりました。常是(3代)の死後、家督は長男の常是(4代)が継ぎました。常是(4代)も、父と同じように銀貨鋳造の技術に優れており、江戸幕府から銀貨鋳造の御用を命じられました。常是(4代)は、元禄14年(1701年)に「元禄一分銀」を鋳造しました。「元禄一分銀」は、江戸時代を通じて使用された銀貨であり、常是(4代)の功績を物語るものです。

大黒常是(3代)は、江戸時代前期の銀貨鋳造師として、江戸幕府の経済に大きく貢献しました。常是(3代)の功績は、江戸時代の経済史において重要なものとして評価されています。

江戸時代前期の貨幣制度

江戸時代前期の貨幣制度

-江戸時代前期の貨幣制度-

江戸時代前期の貨幣制度は、徳川家康が江戸幕府を開いた1603年から、5代将軍徳川綱吉の時代である1709年までの期間を指します。この期間、日本は銀本位制を採用しており、金、銀、銅の3種類の金属が貨幣として使用されていました。

金貨は小判、銀貨は丁銀、銅貨は寛永通宝が主要な通貨でした。小判は、金1枚の重さが1両であり、1両は4朱、1朱は4分、1分は4厘に分けられました。丁銀は、銀1枚の重さが1匁であり、1匁は10分、1分は10厘に分けられました。寛永通宝は、銅1枚の重さが1文であり、1文は10厘に分けられました。

貨幣の鋳造は、幕府の鋳銭司によって行われていました。鋳銭司は、江戸、京都、大阪の3か所に設置され、それぞれで小判、丁銀、寛永通宝が鋳造されていました。

江戸時代前期の貨幣制度は、経済の安定と発展に貢献しました。この制度は、1871年に明治政府によって廃止されるまで、約270年間続きました。

-大黒常是(3代)江戸時代前期の銀貨鋳造師-

大黒常是(3代)は、江戸時代前期の銀貨鋳造師です。彼は、1611年に京都で生まれ、1680年に大阪で没しました。

常是は、代々銀貨鋳造を業とする大黒家の3代目当主でした。彼は、優れた技術と知識を持っていたことで知られており、江戸幕府から丁銀の鋳造を任されていました。

常是は、1636年に大阪で丁銀の鋳造を開始しました。彼は、丁銀の鋳造に新しい技術を導入し、その品質を向上させました。常是の鋳造した丁銀は、その精巧さと美しさで評判となり、全国に流通しました。

常是は、丁銀の鋳造だけでなく、貨幣制度の改革にも貢献しました。彼は、寛永通宝の鋳造を廃止し、代わりに1文銭を鋳造することを幕府に提案しました。幕府はこの提案を受け入れ、1文銭は1658年に発行されました。

常夜は、江戸時代前期の貨幣制度を支えた重要な人物でした。彼は、丁銀の鋳造に新しい技術を導入し、その品質を向上させました。また、貨幣制度の改革にも貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました