「大高善兵衛」の生涯と功績

「大高善兵衛」の生涯と功績

人名辞典-「大高善兵衛」の概要

人名辞典-「大高善兵衛」の概要

-人名辞典-「大高善兵衛」の概要-

大高善兵衛(おおたか・ぜんべえ、寛政7年(1795) – 嘉永7年(1854))は、江戸時代後期(幕末)の武士、江戸幕府旗本、蘭学者、発明家である。蘭学者としてはシーボルトに学び、発明家としては日本における天体望遠鏡の生産の先駆者となり、また、日本初となる西洋式の反射炉の建造にも尽力した。

1795年、江戸小石川の旗本・大高為庸の次男として生まれ、幼名は善次郎であった。大高家は、代々甲斐国巨摩郡大高郷(現在の山梨県南アルプス市)を領した武田氏の家臣であったが、天正10年(1582)に武田氏が滅亡すると、徳川家康に仕えて旗本となった。

善兵衛は、幼少期から学問を好み、特に蘭学に傾倒していた。1811年、17歳の時に長崎のシーボルトを訪ねて入門し、蘭学を学んだ。シーボルトは、善兵衛の才能を高く評価し、彼に多くの知識と技術を伝授した。

1816年、善兵衛はシーボルトの帰国に伴い、江戸に帰った。江戸では、蘭学の大家である宇田川榕庵や馬場佐十郎らと交流し、蘭学の研究を続けた。また、彼は蘭学の知識を活かして、天体望遠鏡の製造や西洋式の反射炉の建造にも取り組んだ。

1824年、善兵衛は、オランダ商館の医師であったフェインスの紹介で、世界周航中のロシア海軍の軍人であるプチャーチンと知り合った。プチャーチンは、善兵衛の蘭学の知識と技術に興味を持ち、彼に日本の地図や暦の製作を依頼した。善兵衛は、プチャーチンの依頼に応じ、日本の地図や暦を製作した。

1842年、善兵衛は、江戸幕府の命を受けて、対馬の国境を調査するために、対馬に派遣された。対馬では、朝鮮との国境を調査し、朝鮮の情勢を報告した。

1854年、善兵衛は、嘉永7年(1854)に59歳で亡くなった。

善兵衛は、蘭学者として、発明家として、また、外交官として活躍した。彼の業績は、日本の近代化に大きな影響を与えた。

大高善兵衛の社会事業家としての功績

大高善兵衛の社会事業家としての功績

大高善兵衛の社会事業家としての功績

大高善兵衛は、実業家としてだけではなく、社会事業家としても精力的に活動しました。彼は、社会における貧困や不平等の問題を認識し、これらの問題を解決するために様々な社会事業に取り組みました。

大高善兵衛の社会事業家としての功績の一つは、1892年に設立した「大高善兵衛社会事業団」です。社会事業団は、社会福祉事業や教育事業を行うことを目的としており、全国各地に社会福祉施設や学校を設立しました。社会福祉施設には、孤児院、養老院、診療所などが含まれ、学校には、幼稚園、小学校、中学校、専門学校などが含まれていました。

大高善兵衛は、社会事業団の設立以外にも、様々な社会事業に取り組みました。彼は、1897年に設立した「大高善兵衛奨学基金」を通じて、貧困家庭の学生に奨学金を支給しました。また、1901年には「大高善兵衛貧困者救済会」を設立し、貧困家庭に食料や衣類を配布しました。

大高善兵衛の社会事業は、社会における貧困や不平等の問題を解決するために大きく貢献しました。彼の社会事業は、今日の社会福祉制度の基礎を築くことにもつながりました。

大高善兵衛の社会事業家としての功績は、以下の通りです。

・1892年に「大高善兵衛社会事業団」を設立し、全国各地に社会福祉施設や学校を設立しました。
・1897年に「大高善兵衛奨学基金」を設立し、貧困家庭の学生に奨学金を支給しました。
・1901年に「大高善兵衛貧困者救済会」を設立し、貧困家庭に食料や衣類を配布しました。

大高善兵衛の社会事業は、社会における貧困や不平等の問題を解決するために大きく貢献しました。彼の社会事業は、今日の社会福祉制度の基礎を築くことにもつながりました。

大高善兵衛の格言・逸話

大高善兵衛の格言・逸話

-「大高善兵衛」の生涯と功績-

-大高善兵衛の格言・逸話-

* 「算盤よりそろばん」
これは、大高善兵衛の商売に対する考え方を表した格言です。大高善兵衛は、計算機である算盤よりも、人々の心を動かすそろばんの方が大切だと考えていました。

* 「商売は道なり」
これは、商売は正直に正々堂々と行うべきだという大高善兵衛の信念を表した格言です。大高善兵衛は、商売は嘘やごまかしをしてはいけないと考えていました。

* 「人は城、人は石垣、人は堀」
これは、人は城の城壁であり、堀であり、城の守備兵であるという意味の格言です。大高善兵衛は、人は会社や組織の財産であり、会社や組織を支える大切な存在だと考えていました。

* 「商人は、社会の奉仕者であるべし」
これは、商人は社会に奉仕すべきだという大高善兵衛の考え方を表した格言です。大高善兵衛は、商人は社会に貢献しなければならないと考えていました。

* 「商人は、常に勉強せねばならぬ」
これは、商人は常に勉強し、新しい知識や情報を身につけなければならないという意味の格言です。大高善兵衛は、商人は常に時代の変化に対応できるように勉強しなければならないと考えていました。

これらの格言や逸話は、大高善兵衛の商売に対する考え方や信念を反映しています。大高善兵衛は、正直に正々堂々と商売を行い、社会に貢献し、常に勉強するということを大切にしていました。

タイトルとURLをコピーしました