「太田玩鴎」

「太田玩鴎」

人名辞典-「太田玩鴎」

人名辞典-「太田玩鴎」

-人名辞典-「太田玩鴎」-

太田玩鴎(おおたがのかんおう、1859年5月23日 – 1935年1月4日)は、日本の戯作者、ジャーナリスト、政治家、教育者。号は鷗外、玩鴎、鶏声子、残夢楼。

-経歴-

1859年5月23日、江戸本所押上で、父・太田権兵衛、母・しずの長男として生まれる。1868年、明治維新後、太田家は没落し、一家は四谷に転居。1871年、東京府立第一中学校(現・日比谷高校)に入学。1874年、第一中学校を卒業し、東京大学医学部に入学。1881年、東京大学医学部を卒業。同年、ベルリン大学に留学。1884年、東京大学医学部に帰国し、教授に就任。1886年、東京帝国大学教授に就任。1890年、帝国議会衆議院議員に当選。1892年、帝国議会衆議院議員を辞任。1893年、大阪朝日新聞社に入社。1895年、大阪朝日新聞社を退社。1896年、東京府立中学校(現・都立日比谷高校)の校長に就任。1900年、東京府立中学校校長を辞任。1901年、東京朝日新聞社の主筆に就任。1904年、東京朝日新聞社の主筆を辞任。1905年、帝国議会衆議院議員に再当選。1908年、帝国議会衆議院議員を辞任。1909年、東京帝国大学総長に就任。1913年、東京帝国大学総長を辞任。1914年、貴族院議員に勅選。1918年、貴族院議員を辞任。1920年、東京朝日新聞社の社長に就任。1922年、東京朝日新聞社の社長を辞任。1923年、日本学士院会員に選出。1925年、帝国議会貴族院議員に勅選。1929年、帝国議会貴族院議員を辞任。1935年1月4日、東京府豊多摩郡杉並町の自宅で死去。享年75。

-業績-

太田玩鴎は、戯作、ジャーナリズム、政治、教育の分野で活躍した。戯作では、小説「舞姫」や戯曲「青年」「金色夜叉」などの作品を発表し、国民的人気を博した。ジャーナリズムでは、東京朝日新聞の主筆として、言論の自由を主張し、社会評論を展開した。政治では、帝国議会衆議院議員や貴族院議員として、政党政治の確立や民主主義の発展に貢献した。教育では、東京府立中学校の校長や東京帝国大学総長として、日本の教育の発展に尽力した。

-評価-

太田玩鴎は、戯作、ジャーナリズム、政治、教育の分野で活躍し、日本の近代化に貢献した偉人である。その業績は、今日でも高く評価されている。

太田玩鴎とは

太田玩鴎とは

太田玩鴎とは

太田玩鴎とは、1870年代の終わりから1880年代の初めに、日本で出版された児童向けの雑誌です。この雑誌は、太田左衛門が経営する出版社「太田書店」によって発行されました。太田玩鴎は、日本初の児童向けの雑誌の1つであり、子供たちに教育と娯楽を提供することを目的としていました。

太田玩鴎は、毎月発行され、定価は10銭でした。雑誌には、教育的な記事や物語、詩、歌、絵画、パズルなどが掲載されていました。また、太田玩鴎には、子供たちが手紙や作品を投稿できるコーナーもありました。

太田玩鴎は、子供たちに大人気になりました。創刊号は8,000部が発行されましたが、すぐに売り切れました。太田玩鴎は、1882年に廃刊するまで、約10年間発行されました。

太田玩鴎は、日本における児童文学の発展に大きな役割を果たしました。この雑誌は、子供たちに文学に興味を持ってもらうきっかけとなり、日本の児童文学の発展に貢献しました。また、太田玩鴎は、子供たちが自分の考えや作品を発表できる場を提供し、子供たちの自己表現を育む役割を果たしました。

太田玩鴎は、現在では廃刊となっていますが、その功績は高く評価されています。この雑誌は、日本の児童文学史の中で重要な位置を占めています。

太田玩鴎の詩集

太田玩鴎の詩集

「太田玩鴎」の詩集

太田玩鴎(1880-1955)は、日本の詩人、国文学者、翻訳家です。

彼は、1880年に東京に生まれました。

彼は、東京帝国大学国文学科を卒業した後、

中学の国語教師や、雑誌の編集者として働きました。

1913年に、彼は処女詩集『潮音』を出版しました。

この詩集には、象徴主義の影響を受けた詩が多く収められており、

高い評価を受けました。

その後、彼は、詩集『海苑』、『春愁』、『晩夏』などを出版しました。

これらの詩集には、自然や人生を題材にした詩が多く収められており、

静謐で抒情的な作風で知られています。

彼は、国文学者としても活躍し、

『万葉集評釈』、『古今和歌集評釈』などの著書を出版しました。

また、彼は、翻訳家としても活躍し、

ゲーテの『ファウスト』や、ハイネの『詩集』などを翻訳しました。

彼は、1955年に、東京で亡くなりました。

彼は、日本近代詩史上、重要な詩人であり、国文学者であり、翻訳家として知られています。

太田玩鴎の詩集

太田玩鴎は、生涯に多くの詩集を出版しました。

その中でも、特に有名な詩集をいくつか紹介します。

潮音(1913年)

海苑(1915年)

春愁(1919年)

晩夏(1923年)

秋風(1928年)

落葉(1932年)

余花(1936年)

残照(1940年)

These are just a few of the many poetry collections that Ota Yogan published. His poems are often characterized by their quiet and lyrical style, and they often focus on themes of nature and life.

太田玩鴎の詩集は、現在でも多くの読者から愛されています。

彼の詩は、私たちの心に深い感動を与えてくれます。

タイトルとURLをコピーしました