安勅内親王 – 平安時代前期の皇女

安勅内親王 – 平安時代前期の皇女

安勅内親王の生涯

安勅内親王の生涯

-安勅内親王の生涯-

安勅内親王(あんてきないしんのう)は、平安時代前期の皇女。光孝天皇の第一皇女で、昌子内親王の同母姉。陽成天皇の皇后。

安勅内親王は、仁和元年(885年)に光孝天皇と藤原立子の間に生まれた。昌子内親王は、安勅内親王の2歳下の妹である。安勅内親王は、幼い頃から聡明で、学問を好み、詩歌にも優れていたという。

元慶元年(877年)、安勅内親王は、陽成天皇の妃となった。陽成天皇は、安勅内親王の従兄弟にあたる。安勅内親王は、陽成天皇の皇后となったが、子供は生まれなかった。

元慶7年(883年)、陽成天皇は、病気のため退位する。安勅内親王は、陽成天皇の退位に伴い、皇后の地位を退いた。

安勅内親王は、寛平9年(897年)に亡くなった。享年13歳。安勅内親王の死は、陽成天皇に大きな衝撃を与え、陽成天皇は、安勅内親王の死を悼んで、和歌を詠んだという。

安勅内親王は、平安時代前期に活躍した皇女である。安勅内親王は、聡明で、学問を好み、詩歌にも優れていた。安勅内親王は、陽成天皇の妃となり、皇后の地位に就いた。安勅内親王は、若くして亡くなったが、陽成天皇に大きな影響を与えた。

安勅内親王の父と母

安勅内親王の父と母

安勅内親王の父と母

安勅内親王の父は、第59代醍醐天皇であり、母は藤原温子である。藤原温子は、摂政藤原良房の養女で、藤原忠平の妹であった。安勅内親王は、醍醐天皇の第三皇女として生まれた。安勅内親王の異母兄弟には、朱雀天皇、敦慶親王、寛明親王、他己天皇、恒貞親王、代明親王、源清蔭、源清貫、源清重、源清蔭らがいる。

安勅内親王は、延喜7年(907年)に生まれ、延喜21年(921年)に薨去した。享年15。安勅内親王の薨去は、醍醐天皇にとって大きなショックとなった。醍醐天皇は、安勅内親王の冥福を祈るために、安楽寿院を建立した。

安勅内親王は、和歌の才能にも恵まれていた。安勅内親王の和歌は、『古今和歌集』に収録されている。安勅内親王の和歌は、清らかで美しいと評されている。

安勅内親王は、短命であったが、その生涯は華やかであった。安勅内親王は、醍醐天皇に寵愛され、多くの和歌を残した。安勅内親王は、平安時代前期の皇女として、歴史に名を残す人物である。

安勅内親王の子女

安勅内親王の子女

-# 安勅内親王の子女

安勅内親王は、平安時代前期の皇女で、仁明天皇の第十二皇女、母は藤原美都子です。

安勅内親王には、以下の子女がいました。

* 呈子女王(こうしじょおう) – 源潔姫の母
* 策子女王(さくしじょおう) – 伴中納言の室
* 従子女王(したがしじょおう) – 清和天皇後宮(更衣)
* 伴利信 – 左近衛中将

安勅内親王の子女は、いずれも官位に就いたり、皇族と婚姻関係を結んだりするなど、平安京の政界や文化界で活躍しました。

特に、呈子女王は、清和天皇の妃で、陽成天皇の母であり、策子女王は、伴大納言の室で、伴中納言の母であり、従子女王は、清和天皇の更衣で、貞明親王の母であり、伴利信は、左近衛中将で、伴大納言の父でした。

安勅内親王の子女は、いずれも平安時代前期の政界や文化界で重要な役割を果たした人物であり、彼らの活躍は、平安京の繁栄に貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました