大弁了訥-南北朝-室町時代の僧

大弁了訥-南北朝-室町時代の僧

曹洞宗の僧侶で、仏陀寺や補巌寺を歴任しました。

曹洞宗の僧侶で、仏陀寺や補巌寺を歴任しました。

曹洞宗の僧侶で、仏陀寺や補巌寺を歴任しました。

大弁了訥(だいべんりょうとつ、1310年〜1375年)は、南北朝〜室町時代の曹洞宗の僧侶です。字は霊山、道号は了訥、諡は仏光禅師。父は工藤友国。母は児島通の娘の尼子局です。前身は大友氏の出である工藤氏で、工藤景光の次男です。

了訥は、京都で生まれました。13歳で出家し、18歳のときに建長寺で剃髪しました。その後、京都にある東福寺で修行し、建長寺に移りました。建長寺では、師である無隱元晦の法を学び、1335年に印可を得ました。

1336年、了訥は周防国(現在の山口県)にある仏陀寺を開山しました。この寺は、中国から日本に渡ってきた禅僧である蘭渓道隆が創建した寺で、曹洞宗の五大本山のひとつです。了訥は、仏陀寺の住職を務めながら、禅の教えを広めました。

1340年、了訥は、周防国の補巌寺を開山しました。補巌寺は、中国から日本に渡ってきた禅僧である虎丘紹隆が創建した寺で、曹洞宗の五大本山のひとつです。了訥は、補巌寺の住職を務めながら、禅の教えを広めました。

了訥は、曹洞宗の僧侶として、禅の教えを広めただけでなく、多くの著書も残しました。その中には、『四六金鑑』、『心戒』、『明照記』などがあります。これらの著書は、禅の教えをわかりやすく解説したもので、多くの人々に読まれました。

了訥は、1375年、周防国の補巌寺で没しました。享年66歳でした。了訥は、曹洞宗の僧侶として、禅の教えを広めた功績で知られています。

奇叟異珍の法をつぎ、伊賀の安養院を開きました。

奇叟異珍の法をつぎ、伊賀の安養院を開きました。

– 奇叟異珍の法をつぎ、伊賀の安養院を開きました。

大弁了訥(だいべん りょうとつ)は、南北朝・室町時代の僧です。奇叟異珍(きそういちん)の法を継ぎ、伊賀の安養院を開きました。

了訥は、1320年に近江国(滋賀県)に生まれました。幼い頃から聡明で、12歳のときに京都の東福寺に入寺しました。東福寺では、禅を学び、16歳のときに悟りを開きました。その後、各地を遊行して法を説き、多くの弟子を集めました。

1356年、了訥は奇叟異珍から法を継ぎました。奇叟異珍は、夢窓疎石の弟子で、禅と浄土教を融合した独自の法を説いていました。了訥は、奇叟異珍の法を学び、さらに発展させました。

1361年、了訥は伊賀国(三重県)に安養院を開きました。安養院は、浄土宗の寺院で、了訥の弟子たちが多く集まりました。了訥は、安養院で法を説き、多くの信者を救いました。

1390年、了訥は安養院で亡くなりました。享年71歳でした。了訥は、禅と浄土教を融合した独自の法を説いたことで知られており、多くの弟子を育て上げました。了訥の法は、室町時代から江戸時代にかけて広く伝承されました。

安養院は、現在も伊賀市に残っており、国の重要文化財に指定されています。安養院には、了訥の遺骨が納められており、多くの人が参拝に訪れます。

彼の思想は、曹洞宗の発展に大きな影響を与えました。

彼の思想は、曹洞宗の発展に大きな影響を与えました。

-大弁了訥-南北朝-室町時代の僧-

-彼の思想は、曹洞宗の発展に大きな影響を与えました。-

大弁了訥(1282-1350年)は、南北朝-室町時代の僧です。曹洞宗の開祖である道元の法嗣であり、曹洞宗の発展に大きな影響を与えました。

了訥は、現在の福島県に生まれ、出家して京都の建仁寺で修行しました。その後、道元の弟子である懐奘の元で曹洞宗の教えを学び、1325年に道元から法燈を授かりました。

了訥は、曹洞宗の教えを独自の解釈で発展させ、曹洞宗の教学を確立しました。また、曹洞宗の寺院を各地に建立し、曹洞宗の布教に努めました。

了訥の思想は、曹洞宗の発展に大きな影響を与えました。了訥の思想は、曹洞宗の根本的な教えである「只管打坐」を重視し、坐禅を通して悟りを開くことを目指しました。また、了訥は、曹洞宗の戒律や作法を厳しく定め、曹洞宗の規律を確立しました。

了訥の思想は、曹洞宗の発展に大きな貢献を果たしました。了訥の思想は、曹洞宗の教えを確立し、曹洞宗の布教を促進しました。また、了訥の思想は、曹洞宗の規律を確立し、曹洞宗の秩序を維持しました。

了訥は、曹洞宗の発展に大きな影響を与えた偉大な僧侶です。了訥の思想は、曹洞宗の発展に大きく貢献し、曹洞宗の教えを確立し、曹洞宗の布教を促進しました。また、了訥の思想は、曹洞宗の規律を確立し、曹洞宗の秩序を維持しました。

タイトルとURLをコピーしました