「万葉集」が伝えた謎の人物 → 安都扉娘子の生涯

「万葉集」が伝えた謎の人物 → 安都扉娘子の生涯

安都扉娘子の素顔とは?

安都扉娘子の素顔とは?

安都扉娘子の素顔とは?

安都扉娘子は、「万葉集」にその名が伝わる謎多き女性である。生没年も出自も明らかではなく、その生涯は謎に包まれている。しかし、わずか数首の和歌から、彼女の素顔を垣間見ることができる。

安都扉娘子の和歌には、恋する女性の心情が繊細に描かれている。たとえば、「思ひつつぬばたまの夜は明けないか月の出づれば夜は明けぬらしも」(巻10-2318)という歌では、恋しい人を思いながら、夜が明けるのを待ちわびる女性の心情が切々と歌われている。また、「わが恋は燃ゆる火の如くすべらぎの宮に白雲立ちぬ」(巻10-2319)という歌では、恋する女性の燃えるような情熱が、宮廷にまで届いてしまうほどであることを誇らしげに歌っている。

安都扉娘子の和歌からは、彼女が情熱的で、純粋で、そしてはかない女性であったことが伝わってくる。彼女は、恋する相手の男性に一途に思いを寄せ、その恋に身を焦がしていたのだろう。しかし、彼女の恋はついに実らず、彼女は悲劇的な結末を迎えたと推測されている。

安都扉娘子の生涯は、謎に包まれているが、彼女の和歌からは、彼女がどのような女性であったかを垣間見ることができる。彼女は、情熱的で、純粋で、そしてはかない女性であり、その恋はついに実らず、悲劇的な結末を迎えたと推測されている。

大伴家持との関係

大伴家持との関係

-大伴家持との関係-

安都扉娘子は、大伴家持の妻であったとされています。家持は、万葉集の編纂者として知られており、万葉集には安都扉娘子に関する歌が数多く収められています。

家持は、安都扉娘子の美しさを称賛し、彼女への愛を歌っています。また、安都扉娘子の死を悼む歌も残されています。

安都扉娘子の死後、家持は再婚することなく、生涯独身を貫きました。家持は、安都扉娘子を生涯愛し続けたとされています。

安都扉娘子と大伴家持の関係は、万葉集に収められた歌によって知ることができます。家持は、安都扉娘子の美しさを称賛し、彼女への愛を歌っています。また、安都扉娘子の死を悼む歌も残されています。

家持は、安都扉娘子の死後、再婚することなく、生涯独身を貫きました。家持は、安都扉娘子を生涯愛し続けたとされています。

安都扉娘子と大伴家持の関係は、万葉集に収められた歌によって知ることができます。家持は、安都扉娘子の美しさを称賛し、彼女への愛を歌っています。また、安都扉娘子の死を悼む歌も残されています。

家持は、安都扉娘子の死後、再婚することなく、生涯独身を貫きました。家持は、安都扉娘子を生涯愛し続けたとされています。

遺された唯一の歌

遺された唯一の歌

– 遺された唯一の歌

安都扉娘子については、唯一の歌が残されているのみです。その歌は有名な「柿本人麻呂集」に収められており、その内容は「都を離れ、故郷を懐かしむ」というものです。歌は次の通りです。

* * *
春過ぎて夏来にけらし白たへの衣干すてふ天の香具山

春が過ぎ、夏が来たのだろう。真っ白な衣を干すという天の香具山。
* * *

この歌は、安都扉娘子が都を離れ、故郷に帰った後、故郷の山の景色を見て、故郷への思いを馳せたことを詠んでいます。この歌は、安都扉娘子の心の内を垣間見ることができる貴重な資料となっています。また、「白たへの衣」は、安都扉娘子が亡くなったときに着ていた亡骸を包む衣、つまり死装束のことではないかという説も唱えられています。

* * *
安都扉娘子は、唯一の歌を残した謎の人物です。彼女の生涯についてはほとんどわかっていませんが、彼女の歌は、彼女の心の内を垣間見ることができる貴重な資料となっています。

タイトルとURLをコピーしました