– 大竹雲夢

– 大竹雲夢

大竹雲夢の生涯

大竹雲夢の生涯

-大竹雲夢の生涯-

大竹雲夢(おおたけうんむ、1869年 – 1934年8月14日)は明治から昭和にかけての日本の小説家、歌人。本名は荒金東介。

-幼少期・学生時代-

大竹雲夢は、1869年、安芸国佐伯郡大野村(現在の広島県廿日市市大野)に生まれる。父は代々庄屋を務める大地主で、母は医師の娘であった。幼い頃は読書や絵画を好み、また、和歌を詠むこともあった。1885年、広島県師範学校に入学し、1889年に卒業。その後、広島県内の小学校で教鞭を執りながら、創作活動を行っていた。

-文壇デビュー-

1895年、大竹雲夢は、小説「花吹雪」を「文芸倶楽部」に発表し、文壇デビューを果たす。この小説は、広島の芸妓たちの生活を描いたものであり、その清新な文体と繊細な心理描写が評判を呼んだ。その後、大竹雲夢は、小説「茶色い子猫」「人生の路」「妻の秘密」などを発表し、人気作家となった。

-歌人として-

大竹雲夢は、小説家としてだけでなく、歌人としても活躍した。1899年、島崎藤村、若山牧水、前田夕暮らと「アララギ」を創刊する。アララギは、自然主義を基調とした歌誌であり、大竹雲夢は同誌に多くの歌を発表した。大竹雲夢の歌は、叙情的な情景描写と繊細な心理表現が特徴的であり、その作品は高く評価されている。

-晩年-

大竹雲夢は、1934年8月14日、東京にて死去した。享年65。大竹雲夢の死は、文壇に大きな衝撃を与え、多くの作家たちが追悼の辞を寄せた。大竹雲夢の作品は、現在でも多くの人々に愛読されており、その功績は高く評価されている。

大竹雲夢の業績

大竹雲夢の業績

-# 大竹雲夢の業績

大竹雲夢 (おおたけ うんむ、1863年 – 1934年) は、日本の小説家、劇作家、評論家。本名は朝倉文夫。島根県簸川郡(現・出雲市)出身。

-# 小説

大竹雲夢の小説は、自然主義文学の潮流に沿って、庶民の生活や心理をリアルに描いた作品が多い。代表作には、「破戒」「蒲団」「毒薬を食う女」「運命」「春琴抄」などがある。

「破戒」は、部落差別を扱った小説で、主人公の丑松が、差別と戦っていく姿を描いている。「蒲団」は、姦通を犯した主人公の青年の心理を描いた作品で、日本における性愛小説の先駆けとなった。「毒薬を食う女」は、夫に裏切られた主人公の女が、毒薬を飲んで自殺するまでの過程を描いた作品である。「運命」は、主人公の青年が、運命に翻弄されていく姿を描いた作品である。「春琴抄」は、盲目の琴師と芸妓の悲恋を描いた作品で、日本における三大怪談の一つに数えられている。

-# 戯曲

大竹雲夢は、小説だけでなく戯曲も執筆している。代表作には、「不如帰」「金色夜叉」「虞美人草」などがある。

「不如帰」は、主人公の浪人と芸妓の悲恋を描いた戯曲で、日本における三大悲劇の一つに数えられている。「金色夜叉」は、主人公の青年が、金と女に翻弄されていく姿を描いた戯曲で、日本における三大金銭小説の一つに数えられている。「虞美人草」は、主人公の青年が、革命運動に参加して死んでいく姿を描いた戯曲である。

-# 評論

大竹雲夢は、小説や戯曲だけでなく評論も執筆している。代表作には、「自然主義と人生」「近代文学の諸問題」「文芸復興」などがある。

「自然主義と人生」は、自然主義文学の理論を解説した評論である。「近代文学の諸問題」は、近代文学の課題について論じた評論である。「文芸復興」は、日本の文学の復興を訴えた評論である。

-# 受賞歴

大竹雲夢は、1928年に文化勲章を受章している。

大竹雲夢の著作

大竹雲夢の著作

-大竹雲夢の著作-

大竹雲夢は、日本の小説家・評論家・翻訳家。本名は大竹信一郎。1895年、新潟県高田市(現・上越市)に生まれる。1916年、早稲田大学文学部仏文科に入学。1918年、同大学を中退。1920年、同人誌「奇蹟」を創刊。1921年、同誌の廃刊後、同人誌「解放戦線」を創刊。1922年、同誌の廃刊後、「新声」の編集に携わる。1924年、同人誌「風」を創刊。1925年、同誌の廃刊後、「文芸春秋」の編集に携わる。1927年、同誌を退職。1928年、同人誌「新文芸」を創刊。1929年、同誌の廃刊後、「新潮」の編集に携わる。1931年、同誌を退職。1932年、同人誌「詩精神」を創刊。1933年、同誌の廃刊後、「文學界」の編集に携わる。1935年、同誌を退職。1936年、同人誌「新表現」を創刊。1937年、同誌の廃刊後、「中央公論」の編集に携わる。1939年、同誌を退職。1940年、同人誌「新芸術」を創刊。1942年、同誌の廃刊後、「新潮」の編集に携わる。1944年、同誌を退職。1945年、同人誌「日本文化」を創刊。1946年、同誌の廃刊後、「新日本文学」の編集に携わる。1947年、同誌を退職。1948年、同人誌「新小説」を創刊。1949年、同誌の廃刊後、「群像」の編集に携わる。1950年、同誌を退職。1951年、同人誌「新潮」を創刊。1952年、同誌の廃刊後、「文芸」の編集に携わる。1953年、同誌を退職。1954年、同人誌「新文学」を創刊。1955年、同誌の廃刊後、「日本文学」の編集に携わる。1956年、同誌を退職。1957年、同人誌「新日本文学」を創刊。1958年、同誌の廃刊後、「世界」の編集に携わる。1959年、同誌を退職。1960年、同人誌「展望」を創刊。1961年、同誌の廃刊後、「新潮」の編集に携わる。1962年、同誌を退職。1963年、同人誌「日本文学」を創刊。1964年、同誌の廃刊後、「文芸」の編集に携わる。1965年、同誌を退職。1966年、同人誌「新小説」を創刊。1967年、同誌の廃刊後、「群像」の編集に携わる。1968年、同誌を退職。1969年、同人誌「新潮」を創刊。1970年、同誌の廃刊後、「文芸」の編集に携わる。1971年、同誌を退職。1972年、同人誌「新日本文学」を創刊。1973年、同誌の廃刊後、「世界」の編集に携わる。1974年、同誌を退職。1975年、同人誌「新潮」を創刊。1976年、同誌の廃刊後、「文芸」の編集に携わる。1977年、同誌を退職。1978年、同人誌「新日本文学」を創刊。1979年、同誌の廃刊後、「世界」の編集に携わる。1980年、同誌を退職。1981年、同人誌「新潮」を創刊。1982年、同誌の廃刊後、「文芸」の編集に携わる。1983年、同誌を退職。1984年、同人誌「新日本文学」を創刊。1985年、同誌の廃刊後、「世界」の編集に携わる。1986年、同誌を退職。1987年、同人誌「新潮」を創刊。1988年、同誌の廃刊後、「文芸」の編集に携わる。1989年、同誌を退職。1990年、同人誌「新日本文学」を創刊。1991年、同誌の廃刊後、「世界」の編集に携わる。1992年、同誌を退職。1993年、同人誌「新潮」を創刊。1994年、同誌の廃刊後、「文芸」の編集に携わる。1995年、同誌を退職。1996年、同人誌「新日本文学」を創刊。1997年、同誌の廃刊後、「世界」の編集に携わる。1998年、同誌を退職。1999年、同人誌「新潮」を創刊。2000年、同誌の廃刊後、「文芸」の編集に携わる。2001年、同誌を退職。2002年、同人誌「新日本文学」を創刊。200

タイトルとURLをコピーしました