「大竹蒋塘」-書家

「大竹蒋塘」-書家

大竹蒋塘の生涯

大竹蒋塘の生涯

大竹蒋塘の生涯

大竹蒋塘は、1734年(享保19年)に摂津国西成郡今福村(現在の大阪府大阪市西成区今福)に生まれた書家です。名は淳裕、字は子徳、号は蒋塘、晩年は蒋塘樵老と号しました。

蒋塘は幼い頃から書を学び、14歳の時に京都に出て石川南岳に師事しました。その後、20歳の時に江戸に出て、高芙蓉、池大雅、与謝蕪村らと交友を広げました。

蒋塘は、書道史上初めて「大字書」を創作したといわれており、その作品は力強く雄渾な筆致で知られています。また、蒋塘は詩、文にも優れ、多くの作品を残しています。

蒋塘は、1806年(文化3年)に江戸で亡くなり、谷中霊園に葬られました。享年74。

蒋塘は、その書道作品によって、日本における書道の発展に大きく貢献しました。また、蒋塘の詩、文も高い評価を受けており、その作品は現在も多くの書道愛好家によって愛好されています。

大竹蒋塘の書道

大竹蒋塘の書道

-大竹蒋塘の書道-

大竹蒋塘は、江戸時代前期に活躍した書家です。名は与喜次、通称は孫左衛門、号は哭龍。加賀の国加賀郡大崎村(現石川県加賀市)に生まれ、京都で書を学びました。

蒋塘の書は、雄渾で豪快な草書を得意とし、特に大字の書は迫力満点です。その書風は、中国の唐代の書家、顔真卿の影響を受けたとされています。

蒋塘の代表作として、京都の建仁寺の「龍」の額や、東京の国立博物館所蔵の「般若心経」などがあげられます。蒋塘の書は、その力強い筆致と独特の書風で、現在でも多くの人々を魅了しています。

-蒋塘の書の特徴-

蔣塘の書の特徴は、以下の通りです。

* 雄渾で豪快な草書を得意とする
* 特に大字の書に迫力がある
* 唐代の書家、顔真卿の影響を受けたとされる
* 力強い筆致と独特の書風で知られる

-蔣塘の代表作-

蒋塘の代表作は以下の通りです。

* 京都の建仁寺の「龍」の額
* 東京の国立博物館所蔵の「般若心経」
* 石川県立美術館所蔵の「草書千字文」
* 大英博物館所蔵の「書巻」

-蔣塘の書の影響-

蔣塘の書は、多くの書家に影響を与えました。その中でも、特に大きな影響を受けたのが、江戸時代後期の書家、巻菱湖です。巻菱湖は、蒋塘の豪快な草書を学び、独自の書風を確立しました。

蒋塘の書は、その力強い筆致と独特の書風で、現在でも多くの人々を魅了しています。蒋塘の書は、日本の書道史において重要な位置を占める書家です。

大竹蒋塘の別号

大竹蒋塘の別号

-大竹蒋塘の別号-

大竹蒋塘は、江戸時代中期に活躍した書家です。本名は山岡政信、字は子政、通称は次兵衛。号は蒋塘のほか、墨田樵人、墨田水漁、松葉庵、半盲老人などがあります。

蒋塘は、中国の書家である王羲之を尊敬しており、王羲之の書法を学びました。蒋塘の書は、王羲之の書法を基調としながらも、独自の個性を持ったもので、高く評価されています。

蔣塘は、書家としてだけでなく、詩人としても活躍しました。蔣塘の詩は、叙情的で美しいものが多いです。また、蔣塘は書論を著しており、その中で書道の理論を述べています。

蒋塘は、江戸時代を代表する書家の1人であり、その書は今日でも多くの人々に愛されています。蒋塘の号は、蒋塘の書の特徴や人柄を反映したものと言われています。

-蒋塘の別号の意味-

* -蒋塘-蔣塘は中国の地名であり、王羲之が住んでいた場所です。蒋塘は、王羲之を尊敬しており、王羲之の書法を学びました。蒋塘という号は、蔣塘への敬意と、王羲之の書法を学ぶという蔣塘の決意を表しています。
* -墨田樵人-墨田樵人は、蔣塘が墨田川に住んでいたことに由来しています。墨田川は、東京都を流れる川で、蒋塘は墨田川のほとりで書を学びました。墨田樵人という号は、蔣塘の書道への情熱と、墨田川への愛着を表しています。
* -墨田水漁-墨田水漁も、蒋塘が墨田川に住んでいたことに由来しています。墨田川は、魚が豊富な川で、蒋塘は墨田川で釣りをしていました。墨田水漁という号は、蔣塘の釣り好きと、墨田川への愛着を表しています。
* -松葉庵-松葉庵は、蒋塘が住んでいた庵の名前に由来しています。松葉庵は、松の木が茂る場所にある庵で、蒋塘は松葉庵で書を学びました。松葉庵という号は、蔣塘の書道への情熱と、松の木への愛着を表しています。
* -半盲老人-半盲老人は、蔣塘が晩年に視力を失ったことに由来しています。蔣塘は、晩年に視力を失いましたが、それでも書を学び続けました。半盲老人という号は、蔣塘の書道への情熱と、不屈の精神を表しています。

タイトルとURLをコピーしました