北村義貞:幕末の尊攘運動家

北村義貞:幕末の尊攘運動家

北村義貞の生い立ちと師事

北村義貞の生い立ちと師事

北村義貞幕末の尊攘運動家

北村義貞の生い立ちと師事

北村義貞は1815年、常陸国真壁郡北村(現・茨城県桜川市)に生まれた。北村家は代々郷士の家柄で、義貞の父・義文もまた郷士として「北村助左衛門」の名で知られていた。義貞は幼少期から聡明で、学問や武術に秀でていたという。

義貞は15歳のとき、水戸藩の藩校である「弘道館」に入学した。弘道館は水戸藩主・徳川斉昭が創設した藩校で、「尊攘思想」を掲げていた。義貞は弘道館で、藤田東湖や会沢正志斎ら、水戸藩を代表する尊攘派の思想家に師事し、尊攘思想を学んだ。

弘道館を卒業後、義貞は水戸藩の「御徒目付」に任命された。御徒目付は、藩主の護衛や藩の政務を監察する役職であり、義貞は藩政において重要な役割を果たした。しかし、義貞は藩政を巡る対立から、水戸藩を追放されてしまう。

水戸藩を追放された後、義貞は京都に上洛し、尊攘運動に参加した。義貞は尊攘派の志士たちと交流を深め、1863年には「天誅組」に参加して、幕府を倒すために挙兵した。しかし、天誅組は幕府軍に鎮圧され、義貞も捕縛されて処刑された。享年49。

尊攘運動への参加と足利氏木像梟首事件

尊攘運動への参加と足利氏木像梟首事件

尊攘運動への参加と足利氏木像梟首事件

北村義貞は、幕末の尊攘運動家であり、水戸藩士として活躍しました。尊王攘夷運動に参加し、足利氏木像梟首事件を起こしたことで知られています。

北村義貞は、1825年に水戸藩士の家に生まれました。幼少期から頭が良く、水戸藩の藩校である弘道館で学びました。ペリー来航後、尊皇攘夷運動が高まる中、北村義貞は尊攘運動に参加しました。

1863年、北村義貞は尊攘派の水戸藩士たちと京都で活動していました。その頃、京都では尊攘派と公武合体派が対立しており、両派の衝突が激化していました。北村義貞は尊攘派の急先鋒として、公武合体派の有力者である松平春嶽の屋敷に押しかけ、春嶽を糾弾しました。

1864年、北村義貞は尊攘派水戸藩士たちと京都御所の蛤御門で薩摩藩士たちと交戦しました。この戦いでは、尊攘派が敗北し、北村義貞は負傷しました。北村義貞は水戸に逃亡しましたが、幕府軍に追跡され、自刃しました。

北村義貞は、尊攘運動の急先鋒として活躍し、足利氏木像梟首事件を起こしたことで知られています。北村義貞は、尊王攘夷運動の精神を体現した人物であり、彼の死は尊攘運動に大きな影響を与えました。

維新後の北村義貞

維新後の北村義貞

維新後の北村義貞

北村義貞は、幕末の尊攘運動家で、新政府軍の将領として活躍した人物です。戊辰戦争後は、新政府に出仕し、明治政府において要職を歴任しました。

北村義貞は、1833年(天保4年)に、現在の香川県高松市に生まれました。名は、充(みつる)といい、通称は、源太郎、山四郎などがありました。

北村義貞は、1860年(万延元年)に、高松藩の藩校である講道館に入学しました。そこで、彼は、儒学や兵学を学びました。

1863年(文久3年)に、北村義貞は、高松藩の藩主である松平頼胤に従って、上洛しました。そこで、彼は、尊攘運動に参加しました。

1864年(元治元年)に、北村義貞は、高松藩の藩兵として、禁門の変に参加しました。禁門の変は、長州藩と幕府軍が、京都御所で戦った戊辰戦争の最初の戦いでした。

禁門の変の後、北村義貞は、高松藩を離れ、新政府軍に参加しました。彼は、新政府軍の将領として、戊辰戦争で活躍しました。

戊辰戦争後、北村義貞は、新政府に出仕しました。彼は、明治政府において、民部大丞、兵部大丞、陸軍少将などを歴任しました。

1874年(明治7年)に、北村義貞は、陸軍少将を辞任し、政界に入りました。彼は、立憲政党である自由党の結成に参加し、初代幹事長を務めました。

北村義貞は、1890年(明治23年)に、57歳で死去しました。

タイトルとURLをコピーしました