「北山院」について

「北山院」について

北山院とは

北山院とは

北山院とは

北山院とは、京都市北区にある寺院です。正式名称は北山院常照寺といい、浄土真宗本願寺派の寺院です。もとは天台宗の寺院でしたが、1580年に本願寺第11世顕如上人が、京都を追われ、隠棲した場所です。

北山院は、1338年に北山院慈照寺として創建されたと伝えられています。その後、1467年に応仁の乱で焼失しましたが、1471年に再建されました。しかし、1580年に織田信長の焼き討ちによって再び焼失してしまいます。

1582年に顕如上人が亡くなると、北山院は顕如上人の菩提寺となりました。その後、1602年に徳川家康の命によって再建され、現在の姿となりました。

北山院には、顕如上人の墓所や、顕如上人が使用したと伝わる宸翰木像など、貴重な文化財が数多く残されています。また、北山院の境内には、美しい庭園があり、多くの観光客が訪れます。

北山院は、浄土真宗本願寺派の重要な寺院であり、顕如上人の菩提寺でもあります。また、北山院の境内には、美しい庭園があり、多くの観光客が訪れる観光地でもあります。

北山院の生涯

北山院の生涯

– 北山院の生涯

北山院は、平安時代後期の女院。白河天皇の第一皇女で、母は待賢門院藤原璋子。同母兄弟に堀河天皇、鳥羽天皇、媞子内親王らがいる。

北山院は、康和5年(1103年)に内親王として誕生。久寿2年(1155年)に女院号を宣下され、北山院と称された。北山院は、皇室と藤原氏をつなぐ重要な存在として、政界で大きな影響力を持った。

北山院は、久寿2年(1155年)に藤原忠実の娘である藤原泰子を鳥羽天皇の皇后として入内させた。藤原泰子は、北山院の異母妹である堀河天皇の皇后藤原璋子の姪にあたる。藤原泰子は、北山院の強い推挙によって皇后となった。

北山院は、保元元年(1156年)に勃発した保元の乱では、崇徳天皇に味方した。崇徳天皇は、北山院の同母兄である鳥羽天皇の第二皇子である。保元の乱は、崇徳天皇と後白河天皇の争いで、崇徳天皇が敗北した。北山院は、保元の乱の後、鳥羽院と後白河天皇の仲介役として活躍した。

北山院は、治承4年(1180年)に58歳で崩御した。北山院の死は、皇室と藤原氏にとって大きな損失となった。

北山院の功績

北山院の功績

-北山院の功績-

北山院は、南北朝時代の公卿で、室町幕府の3代将軍であった足利義満の父である。北山院は、義満の将軍就任に尽力し、また、義満の治世を支えた。北山院の功績は大きく、以下の通りである。

* -義満の将軍就任に尽力-

北山院は、義満が将軍になることを望んでおり、そのために尽力した。義満の将軍就任前は、室町幕府の2代将軍であった足利義詮が将軍であったが、義詮は若くして亡くなった。そのため、義満が将軍になることが有力視されたが、義詮には弟の足利義満がおり、義満が将軍になることに異論を唱える者もいた。しかし、北山院は義満を擁立し、義満の将軍就任を実現させた。

* -義満の治世を支える-

義満が将軍に就任した後、北山院は義満の治世を支えた。北山院は、義満の政策を支持し、また、義満の側近として義満を補佐した。北山院の支えもあって、義満は順調に治世を進めることができた。

* -文化の発展に貢献-

北山院は、文化の発展にも貢献した。北山院は、和歌を好み、また、書にも優れていた。北山院は、文化人とも交流があり、文化の発展に寄与した。

北山院は、南北朝時代の公卿で、室町幕府の3代将軍であった足利義満の父である。北山院は、義満の将軍就任に尽力し、また、義満の治世を支えた。北山院の功績は大きく、義満の将軍就任、義満の治世、文化の発展に貢献した。

タイトルとURLをコピーしました