大武和三郎について

大武和三郎について

外交官としての生涯

外交官としての生涯

-外交官としての生涯-

大武和三郎は、1842年に薩摩藩の藩士の子として生まれました。1860年に江戸に出て、蕃書調所に入学し、オランダ語を学びました。1866年に、薩摩藩の使いとして渡米し、サンフランシスコでアメリカ人女性と結婚しました。1868年に日本に帰国し、明治政府に出仕しました。

1871年に、大武は外務省に採用され、外交官としてのキャリアをスタートさせました。1873年に、アメリカ合衆国に派遣され、公使館付書記官を務めました。1875年に帰国し、外務省翻訳局長に任命されました。1878年に、再びアメリカ合衆国に派遣され、公使館参事官を務めました。1883年に帰国し、外務省条約局長に任命されました。

1885年に、大武は外務次官に昇進し、1887年に外務大臣に就任しました。外務大臣在任中は、日清戦争の外交交渉を担当し、1895年に下関条約を締結しました。1896年に外務大臣を辞任し、1897年に死去しました。

大武は、明治政府の外交政策を担った外交官として、日本の近代化に貢献しました。また、日本の国際社会への参入にも尽力し、日本の国際的地位を高めることに貢献しました。

ブラジル大使館員として

ブラジル大使館員として

-ブラジル大使館員として-

1962年、大武和三郎はブラジル大使館員に任命されました。ブラジルは、当時、急速に経済成長を遂げており、日本との貿易が拡大していました。大武大使は、日本とブラジルの経済協力の強化に尽力しました。

大武大使は、ブラジル政府との間で、経済協力協定を締結しました。この協定により、日本はブラジルに経済援助を行い、ブラジルは日本に原材料を供給することになりました。また、大武大使は、日本企業のブラジルへの進出を支援しました。

大武大使の功績により、日本とブラジルの経済協力は大きく発展しました。また、日本企業のブラジルへの進出も進みました。大武大使の功績は、日本とブラジルの友好関係を強化するのに大きく貢献しました。

大武大使は、ブラジル大使館員として、4年間勤務しました。その後、外務省に戻って、外務次官を務めました。1974年、大武大使は外務大臣に就任しました。外務大臣として、大武大使は、日本と世界の国の友好関係を強化するのに尽力しました。

大武大使は、1977年に外務大臣を辞任しました。その後、大武大使は、国連大使や日本赤十字社長を務めました。大武大使は、1998年に亡くなりました。

日本初の辞書を完成させた偉業

日本初の辞書を完成させた偉業

-大武和三郎について-

大武和三郎とは、明治から昭和初期にかけて活躍した、日本の辞書編纂者・文筆家・編集者である。1880年(明治13年)に熊本県熊本市に生まれ、1960年(昭和35年)に東京都で亡くなった。

-日本初の辞書を完成させた偉業-

大武和三郎の最も有名な業績は、日本初の辞書である「言海」の編纂である。言海は、1905年(明治38年)に刊行された7万語を収録した辞書で、国語の語源や用法を詳しく解説し、豊富な引用例を添えている。言海は、当時の日本語学習に大きな影響を与え、現在でも国語研究の基礎資料として広く利用されている。

言海の編纂は、大武和三郎がまだ20代の若者だったときから構想していたものであり、20余年の歳月をかけて完成させた大事業である。大武は、膨大な量の文献を読み込み、語彙を収集し、その語源や用法を研究した。また、全国各地を旅して方言を調査し、方言の語彙も収録した。

言海の編纂は、大武和三郎一人で進められたものではなく、多くの協力者があった。なかでも、国語学者・文学者である金田一京助の協力は大きかった。金田一は、言海の編纂にあたり、語源や用法の解説を担当し、豊富な引用例を提供した。

言海の完成は、日本の国語学・国文学の発展に大きな貢献をした。言海は、国語の語彙や用法を体系的に整理し、その語源や用法を詳しく解説したものであり、国語研究の基礎資料として広く利用されている。言海は、また、日本の辞書編纂の歴史においても重要な位置を占めている。言海は、日本初の辞書であり、その後の辞書編纂に大きな影響を与えた。

大武和三郎は、言海の完成以外にも、多くの業績を残している。大武は、国語教育にも力を注ぎ、国語教育に関する著書を多数出版した。また、日本古語大辞典の編纂にも携わり、日本の国語学・国文学の発展に貢献した。

タイトルとURLをコピーしました