「穴戸武媛」

「穴戸武媛」

記・紀にみえる日本武尊(やまとたけるのみこと)の妃

記・紀にみえる日本武尊(やまとたけるのみこと)の妃

-「穴戸武媛」-

-記・紀にみえる日本武尊(やまとたけるのみこと)の妃-

日本武尊は、古事記や日本書紀に登場する古代日本の英雄です。彼は、景行天皇の皇子であり、日本武尊は東夷平定のために派遣されました。東夷を平定した日本武尊は、帰路に伊勢神宮に参拝しました。その際、彼は穴戸武媛と出会い、結婚しました。

穴戸武媛は、伊勢神宮の斎宮であり、伊勢神宮に奉仕していました。彼女は、日本武尊の武勇に惚れ込み、彼と結婚しました。日本武尊と穴戸武媛の間には、二人の子供が生まれました。長男は仲哀天皇、次男は神功皇后です。

仲哀天皇は、第14代の天皇であり、神功皇后は、第15代の天皇です。神功皇后は、三韓征伐で知られており、彼女は日本の歴史上、唯一の女帝です。

穴戸武媛は、日本武尊の妃であり、日本の天皇家の祖先です。彼女は、日本の歴史において重要な役割を果たしました。

-穴戸武媛の伝承-

穴戸武媛は、伊勢神宮に奉仕していた斎宮でした。彼女は、日本武尊の武勇に惚れ込み、彼と結婚しました。日本武尊と穴戸武媛の間には、二人の子供が生まれました。長男は仲哀天皇、次男は神功皇后です。

仲哀天皇は、第14代の天皇であり、神功皇后は、第15代の天皇です。神功皇后は、三韓征伐で知られており、彼女は日本の歴史上、唯一の女帝です。

穴戸武媛は、日本武尊の妃であり、日本の天皇家の祖先です。彼女は、日本の歴史において重要な役割を果たしました。

穴戸武媛については、いくつかの伝承が残されています。その一つは、穴戸武媛が日本武尊に弓矢を与えたという伝承です。日本武尊が東夷を平定する際、穴戸武媛は彼に弓矢を与えました。この弓矢は、日本武尊の勝利に貢献しました。

もう一つの伝承は、穴戸武媛が日本武尊の死を悼んで亡くなったという伝承です。日本武尊が亡くなった後、穴戸武媛は悲しみに暮れて亡くなりました。彼女は、日本武尊と一緒に埋葬されました。

穴戸武媛は、日本の歴史において重要な役割を果たした女性です。彼女は、日本武尊の妃であり、日本の天皇家の祖先です。彼女は、日本の歴史において多くの功績を残しました。

武卵王(たけかいごのみこ)と十城別王(とおきわけのおう)を生んだ

武卵王(たけかいごのみこ)と十城別王(とおきわけのおう)を生んだ

武卵王(たけかいごのみこ)と十城別王(とおきわけのおう)を生んだ

穴戸武媛は、第10代崇神天皇の妃であり、武卵王(たけかいごのみこ)と十城別王(とおきわけのおう)を生んだ。武卵王は、崇神天皇の死後、第11代垂仁天皇として即位した。十城別王は、崇神天皇の異母弟である大入杵命(おおいるきのひこみ)の息子である。

武卵王は、垂仁天皇として即位した後、多くの妃を娶り、多くの子供をもうけた。その中には、第12代景行天皇、第13代成務天皇、第14代仲哀天皇などがいる。

十城別王は、垂仁天皇の死後、武卵王の異母弟である景行天皇に仕えた。景行天皇は、十城別王を北部九州を治める大宰(だざい)に任命した。十城別王は、大宰として、北部九州の統治に努めた。

穴戸武媛は、武卵王と十城別王という、2人の有力な王を生んだ。この2人の王は、日本の歴史に大きな影響を与えた。

タイトルとURLをコピーしました