太田小三郎

太田小三郎

鷹羽浄典の弟

鷹羽浄典の弟

鷹羽浄典の弟 太田小三郎

鷹羽浄典の弟、太田小三郎は、明治12年(1879年)に、旧長岡藩家老・太田資美の三男として生まれた。東京帝国大学卒業後、内務省に入省し、高知県・熊本県・鹿児島県などの知事を歴任。大正12年(1923年)には、内務次官に任命された。

太田小三郎は、鷹羽浄典と同じく、内務省で活躍した政治家である。内務次官に就任後は、地方自治制度の改革や、社会保健事業の充実などに取り組んだ。また、関東大震災の復興にも尽力した。

太田小三郎は、昭和9年(1934年)に政界を引退し、貴族院議員となった。昭和19年(1944年)に永眠。享年66歳。

太田小三郎は、鷹羽浄典の弟としてだけでなく、内務官僚として活躍した政治家として、歴史に名を残している。

三条実美に知遇を得る

三条実美に知遇を得る

– 「三条実美に知遇を得る」

太田小三郎は、1837年(天保8年)に、現在の茨城県水戸市に生まれました。幼名は貫一(かんいち)といい、八郎(はちろう)と改名した後に、小三郎となりました。父は水戸藩士の太田右膳(うぜん)であり、母は田中佐久(さくじゅ)でした。

小三郎は、幼い頃から聡明で、学問を好みました。12歳のときに、水戸藩の藩校である弘道館(こうどうかん)に入学しました。弘道館では、儒学を学び、優れた成績を収めました。1853年(嘉永6年)、17歳のときに、江戸に出て、昌平坂学問所(しょうへいざか がくもんじょ)に入学しました。昌平坂学問所は、幕府の直轄学校であり、儒学を学ぶ学生たちが集まる場所でした。

小三郎は、昌平坂学問所でも、優れた成績を収めました。1858年(安政5年)、22歳のときに、昌平坂学問所を卒業しました。卒業後は、水戸藩に戻り、藩校の弘道館で教鞭をとりながら、学問を続けました。

1862年(文久2年)、26歳のときに、幕府の命を受けて、京都に向かいました。京都では、公家の三条実美(さんじょう さねとみ)に知遇を得ました。三条実美は、公武合体派のリーダーであり、尊王攘夷運動を推進していました。小三郎は、三条実美の側近となり、尊王攘夷運動に協力しました。

1863年(文久3年)、27歳のときに、三条実美に従って、薩摩藩の島津久光(しまづ ひさみつ)に会いました。島津久光は、薩摩藩の藩主であり、尊王攘夷運動を支援していました。小三郎は、島津久光とも親しくなり、尊王攘夷運動に力を尽くしました。

1864年(元治元年)、28歳のときに、三条実美に従って、長州藩の毛利敬親(もうり たかちか)に会いました。毛利敬親は、長州藩の藩主であり、尊王攘夷運動を支援していました。小三郎は、毛利敬親とも親しくなり、尊王攘夷運動に協力しました。

1865年(慶応元年)、29歳のときに、尊王攘夷運動が激化し、幕府と長州藩の間で、第一次長州征伐が起こりました。小三郎は、長州藩に加勢して、幕府軍と戦いました。しかし、幕府軍に敗れ、京都から逃亡しました。

1866年(慶応2年)、30歳のときに、三条実美に従って、薩摩藩に亡命しました。薩摩藩では、島津久光に仕え、尊王攘夷運動を続けました。1867年(慶応3年)、31歳のときに、明治維新が起こり、幕府が倒されました。小三郎は、新政府に参加して、維新の事業に貢献しました。

1868年(明治元年)、32歳のときに、新政府の官吏となり、民部省に出仕しました。民部省は、内務省の前身であり、地方行政や財政を担当する役所でした。小三郎は、民部省で、地方行政や財政の改革に取り組みました。

1869年(明治2年)、33歳のときに、民部省を退官して、郷里の水戸に戻りました。水戸では、水戸藩の復興に努め、水戸藩の藩校である弘道館の再建に尽力しました。また、水戸藩の領地である常陸国(ひたちのくに)の開発にも尽力しました。

1873年(明治6年)、37歳のときに、病のため、水戸で死去しました。小三郎は、尊王攘夷運動や明治維新に貢献した功績により、明治政府から贈正五位を追贈されました。

参宮鉄道,山田銀行などの創設にかかわる

参宮鉄道,山田銀行などの創設にかかわる

参宮鉄道,山田銀行などの創設にかかわる

太田小三郎は、三重県山田市(現在の伊勢市)出身の銀行家、実業家です。彼は明治時代から昭和時代にかけて活躍し、参宮鉄道や山田銀行などの多くの企業の創設に携わりました。

太田小三郎は、1850年に山田市で生まれました。彼は幼い頃から商才を発揮し、16歳のときに家業の呉服店を手伝うようになります。1872年に、太田小三郎は山田市に山田銀行を設立しました。山田銀行は、三重県初の銀行であり、太田小三郎は初代頭取に就任しました。山田銀行は、地元の産業振興に貢献し、三重県の経済発展に大きな役割を果たしました。

1878年に、太田小三郎は山田市と伊勢神宮を結ぶ参宮鉄道の建設を計画しました。参宮鉄道は、1893年に完成し、伊勢神宮への参拝客の輸送に大きな役割を果たしました。参宮鉄道は、太田小三郎の死後も経営が続き、1930年に国有化されました。

太田小三郎は、山田銀行と参宮鉄道の設立以外にも、多くの企業の創設に携わりました。彼は、三重県初の電気会社である山田電灯会社や、三重県初のバス会社である山田自動車株式会社を設立しました。また、太田小三郎は、三重県の農業振興にも貢献しました。彼は、農業協同組合の設立を支援し、農産物の生産と販売を促進しました。

太田小三郎は、三重県の経済発展に大きく貢献した人物です。彼は、山田銀行、参宮鉄道、山田電灯会社、山田自動車株式会社など、多くの企業を設立し、三重県の産業振興に尽力しました。太田小三郎は、1923年に亡くなりましたが、彼の功績は今も三重県の人々に語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました