穴山小助 – 幸村の影武者として活躍した真田十勇士

穴山小助 – 幸村の影武者として活躍した真田十勇士

穴山小助の生涯

穴山小助の生涯

穴山小助の生涯

穴山小助は、戦国時代末期から江戸時代初期の武将です。真田十勇士の一人として知られており、真田幸村の影武者として活躍しました。

穴山小助は、天正12年(1584年)に信濃国で生まれました。父は穴山信君、母は真田幸隆の娘である阿佐姫です。小助は、幼少の頃から武芸を好み、剣術や槍術に優れていました。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで真田昌幸と幸村が徳川家康に敵対すると、小助は幸村に従って参戦しました。小助は、戦場で幸村の影武者として活躍し、幸村の命を救ったとも言われています。

関ヶ原の戦いの後、真田昌幸と幸村は九度山に蟄居を命じられました。小助も幸村に従って九度山に赴き、幸村の護衛役を務めました。

慶長19年(1614年)、大坂冬の陣が勃発すると、幸村は真田の赤備えを率いて徳川軍に挑みました。小助も幸村に従って参戦し、道明寺口の戦いで徳川軍を相手に奮戦しました。

大坂冬の陣の後、幸村は真田の赤備えを率いて紀伊国に逃れ、徳川軍と戦い続けました。慶長20年(1615年)、大坂夏の陣が勃発すると、幸村は真田の赤備えを率いて再び徳川軍に挑みました。小助も幸村に従って参戦し、天王寺口の戦いで徳川軍を相手に奮戦しました。

天王寺口の戦いで、幸村は徳川軍の猛攻を受けて戦死しました。小助も幸村の死後に戦死したと言われています。

穴山小助は、真田幸村の影武者として活躍し、幸村の命を救ったと言われています。小助は、幸村と共に九度山に蟄居し、大坂冬の陣や大坂夏の陣にも参戦しました。小助は、真田幸村に忠義を尽くした武将の一人として知られています。

幸村の影武者としての役割

幸村の影武者としての役割

-幸村の影武者としての役割-

穴山小助は、真田幸村の影武者として活躍した真田十勇士の1人です。幸村は、豊臣秀吉の天下統一に最後まで抵抗した武将であり、その武勇は天下に鳴り響いていました。しかし、幸村は関ヶ原の戦いで敗れ、大阪城の戦いで戦死してしまいます。

幸村の死後、真田家は存続の危機に陥ります。そこで、真田家家臣たちは、幸村の影武者である穴山小助を幸村として仕立て上げ、徳川家に仕えることになります。小助は、幸村の武勇を模して戦い、徳川家から真田家の存続を許されます。

小助は、幸村の影武者として、真田家を支え続けます。そして、真田家が復活を果たした後は、真田家の家老として活躍しました。小助は、真田家のために尽くした功績により、真田家から厚く信頼されるようになります。

小助は、幸村の影武者として活躍したことで、真田家の存続に貢献しました。小助の働きがなければ、真田家は滅亡していたかもしれません。小助は、真田家の家臣として、真田家を支え続け、真田家の復活に大きく貢献しました。

大坂夏の陣での活躍

大坂夏の陣での活躍

-大坂夏の陣での活躍-

穴山小助は、真田幸村の影武者として知られる真田十勇士の一人である。幸村の死後は、その遺志を継いで大坂夏の陣で活躍した。

大坂夏の陣は、徳川家康と豊臣秀吉の遺児である豊臣秀頼との間で行われた戦いで、慶長20年(1615年)に勃発した。穴山小助は、真田幸村の軍勢に加わって大坂城に入城し、徳川軍と戦った。

穴山小助は、大坂夏の陣で数々の武功を挙げた。特に、天王寺口の戦いで徳川軍の猛攻を食い止め、幸村の退却を援護したことは有名である。また、道明寺の戦いで徳川軍の武将である井伊直政と一騎打ちを行い、これを討ち取った。

しかし、大坂夏の陣は徳川軍の勝利に終わり、豊臣氏は滅亡した。穴山小助も、大坂城の落城とともに自害した。

穴山小助は、真田幸村の影武者としてだけでなく、大坂夏の陣で活躍した武将としても知られている。その勇猛果敢な戦いぶりは、後世に語り継がれている。

タイトルとURLをコピーしました