– 藤原有実

– 藤原有実

藤原有実の生涯

藤原有実の生涯

藤原有実の生涯

藤原有実は、平安時代末期から鎌倉時代初期の公卿。藤原北家御子左流、右大臣・藤原基房の子。官位は正二位・権大納言。また、歌人・蹴鞠の名人としても知られており、「有実公」または「福原院」と呼ばれた。

有実は、保元元年(1156年)に生まれました。平治元年(1159年)、父基房が平清盛に謀殺されたため、わずか5歳で孤児となりました。その後、叔父である藤原経宗に養育されました。

有実は、安元2年(1176年)に元服し、昇殿を許されました。建久元年(1190年)には、参議に任じられました。その後も順調に昇進を重ね、建久6年(1195年)には、権大納言に任じられました。

有実は、政治家としてだけでなく、歌人としても優れていました。有実は、建久6年(1195年)に『新古今和歌集』の撰者の一人に選ばれました。また、蹴鞠の名人としても知られており、蹴鞠の秘伝書『有実流蹴鞠抄』を著しました。

有実は、建久10年(1199年)に薨去しました。享年44。

有実は、短命で亡くなりましたが、政治家・歌人・蹴鞠の名人として、その名は後世に伝えられています。

藤原有実の功績

藤原有実の功績

藤原有実の功績

藤原有実は、平安時代後期から鎌倉時代初期にかけて活躍した公卿・歌人です。藤原忠実の三男として生まれ、父や兄の忠通とともに、朝廷の政務を担いました。

有実は、学問に秀でており、歌人としても知られていました。藤原俊成から和歌を学び、歌集『有実家集』を残しています。また、有実は、日記『玉葉』を執筆しており、この日記は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての朝廷の動きを詳しく知ることができる貴重な史料となっています。

有実は、治天の君として、朝廷の安定に努めました。当時、朝廷は、源氏と平氏の争いに巻き込まれており、有実は、両者の争いを鎮めるために尽力しました。また、有実は、後白河天皇の信頼を得て、朝廷の政務を改革し、国の財政を立て直すことに成功しました。

有実は、鎌倉幕府との関係を重視し、幕府と朝廷の間に良好な関係を築くことに努めました。また、有実は、鎌倉幕府の制度を整備し、幕府の安定に貢献しました。

有実は、1221年に72歳で亡くなりました。有実は、朝廷の安定と鎌倉幕府との良好な関係を築くことに貢献した功績が評価されており、日本史において重要な人物として知られています。

藤原有実の家族

藤原有実の家族

– 藤原有実の家族

藤原有実は、鎌倉時代初期の公卿・武将です。権大納言藤原有信の子として生まれ、母は藤原有信の正室である藤原重家(岡崎二郎左衛門尉)の娘です。有実には、以下の兄弟姉妹がいました。

* 藤原有雅(1156年 – 1229年)左大臣
* 藤原有綱(1160年 – 1222年)権中納言
* 藤原有隆(1162年 – 1221年)右衛門督
* 藤原有方(1164年 – 1224年)権大納言
* 藤原有家(1166年 – 1225年)右大臣

有実の妻は、藤原基房(中納言)の娘です。有実との間に、以下の子供たちが生まれました。

* 藤原有康(1189年 – 1252年)権中納言
* 藤原有親(1191年 – 1248年)参議
* 藤原有忠(1193年 – 1251年)権中納言
* 藤原有孝(1195年 – 1253年)権中納言
* 藤原有高(1197年 – 1255年)権中納言
* 藤原有季(1199年 – 1260年)権中納言
* 藤原有澄(1201年 – 1261年)権中納言
* 藤原有兼(1203年 – 1262年)権中納言

有実の家族は、公卿や武将として活躍しました。有実の子供たちは、みな権中納言以上の官位に昇進し、政権の中枢で活躍しました。有実の家族は、鎌倉時代初期における藤原氏の代表的な一家でした。

タイトルとURLをコピーしました