姉小路高基 – 鎌倉-南北朝時代の公卿

姉小路高基 – 鎌倉-南北朝時代の公卿

飛騨国司としての功績

飛騨国司としての功績

-姉小路高基 – 鎌倉-南北朝時代の公卿-

姉小路高基(あねがこうじ たかもと)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての公卿。姉小路家22代当主。飛騨国司としての功績でも知られる。

-飛騨国司としての功績-

姉小路高基は、鎌倉時代末期の1332年(嘉暦2年)から1333年(元弘3年)まで飛騨国司を務めた。

高基は、飛騨国司として、飛騨国の治安維持に努めた。また、飛騨国の産業振興にも力を入れ、飛騨高山に城下町を築いた。

さらに、高基は、飛騨国の文化振興にも貢献した。高基は、飛騨国に多くの寺社を建立し、飛騨国の歴史や文化を保護した。

高基の飛騨国司としての功績は、飛騨国の人々から高く評価され、高基は「飛騨の恩人」と呼ばれている。

姉小路高基は、1333年(元弘3年)に北条高時に滅ぼされた。

姉小路高基は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての公卿として、飛騨国司として、また、文化人として活躍した。高基は、飛騨国の人々から深く敬愛され、「飛騨の恩人」と呼ばれている。

宮内卿・参議として活躍

宮内卿・参議として活躍

-宮内卿・参議として活躍-

姉小路高基は、宮内卿や参議として朝廷で活躍した。宮内卿は、宮中の儀式や行事を司る役職であり、参議は、政務を審議する役職である。高基は、これらの役職を歴任しながら、朝廷の運営に参画した。

高基の宮内卿としての功績として、後醍醐天皇の即位式を成功させたことが挙げられる。また、参議として、建武の新政や南北朝の動乱など、激動の時代を生き抜いた。

高基は、南北朝時代の公卿として、朝廷の運営に参画し、その功績を残した。

-姉小路高基の宮内卿としての功績-

姉小路高基は、1331年に宮内卿に任命された。宮内卿は、宮中の儀式や行事を司る役職である。高基は、宮内卿として、後醍醐天皇の即位式を成功させた。

後醍醐天皇の即位式は、1332年2月21日に行われた。高基は、この即位式の総奉行を務め、儀式を滞りなく進行させた。即位式は、盛大に行われ、後醍醐天皇の即位を祝う人々で京の都は賑わった。

-姉小路高基の参議としての功績-

姉小路高基は、1336年に参議に任命された。参議は、政務を審議する役職である。高基は、参議として、建武の新政や南北朝の動乱など、激動の時代を生き抜いた。

建武の新政は、1333年に後醍醐天皇が開始した政治改革である。高基は、建武の新政に参画し、天皇を補佐した。しかし、建武の新政は、1336年に足利尊氏の反乱によって崩壊した。

南北朝の動乱は、1336年に後醍醐天皇と足利尊氏が争った内乱である。高基は、南北朝の動乱に際して、後醍醐天皇を支持した。高基は、後醍醐天皇の皇子である北畠顕家に仕え、南朝のために戦った。

姉小路高基は、宮内卿や参議として朝廷で活躍し、その功績を残した。

61歳で死去

61歳で死去

姉小路高基は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての公卿です。父は姉小路基綱、母は日野資名の娘です。

姉小路高基は、1284年に生まれ、1345年に61歳で亡くなりました。

高基は、1308年に従五位下侍従に任じられ、その後、左近衛少将、右近衛中将、右近衛権大将などを歴任しました。

1333年に後醍醐天皇が倒幕を企てた倒幕運動が起こると、高基は足利尊氏に従って後醍醐天皇を討伐しました。

倒幕運動の勝利後、高基は後醍醐天皇の皇子である光厳天皇の補佐役として活躍しました。

しかし、1336年に尊氏が光厳天皇を追放し、持明院統の光明天皇を擁立すると、高基は持明院統に属しました。

1345年、高基は61歳で亡くなりました。

高基は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけて、政界で活躍した公卿です。

タイトルとURLをコピーしました