戦国時代の武将 太田資高の解説と格言

戦国時代の武将 太田資高の解説と格言

太田資高とはどのような人物か?

太田資高とはどのような人物か?

太田資高とはどのような人物か?

太田資高は戦国時代の武将で、越後国の戦国大名である上杉謙信に仕えました。資高は永正9年(1512年)越後国頸城区に生まれ、幼名は弥七郎と名乗りました。父は太田資正で、母は村上の家臣である本庄繁長の娘です。資高は弓矢の腕に長けており、常に上杉謙信の前を歩く弓衆の筆頭を務めました。また、謙信の馬廻衆の一員としても活躍し、謙信が川中島の戦いで武田信玄と戦った際には、資高も参戦し、武田軍の猛攻を何度も撃退しました。

謙信の死後、資高は上杉景勝に仕え、景勝の側近として活躍しました。景勝が豊臣秀吉の天下統一事業に参加した際には、資高も景勝に従い、九州征伐や小田原征伐に参加しました。慶長3年(1598年)、景勝が会津に移封された際には、資高も景勝に従って会津に移住しました。資高は慶長14年(1609年)に死去し、享年98歳でした。

資高は生涯にわたって上杉家に仕え、その武功と忠義を称えられる名将でした。資高については、次のような逸話が残されています。

・あるとき、謙信が狩猟に出かけた際、猪に襲われたことがありました。資高はすぐに駆けつけ、猪を射殺して謙信の命を救いました。謙信は資高の功績を称え、感状を与えました。

・資高は非常に行儀作法が厳しく、家臣に対してはいつも厳しい態度で接していました。あるとき、家臣の一人が資高に無断で外出しました。資高は激怒してその家臣を切ろうとしましたが、家臣は必死に謝罪し、二度と無断で外出しないことを約束しました。資高は家臣の謝罪を許し、それ以来家臣は資高の命令を忠実に守るようになりました。

資高は戦国時代の武将として活躍し、その武功と忠義を称えられる名将でした。資高の逸話は、彼の厳格な性格と忠義の精神を物語っています。

太田資高の生涯と功績

太田資高の生涯と功績

太田資高の生涯と功績

太田資高は、戦国時代の武将。若狭国(現・福井県)の大名として、越前国(現・福井県)の朝倉氏と対立し、織田信長と同盟を結んで朝倉氏を滅ぼす。その後、信長に背いて越前国を占領したが、柴田勝家に敗れて自害した。

資高は、永正9年(1512年)、若狭国守護代・太田資治の嫡男として生まれる。幼名は鶴王丸。元服して資高を名乗り、若狭国守護代となる。

天文12年(1543年)、朝倉宗滴が若狭国に侵攻し、資高は越前国に逃亡する。翌年、信長が越前国に侵攻し、朝倉氏を破る。資高は、信長と同盟を結んで若狭国に帰国する。

永禄3年(1560年)、朝倉義景が越前国に侵攻し、資高は再び越前国に逃亡する。翌年、信長が越前国に侵攻し、朝倉氏を滅ぼす。資高は、信長から若狭国を与えられ、大名となる。

元亀元年(1570年)、信長が朝倉氏を滅ぼした後、越前国を手放すことを要求する。資高は、この要求を拒否し、信長に背く。信長は、柴田勝家に命じて若狭国を攻めさせる。資高は、柴田勝家に敗れて自害した。

資高は、若狭国の独立を維持するために、信長と同盟を結んだり、対立したりした。しかし、最終的には信長に敗れて自害した。資高は、戦国時代の武将として、その生涯と功績が語り継がれている。

太田資高の辞世の句とその意味

太田資高の辞世の句とその意味

# 太田資高の辞世の句とその意味

戦国時代の武将で、北条氏康の重臣として活躍した太田資高は、永禄12年(1569年)の三増峠の戦いにて、織田・徳川連合軍との戦いで壮絶な最期を遂げました。

資高は、戦死の際に辞世の句を残しており、その句には、資高の武人としての誇りと覚悟が込められています。

太田資高の辞世の句は、以下の通りです。

-「一生を 戦場にこそ 死なんもの 帰るべきかや 故郷の村」-

この句は、資高の武人としての覚悟を示したものであり、戦場で命を落とすことは、武人として当然のことであるという考え方を表しています。

また、この句は、資高の故郷への愛着を表現したものでもあります。

資高は、戦場で命を落とすことは覚悟していましたが、その一方で、故郷への愛着も強く持っていました。

しかし、資高は、武人として、故郷に帰るよりも、戦場で死ぬことを選びました。

これは、資高の武人としての誇りと、故郷への愛着が、いかに強かったかを物語っています。

太田資高の辞世の句は、戦国時代の武人の生きざまを象徴する名句として、今日まで語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました