「太田資言」

「太田資言」

太田資言の生涯

太田資言の生涯

-太田資言の生涯-

太田資言は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名です。大名となった小山田信茂の弟で大名となった小山田信有の叔父にあたる人物でした。

太田資言は、永正16年(1519年)に、小山田信有の父である小山田信直の子として誕生しました。幼名は新五郎。太田氏の名跡を継承したともいわれていますが、詳細は不明です。

資言は、天文15年(1546年)の河越城の戦いで、主君である北条氏康に従って参戦し、敵に臆することなく奮戦して功績を挙げました。以後は北条氏康の重臣として活躍し、武勇の誉れが高かったとされます。

資言は、北条氏康の三男である氏邦の補佐役として、上野国の北条氏邦の重臣となりました。弘治2年(1556年)には、氏邦の命令で、沼田城の築城を監督しました。沼田城は、利根川の河畔に位置し、周囲を沼地に囲まれた天然の要害であるため、北条氏にとって重要な拠点となったのです。

永禄4年(1561年)には、上杉謙信が北条氏康を攻めた際に、資言は沼田城を守備して謙信の攻撃を防ぎました。この戦いで、資言は謙信の軍勢を撃退して武功を挙げました。

資言は、天正10年(1582年)に死去しました。享年64歳。資言の死後、沼田城は、徳川家康によって攻め落とされました。

資言は、北条氏康に仕えて武功を挙げ、北条氏邦の補佐役として沼田城の築城を監督するなど、北条氏の重臣として活躍した人物でした。

太田資言の功績

太田資言の功績

-太田資言の功績-

太田資言は、江戸時代前期の旗本・歌人である。通称は庄左衛門。号は桂林。官位は従四位下・伊賀守。

資言は、慶長7年(1602年)、江戸に生まれる。父は旗本の大田原好清。母は松平信一の長女。資言は、幼少期から和歌を学び、その才能を早くから発揮した。

元和9年(1623年)、資言は、16歳のとき、徳川家光に仕え、御書院番となる。その後、累進して、寛永14年(1637年)には、奏者番に任命される。

資言は、徳川家光、家綱の2代に仕え、その信頼を得て、多くの功績を挙げた。特に、寛永18年(1641年)に起こった島原の乱では、九州に派遣され、乱の鎮圧に尽力した。

また、資言は、歌人として、多くの和歌を詠み、歌集『桂林集』を編纂した。『桂林集』は、江戸時代を代表する歌集のひとつであり、多くの歌人に影響を与えた。

資言は、寛文3年(1663年)、62歳のとき、江戸で死去した。

-主な功績-

・寛永14年(1637年)、奏者番に任命される。
・寛永18年(1641年)、島原の乱を鎮圧する。
・正保2年(1645年)、京都町奉行に任命される。
・慶安元年(1648年)、西の丸留守居に任命される。
・承応2年(1653年)、江戸町奉行に任命される。
・寛文2年(1662年)、老中に任命される。

太田資言の人柄

太田資言の人柄

– 太田資言の人柄

太田資言は、妻の協力の元で、農地改革や学校設立、産業振興など、領民の生活安定や地域の発展に尽力した人物です。そんな資言の人柄は、領民から慕われていました。

資言には、領民と積極的に交流する姿勢がありました。領民の意見を聞き、彼らの生活をより良いものにするために努力しました。また、資言は、領民のことを常に気にかけており、彼らの悩みや苦しみを理解していました。

資言は、また、非常に勤勉な人物でした。領政に励み、領民のために尽くしました。資言は、領民の幸せこそが自分の幸せであると考えており、領民のために尽くすことを使命としていました。

資言は、非常に誠実な人物でもありました。約束を必ず守り、決して嘘をつきませんでした。資言は、領民から信頼されており、資言が言うことはすべて真実であると信じられていました。

資言は、非常に温厚な人物でした。部下に対しても常に優しく、彼らのことを尊重していました。資言は、部下から慕われており、資言のために働くことを誇りに思っていました。

資言は、非常に公正な人物でした。自分の利益よりも、領民の利益を優先しました。資言は、領民に平等に接し、誰一人として差別しませんでした。

資言は、非常に謙虚な人物でした。自分の功績を自慢することはなく、常に領民に感謝していました。資言は、領民から尊敬されており、資言を慕う領民は数多くいました。

資言は、非常に立派な人物でした。領民のために尽くし、領民から慕われていました。資言は、後世の人々からも尊敬されており、彼の功績は今も語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました