太田資直→ 近習まで登り詰めた浜松藩主の子

太田資直→ 近習まで登り詰めた浜松藩主の子

遠江の浜松藩主の子として生まれた太田資直

遠江の浜松藩主の子として生まれた太田資直

-遠江の浜松藩主の子として生まれた太田資直-

太田資直は、1595年、遠江の浜松藩主・太田康長の四男として生まれました。兄に高直、資政、弟に資宗、資信がいます。資直は、幼い頃から聡明で、文武両道に秀でていたと言われています。

1601年、関ヶ原の戦いが開戦。資直は、父・康長に従って東軍に属し、戦功を上げました。戦後、康長は出雲国松江藩に移封され、資直も父に従って松江藩に移りました。

1611年、康長が亡くなり、資直は浜松藩を継ぎました。しかし、資直は、藩政にあまり関心を示さず、家臣たちに任せていました。その代わりに、資直は、和歌や茶道など、風流な生活を送っていました。

1615年、大坂夏の陣が起こると、資直は、徳川家康の命を受けて、大坂城に籠城する豊臣氏を攻めました。資直は、この戦いでも戦功を上げ、家康から賞賛されました。

1623年、資直は、将軍・徳川家光の近習に任命されました。資直は、家光の信任が厚く、やがて、奏者にまで昇進しました。奏者は、将軍に直接意見を述べることができる重要な役職でした。

資直は、1632年まで奏者を務め、その後は、老中に任命されました。老中は、幕府の最高意思決定機関である老中会議のメンバーであり、幕府の政治を左右する権力を持っていました。

資直は、1645年まで老中を務め、その後は、隠居しました。資直は、1662年に死去しました。

資直は、浜松藩主から、奏者、老中まで昇進した、出世街道を歩んだ人物でした。その出世の背景には、資直の聡明さと、徳川家康や家光の信任が大きかったと言われています。

5万石の大名となり、奏者番や若年寄などを歴任

5万石の大名となり、奏者番や若年寄などを歴任

-5万石の大名となり、奏者番や若年寄などを歴任-

太田資直は、浜松藩主・太田資次の子として生まれました。若くして江戸に出仕し、六郷政延に仕えました。その後、徳川家光の側近となり、近習まで登り詰めました。

1635年、資直は5万石の大名となり、信濃飯田藩主となりました。その後、奏者番や若年寄などを歴任し、老中まで昇進しました。老中として、幕府の政治を支え、江戸時代初期の安定に貢献しました。

太田資直は、1685年に74歳で亡くなりました。その子・太田資清が跡を継ぎました。

資直は、徳川家光に重用され、幕府の要職を歴任した人物です。その功績は大きく、江戸時代初期の安定に貢献しました。

久能山東照宮の修復に尽力した功績

久能山東照宮の修復に尽力した功績

-久能山東照宮の修復に尽力した功績-

太田資直は、徳川家康の孫にあたり、浜松藩主を務めた大名です。資直は、家康の近習として仕え、後に浜松藩主を継ぎました。資直は、久能山東照宮の修復に尽力した功績で知られています。

久能山東照宮は、徳川家康を祀る神社です。家康は、1616年に死去し、久能山に葬られました。その後、家康の遺命により、久能山東照宮が建立されました。

しかし、久能山東照宮は、1633年に火災で焼失してしまいました。資直は、久能山東照宮の再建に尽力し、1636年に再建工事が完了しました。資直は、再建工事に際して、多くの寄付を集め、また、自らも費用を負担しました。

資直の尽力により、久能山東照宮は再建され、今日に至るまで、多くの参拝者が訪れています。資直の功績は、徳川家康を祀る神社を再建したことであり、徳川家に貢献したとして評価されています。

また、資直は、浜松藩の藩政にも尽力しました。資直は、藩の財政を立て直し、また、藩士の教育にも力を入れました。資直の治世下で、浜松藩は、安泰な状態を保つことができました。

資直は、1667年に死去しました。享年58歳でした。資直の死後、浜松藩は、徳川宗家に戻されました。資直の功績は、今日に至るまで、浜松市民に語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました