藤原為顕-平安後期から鎌倉時代初期の歌人

藤原為顕-平安後期から鎌倉時代初期の歌人

藤原為顕の生涯

藤原為顕の生涯

藤原為顕の生涯

藤原為顕は、平安後期から鎌倉時代初期の歌人。藤原南家の嫡流である九条家の傍流、甘露寺家の祖。嘉応2年(1170年)、権中納言・藤原光隆の子として生まれ、建久9年(1198年)に30歳で従五位下に叙され、建保2年(1214年)に46歳で正五位下に叙される。建保5年(1217年)、50歳で越後国に流罪となる。承久3年(1221年)、53歳で越後で没した。

藤原為顕は、後鳥羽天皇に仕え、建保5年(1217年)に起こった承久の乱に際しては、後鳥羽天皇の皇子である雅成親王を奉じて鎌倉幕府に対抗したが、敗れて越後に流罪となった。流罪となった後も、和歌を作り続け、承久3年(1221年)に53歳で没するまで、和歌を通じて後鳥羽天皇への忠誠を示し続けた。

藤原為顕は、平安末期から鎌倉初期にかけて活躍した歌人であり、勅撰和歌集である『新古今和歌集』に4首が入集している。また、藤原為顕の歌は、私家集である『為顕集』にまとめられている。藤原為顕の歌は、繊細で叙情的な作風で、平安末期から鎌倉初期にかけての和歌を代表する歌人の一人とされる。

藤原為顕の歌学

藤原為顕の歌学

– 藤原為顕の歌学

藤原為顕は、平安後期から鎌倉時代初期の歌人である。若くして歌壇に名を知られ、歌壇の重鎮として活躍した。為顕の歌学は、師である藤原俊成の歌学を継承しつつも、独自の展開を見せた。

為顕の歌学の特色の一つは、和歌の情景描写を重視した点である。為顕は、和歌に描かれる情景が鮮明かつ具体的に描かれていることを重視し、そのために、和歌に適切な言葉を用いることを心がけた。また、和歌の情景描写をより効果的にするために、和歌のリズムや調べにも気を配った。

為顕の歌学のもう一つの特色は、和歌の表現の工夫を重視した点である。為顕は、和歌の表現が単調にならないように、和歌に様々な修辞技法を用いることを勧めた。また、和歌に奥行きを与えるために、和歌に暗示や余韻を残すことを心がけた。

為顕の歌学は、その後の歌壇に大きな影響を与えた。為顕の歌学を継承した歌人は多く、鎌倉時代から室町時代にかけての歌壇は、為顕の歌学の影響を強く受けていた。

為顕の歌学は、和歌の情景描写と表現の工夫を重視した点に特徴がある。為顕の歌学は、その後の歌壇に大きな影響を与え、鎌倉時代から室町時代にかけての歌壇は、為顕の歌学の影響を強く受けていた。

藤原為顕の和歌作品

藤原為顕の和歌作品

-藤原為顕の和歌作品-

藤原為顕は、平安後期から鎌倉時代初期の歌人で、藤原俊成の次男として生まれました。左近衛中将、弾正大弼、蔵人頭などを歴任した公卿であり、歌人としても活躍しました。

藤原為顕の和歌作品は、『新古今和歌集』に23首、『続古今和歌集』に6首、『風雅和歌集』に4首が収録されています。また、『為顕集』には、為顕の和歌作品約1,000首が収められています。

藤原為顕の和歌作品は、優美で繊細な作風が特徴です。自然の美しさや恋情を詠んだ作品が多く、当時の貴族社会の風雅な生活を垣間見ることができます。

藤原為顕は、藤原俊成、藤原家隆とともに「三代集の歌人」と呼ばれ、平安時代末期の和歌の発展に大きな役割を果たしました。

-藤原為顕の歌風の特徴-

藤原為顕の歌風の特徴は、以下のとおりです。

* 優美で繊細な作風
* 自然の美しさや恋情を詠んだ作品が多い
* 当時の貴族社会の風雅な生活を垣間見ることができる

-藤原為顕の代表的な和歌作品-

藤原為顕の代表的な和歌作品は以下のとおりです。

* 「五月雨の空吹きわけて、時鳥聞くやはげしき物思ひなる」(『新古今和歌集』)
* 「秋風にたづ鳴く虫の、夜をこめて我をまつ声か、さびしき」(『続古今和歌集』)
* 「花の色も移ろへばこそ、ををしくもありけるをばと、思ひ知らぬか」(『風雅和歌集』)

これらの和歌作品は、藤原為顕の優美で繊細な作風をよく表しています。

タイトルとURLをコピーしました