関岡氏清 → 南北朝・室町時代の武将

関岡氏清 → 南北朝・室町時代の武将

伊勢国司北畠顕能に属す

伊勢国司北畠顕能に属す

伊勢国司北畠顕能に属す

关岡氏清は、南北朝・室町時代の武将である。伊勢国司北畠顕能に属し、伊勢国内で転戦した。

氏清は、関という姓から美濃国関市の出身と推測される。北畠顕能は、伊勢国司のほか、室町幕府の守護大名でもあり、伊勢国内に大きな勢力を持っていた。氏清はその顕能に属し、伊勢国内で北畠軍の将として活躍した。

氏は清が最初に登場するのは、1394年(応永元年)のことである。この年、氏清は顕能の命を受けて、伊勢国司の職に叛旗を翻した八島氏を討伐している。八島氏は、伊勢国司の権威に反発して挙兵した国人領主であり、その勢力は強大であった。しかし、氏清は八島氏の軍を破り、その乱を鎮圧した。

その後、氏清は伊勢国内の各地を転戦し、その武勇で名を馳せた。1409年(応永16年)には、顕能の命を受けて、伊勢国司のライバルである多羅尾高頼を討伐している。高頼は、多羅尾氏の当主であり、伊勢国司の職をめぐって顕能と争っていた。氏清は、高頼の軍を破り、その勢力を一掃した。

1413年(応永20年)、氏清は北畠顕能の死を受けて伊勢国司を継いだ北畠満雅に仕えるようになった。満雅は、父である顕能の死後に伊勢国司の職を継いだものの、その権力は弱く、伊勢国内の国人領主たちの反乱に悩まされていた。氏清は、満雅の命を受けて、伊勢国内の反乱を鎮圧し、その権威を回復した。

氏清の武功は、室町幕府に認められ、1425年(応永32年)には従五位下、治部少輔に任じられた。その後、氏清は伊勢国司の職を辞して隠居し、1437年(永享9年)に死去した。

伊賀関岡城を居城とする

伊賀関岡城を居城とする

伊賀関岡城は三重県伊賀市上野丸之内にあった日本の城。伊賀国守护の関岡氏清が、南北朝時代に築城して居城としたと言われている。

関岡氏は、伊賀国南部の豪族で、鎌倉時代から室町時代にかけて伊賀国を支配していた。主な活動は1333年から1392年まで。
関岡氏清は、関岡氏の第12代当主で、南北朝時代から室町時代にかけて活躍した武将である。

南北朝時代には、南朝に属して北朝と戦った。1338年(建武5年/延元3年)には、北朝の細川頼之を破って伊賀国を平定。その後も、北朝の軍勢を撃退して、伊賀国の支配権を確立した。

室町時代に入ると、足利尊氏に従って九州に下向。肥後国国人一揆を平定するなど、尊氏をサポートした。1350年(観応元年/正平5年)には、伊賀国に帰国し、伊賀関岡城を居城とした。

関岡氏清は、伊賀国を統治する一方、京都の幕府にも従って活躍した。1352年(観応3年/正平7年)には、尊氏から伊賀守護に任命され、伊賀国の支配権を公認された。

関岡氏清は、1392年(明徳3年)に死去。享年68。跡を子の関岡政清が継いだ。

姓を関岡と改める

姓を関岡と改める

-姓を関岡と改める-

関岡氏清は、南北朝・室町時代の武将です。関岡氏清の出自は不詳ですが、初め関根氏を名乗っており、後に姓を関岡と改めました。関岡氏の起源については、清和源氏土岐氏の一族である関氏または関氏と同祖とされる関城氏の流れを汲むとされています。

関岡氏清は、足利尊氏の側近として活躍しました。尊氏が鎌倉幕府を倒して建武政権を樹立すると、尊氏は氏清を京都奉行に任命しました。氏清は、京都の治安維持に努め、尊氏の信頼を得ました。

尊氏が観応の擾乱で楠木正成と戦っていたとき、氏清は尊氏の軍勢に参加して楠木軍と戦いました。氏清は、楠木軍に勝利し、尊氏から感状を授けられました。

観応の擾乱後、氏清は足利直義に仕えました。直義が尊氏と対立すると、氏清は直義に従って尊氏と戦いました。しかし、直義は尊氏に敗れ、氏清は尊氏に降伏しました。

尊氏は、氏清の武功を賞して、信濃国小県郡を与えました。氏清は、信濃国に土着して関岡氏を称しました。関岡氏は、その後、信濃国で戦国大名として活躍しました。

氏清は、建武3年(1336年)に足利尊氏に従って鎌倉幕府を倒し、建武政権樹立に貢献しました。尊氏が鎌倉幕府を再興すると、氏清は尊氏に従って京都に上り、京都奉行に任命されました。氏清は、京都の治安維持に努め、功績を挙げました。

氏清は、観応2年(1351年)に足利直義に従って尊氏と戦いましたが、尊氏に敗れて降伏しました。尊氏は、氏清の武功を賞して信濃国小県郡を与え、氏清は信濃国に土着して関岡氏を称しました。関岡氏は、その後、信濃国で戦国大名として活躍しました。

タイトルとURLをコピーしました