藤原親季-平安時代後期から鎌倉時代初期の公卿

藤原親季-平安時代後期から鎌倉時代初期の公卿

藤原親季の生涯

藤原親季の生涯

-藤原親季の生涯-

藤原親季は、平安時代後期から鎌倉時代初期の公卿です。中納言・藤原範季の子として生まれ、母は藤原忠通の娘・高子です。

親季は、1158年に叙爵され、1162年には右近衛少将に任命されました。1166年に従五位上に叙せられ、1169年に左近衛少将に任命されました。1171年に五位蔵人に任命され、1174年に右近衛少将に任命されました。1177年に左近衛権少将に任命され、1179年に従四位下に叙せられました。1180年に左近衛権中将に任命され、1181年に従四位上に叙せられました。1182年に左近衛中将に任命され、1183年に正四位下に叙せられました。1185年に正四位上に叙せられ、1186年に左近衛権大将に任命されました。1187年に正三位に叙せられ、1188年に左近衛大将に任命されました。1189年に従二位に叙せられ、1190年に右大臣に任命されました。1191年に正二位に叙せられ、1192年に内大臣に任命されました。1193年に右大臣に任命され、1194年に従一位に叙せられました。1195年に左大臣に任命され、1196年に薨去しました。

親季は、平清盛の台頭により一時的に失脚しましたが、清盛の死後、後白河法皇の信任を得て、政権の中枢を担いました。親季は、穏健な政治家として知られ、源頼朝との関係も良好でした。親季は、藤原氏の長者として、公家社会の秩序維持に努め、鎌倉幕府との関係も良好でした。

親季は、和歌にも秀でており、多くの和歌を残しています。親季の和歌は、優美で繊細な作風で知られています。親季は、平安時代後期から鎌倉時代初期の公卿として、重要な役割を果たしました。親季は、穏健な政治家として知られ、源頼朝との関係も良好でした。親季は、藤原氏の長者として、公家社会の秩序維持に努め、鎌倉幕府との関係も良好でした。

藤原親季の業績

藤原親季の業績

藤原親季の業績

藤原親季は、平安時代後期から鎌倉時代初期にかけての公卿です。氏は藤原北家、家は高倉家の流れを汲む摂関家である九条家の一族。父は参議・九条兼教、母は参議・花山院忠宗の娘。妻は花山院兼雅の娘。

親季は、建久7年(1196年)に誕生しました。建久8年(1197年)に元服し、正治2年(1200年)に権少納言に任じられました。建仁3年(1204年)には参議に任じられ、建永2年(1207年)には権中納言に昇進しました。承元2年(1208年)には権大納言に昇進し、承元4年(1210年)には内大臣に任じられました。建暦2年(1212年)には右大臣に任じられ、建保元年(1213年)には左大臣に昇進しました。承久3年(1221年)には内覧に任じられ、同年には右大臣に復職しました。

親季は、朝廷において重要な役割を果たしました。建久7年(1196年)に起こった畠山重忠の乱では、朝廷の代表として重忠を討伐する軍勢を率いています。建仁3年(1204年)に起こった承元の大火では、朝廷の代表として被災地の復興にあたっています。建暦2年(1212年)には、朝廷と鎌倉幕府との間で行われた和平交渉に参加しています。承久3年(1221年)に起こった承久の乱では、朝廷の代表として鎌倉幕府を討伐する軍勢を率いています。

親季は、承久3年(1221年)に死去しました。享年26でした。

藤原親季の評価

藤原親季の評価

藤原親季の評価

藤原親季は、平安時代後期から鎌倉時代初期の公卿。権大納言・藤原実頼の次男。母は藤原良章の娘。官位は正二位権大納言。

親季は、学問に優れ、歌人としても知られた。また、後白河上皇の側近として仕え、朝廷の政務に参画した。しかし、1180年の平家打倒の兵乱に際して、平家に協力したとして、後白河上皇の怒りを買い、配流された。

その後、親季は、赦されて朝廷に復帰したが、権勢を振るうことはできなかった。1190年には、出家して、法然に師事した。

親季は、学問と和歌に優れ、後白河上皇の側近として仕えたが、平家打倒の兵乱に際して、平家に協力したとして、配流された。しかし、その後、赦されて朝廷に復帰したが、権勢を振るうことはできなかった。1190年には、出家して、法然に師事した。

親季は、学問と和歌に優れ、また、後白河上皇の側近として仕えたが、平家打倒の兵乱に際して、平家に協力したとして、配流された。しかし、その後、赦されて朝廷に復帰したが、権勢を振るうことはできなかった。1190年には、出家して、法然に師事した。

タイトルとURLをコピーしました