高野房子 – 孝明天皇に仕えた女官の生涯

高野房子 – 孝明天皇に仕えた女官の生涯

女官としての歩み

女官としての歩み

-女官としての歩み-

高野房子は、1834年に京都の公家・西洞院家九条家の二女として生まれました。13歳のとき、孝明天皇の女官として仕えることになります。女官とは、天皇や皇族に仕える女性官吏のことです。房子は、天皇の身の回りの世話や、儀式や行事の取り仕切りなどの仕事を行いました。

房子は、女官として仕えることに誇りと責任感を持っており、献身的に天皇に仕えました。孝明天皇も、房子を信頼しており、彼女に多くの重要な任務を任せていました。房子は、孝明天皇の寵愛も受けており、天皇の側室の一人となりました。

1867年、孝明天皇が崩御すると、房子は女官を辞職し、京都の尼寺である永観堂に入りました。房子は、尼寺で静かに暮らし、1901年に67歳で亡くなりました。

房子は、孝明天皇に生涯仕えた女官であり、天皇の寵愛を受けた側室でもありました。彼女は、女官として献身的に天皇に仕え、天皇の信頼を得ていました。房子は、孝明天皇の崩御後は、尼寺で静かに暮らし、1901年に亡くなりました。

弘化3年の践祚と掌侍への任命

弘化3年の践祚と掌侍への任命

弘化3年の践祚と掌侍への任命

弘化3年(1846年)、17歳の孝明天皇が践祚(せんそ)した。践祚とは、天皇が皇位を継承する儀式のことである。孝明天皇は、第120代天皇であり、中御門天皇の孫にあたる。

高野房子は、孝明天皇の即位にともない、掌侍(しょうじ)に任命された。掌侍とは、天皇の側近を務める女官の職のひとつである。掌侍は、天皇の日常の世話や儀式への付き添いなどを行い、天皇に仕える。

高野房子は、掌侍として孝明天皇に仕え、孝明天皇の信頼を得ていた。孝明天皇は、高野房子のことを「房様(ぼうさま)」と呼び、親しみを込めて接していたという。

高野房子は、孝明天皇の寵愛を受け、孝明天皇との間に皇子・皇女をもうけた。高野房子の皇子・皇女は、いずれも夭逝(ようせい)したが、高野房子は孝明天皇との間に子供をもうけた唯一の女性であった。

高野房子は、孝明天皇の崩御後も、皇室に仕え続けた。高野房子は、孝明天皇の陵墓である伏見桃山陵の管理にあたった。高野房子は、晩年まで孝明天皇のことを忘れず、孝明天皇の冥福を祈っていたという。

元治元年の禁門の変とその後

元治元年の禁門の変とその後

-元治元年の禁門の変とその後-

元治元年(1864年)7月19日、長州藩が孝明天皇の勅許を得ずに京都御所に迫り、蛤御門を破壊して御所内に侵入した禁門の変が勃発しました。この変は、尊皇攘夷派と佐幕派の衝突であり、幕府軍が長州藩を撃退して勝利しました。

高野房子は、禁門の変の際に孝明天皇の側に仕えていました。孝明天皇は、変の最中に御所から脱出し、二条城に避難しました。高野房子は、孝明天皇に付き従って二条城に移動し、そこで孝明天皇の身の回りの世話をしました。

禁門の変の後、孝明天皇は、幕府に対して長州藩を征伐するよう命じました。幕府は、長州藩を征伐する軍勢を組織し、長州藩に侵攻しました。長州藩は、幕府軍と激戦を繰り広げましたが、最終的には敗北しました。

禁門の変と長州藩征伐は、幕府の権威を弱め、尊皇攘夷派の勢力を強める結果となりました。また、これらの事件は、孝明天皇の健康状態を悪化させ、孝明天皇は、元治2年(1865年)に崩御されました。

孝明天皇が崩御した後、高野房子は、孝明天皇の遺児である明治天皇に仕えました。高野房子は、明治天皇の乳母として、明治天皇の養育に尽力しました。

明治天皇が成人した後、高野房子は、明治天皇の側近として仕えました。高野房子は、明治天皇の信頼が厚く、明治天皇の政策立案にも関与しました。

高野房子は、明治33年(1900年)に亡くなりました。高野房子は、孝明天皇と明治天皇の2代の天皇に仕えた女官として、日本の歴史に名を残しています。

タイトルとURLをコピーしました