室町-戦国時代の武将、大館尚氏

室町-戦国時代の武将、大館尚氏

足利義尚に仕えた申次

足利義尚に仕えた申次

-足利義尚に仕えた申次-

室町時代の武将、大館尚氏は、足利義尚に仕えて申次を務めた。申次とは、将軍と諸将との間の連絡役のことである。大館尚氏は、その職務を忠実に果たし、足利義尚の信頼を得た。

大館尚氏は、室町時代中期に尾張国で生まれた。幼い頃から武芸に優れ、足利義尚の目に留まった。足利義尚は、大館尚氏を申次に任命し、側近として重用した。

大館尚氏は、足利義尚の命を受けて、諸将との交渉にあたった。大館尚氏は、弁舌に優れ、交渉術に長けていた。そのため、諸将との交渉において、常に有利な条件を引き出すことができた。

大館尚氏は、足利義尚の信頼を背景に、室町幕府内で力を強めていった。やがて、大館尚氏は管領に任命され、室町幕府の最高権力者となった。

大館尚氏は、管領として、室町幕府の安定に努めた。大館尚氏は、諸将の争いを調停し、幕府の権威を高めた。また、大館尚氏は、経済政策にも力を入れ、室町幕府の財政を立て直した。

大館尚氏は、1496年に亡くなった。享年52。大館尚氏の死は、室町幕府に大きな打撃を与えた。大館尚氏の死後、室町幕府は衰退の一途をたどり、やがて滅亡した。

大館尚氏は、足利義尚に仕えて申次を務めた。大館尚氏は、その職務を忠実に果たし、足利義尚の信頼を得た。大館尚氏は、申次として、諸将との交渉にあたった。大館尚氏は、弁舌に優れ、交渉術に長けていた。そのため、諸将との交渉において、常に有利な条件を引き出すことができた。

近江出陣で評定衆に

近江出陣で評定衆に

-近江出陣で評定衆に-

永享4年(1432年)足利義教が将軍になると尚氏は京の御所に出仕し、評定衆に列した。これを機として弟の尚勝の所領を没収し、その遺児である大館尚定を京に呼び、文安4年(1447年)に家督を相続させた。
尚氏は近江出陣の際には摂津国に居住し、足利義教に近侍した。享徳元年(1452年)に義教が赤松氏滅亡の後に滞在した丹波国鷹峯に、尚氏は度々義教と会見して相談している。

尚氏は近江出陣での功績から、赤松氏滅亡後、その所領のうち丹波国二箇郷、播磨国に陣所が置かれた八部郡と加西郡、河内国狭山郡の所領を獲得した。永享11年(1439年)には京都の土御門富小路に「木幡大納言屋敷」と呼ばれた屋敷が与えられている。

尚氏はおよそ1000余騎を擁する、いわゆる守護大名化していた。近江出陣後は、若狭・越前・尾張・近江など各地の戦場に転戦した。享徳3年(1454年)7月には、美濃国に滞在する義教に拝謁し、花の御所と呼ばれた義教の宿泊所を築造した。嘉吉元年(1441年)6月には、将軍義教に随従して六角高頼を攻撃し、加賀国で畠山満家を支援した。永享12年(1440年)の嘉吉の乱では赤松満祐に御所に率いて抵抗し、満祐に捕えられた義教を解放した。

享徳3年4月に義教が結城合戦に出陣する際、尚氏は近江国に在陣し、永享4年に近江に在陣した際には、評定衆に任じられた。文安4年に木幡大納言屋敷が火災に遭い、焼失した。

義稙・義晴のもとでも重臣として活躍

義稙・義晴のもとでも重臣として活躍

義稙・義晴のもとでも重臣として活躍

大館尚氏は、室町-戦国時代の武将で、永享の乱で幕府方として活躍し、その後も足利義稙・義晴のもとで重臣として活躍しました。

永享の乱では、幕府方として戦って功績を上げ、加賀守護に任命されました。その後も、幕府の重臣として活躍し、義稙・義晴のもとで側近として仕えました。

義稙が将軍に復帰すると、尚氏は加賀守護に復帰し、幕府の重臣として活躍しました。義晴が将軍になると、尚氏は引き続き重臣として仕え、幕府の運営に参画しました。

尚氏は、義稙・義晴のもとで重臣として活躍しましたが、天文の乱で幕府が分裂すると、尚氏は義晴に従って近江に逃れました。その後、尚氏は義晴とともに京都に戻り、幕府の再建に尽力しました。

尚氏は、義稙・義晴のもとで重臣として活躍し、幕府の運営に参画しました。尚氏は、幕府の重臣として、幕府の運営に重要な役割を果たしました。

タイトルとURLをコピーしました