安濃内親王:平安時代前期の皇族

安濃内親王:平安時代前期の皇族

桓武天皇の第4皇女

桓武天皇の第4皇女

桓武天皇の第4皇女

安濃内親王は桓武天皇の第4皇女であった。母は藤原帯子である。安濃内親王は801年に生まれ、810年に女御となった。女御は天皇の后の一つで、皇后の次に位する。安濃内親王は嵯峨天皇の女御となり、811年に惟仁親王(後の仁明天皇)を産んだ。

安濃内親王は814年に逝去した。享年14歳であった。安濃内親王の死後、惟仁親王は仁明天皇として即位した。仁明天皇は安濃内親王の死を悼み、安濃内親王を贈皇太后とした。

安濃内親王は短命ではあったが、惟仁親王を産み、桓武天皇の孫にあたる仁明天皇が即位するなど、桓武天皇の皇統を継承するのに大きな役割を果たした。

無品

無品

-無品-

安濃内親王は、平安時代前期の皇族であり、仁明天皇の第九皇女でした。彼女は810年に生まれ、母は正三位・藤原吉弥でした。安濃内親王は、幼少期から聡明で、和歌や音楽に優れていました。彼女はまた、仏教にも帰依し、出家して尼僧となりました。

安濃内親王は無品であり、皇太子や親王などの称号を持っていませんでした。これは、彼女が皇位継承権を持っていなかったことを意味します。しかし、安濃内親王は仁明天皇の寵愛を受けており、宮中で大きな影響力を持っていました。彼女はまた、多くの歌人や音楽家と親交があり、文化サロンのような役割を果たしていました。

安濃内親王は877年に亡くなり、享年68でした。彼女は、京都の御香宮に葬られました。安濃内親王は、平安時代前期の皇族として、宮廷文化に大きな貢献をした人物でした。

承和8年8月30日死去

承和8年8月30日死去

承和8年8月30日死去

安濃内親王は、承和8年8月30日に亡くなった。享年30歳だった。彼女の死は、平安時代前期の宮廷に大きな衝撃を与えた。安濃内親王は、桓武天皇の第八皇女であり、母は藤原薬子の娘・藤原乙春だった。彼女は、幼い頃から聡明で才色兼備なことで知られており、仁明天皇の寵愛を受けていた。承和5年(838年)には、仁明天皇の第一皇子である恒貞親王(後の文徳天皇)の妃に迎えられた。また、藤原冬嗣が娘の藤原順子を安濃内親王に仕えさせ、密かに連絡を取らせていた。父娘の思いが通じ、冬嗣は安濃内親王の外祖父にあたる藤原内麻呂より血筋が近いという理由で順子を承和8年8月に女御として文徳天皇に入内させることに成功させた。その時、文徳天皇は安濃内親王の父である桓武天皇の崩御とほぼ同時に即位したばかりで、安濃内親王は皇后の有力候補と目されていたが、順子の女御入内によりその道は絶たれた。

安濃内親王の死は、藤原冬嗣にとって大きな痛手となった。彼は、安濃内親王を自分の娘のように可愛がっており、彼女の死を深く悼んだ。また、文徳天皇にとっても、安濃内親王の死は大きなショックだった。彼は、安濃内親王を深く愛しており、彼女の死をきっかけに、心を病んでしまうほどだった。

安濃内親王の死は、平安時代前期の宮廷に大きな変動をもたらした。藤原冬嗣は、安濃内親王の死をきっかけに、失脚することとなった。また、文徳天皇は、安濃内親王の死をきっかけに、心を病んでしまうほどだった。このことは、平安時代前期の宮廷に大きな混乱をもたらした。

タイトルとURLをコピーしました