– 「中務典侍」(藤原高子)

– 「中務典侍」(藤原高子)

中務典侍とは何か

中務典侍とは何か

-中務典侍とは何か-

中務典侍とは、平安時代の朝廷で中務省に属する女官の職名です。五位もしくは六位に叙せられていた女性が任命され、天皇や皇后の身の回りの世話や雑務などを担当していました。

中務典侍は、中務省に属する女官の最上位の官職であり、清華家や大臣家の娘など、身分の高い女性が任命されることが多かったようです。また、中務典侍は、天皇や皇后の信頼が厚く、政治や文化においても大きな影響力を持っていたとされています。

中務典侍の主な仕事は、天皇や皇后の身の回りの世話をすることでした。具体的には、天皇や皇后の衣服の管理や、食事の世話、入浴の世話などをしていました。また、中務典侍は、天皇や皇后の雑務も担当していました。具体的には、天皇や皇后の外出の際の行列を整えたり、天皇や皇后の御物の管理をしたり、天皇や皇后の贈り物の取り次ぎをしたりしていました。

中務典侍は、天皇や皇后の信頼が厚く、政治や文化においても大きな影響力を持っていたとされています。例えば、中務典侍は、天皇や皇后の側近として、政治の相談に乗ったり、天皇や皇后の政策を支えたりしていました。また、中務典侍は、文化のサロンを開いたり、和歌を詠んだり、書道をしたりして、文化の発展に貢献していました。

中務典侍は、平安時代の朝廷において、重要な役割を果たした女官の職名でした。中務典侍は、天皇や皇后の身の回りの世話や雑務を担当し、天皇や皇后の信頼が厚く、政治や文化においても大きな影響力を持っていたとされています。

藤原高子とは誰か

藤原高子とは誰か

藤原高子とは誰か

藤原高子は、平安時代前期、醍醐天皇の中宮として知られる女性です。909年に醍醐天皇の皇子である皇太子保明親王を産み、927年に皇后に冊立されました。しかし、930年に醍醐天皇が崩御すると、皇太子保明親王は廃され、弟の実頼親王が即位しました。藤原高子は皇后の座を退き、947年に69歳で亡くなるまで、皇太后として過ごすこととなりました。

藤原高子は、藤原北家の名門藤原良房の娘であり、母は藤原穏子です。良房は、太政大臣として平安京の政界を牛耳った人物であり、その血を引く藤原高子は、一条と六条の二条大路にまたがる邸宅に住み、壮麗な生活を送っていたといわれています。

藤原高子はまた、和歌の名手としても知られています。醍醐天皇の依頼を受け、醍醐天皇の百科事典とも言える『延喜式』の編纂に協力したとされるほか、『後撰和歌集』や『古今集』などの勅撰和歌集にもその歌が収録されています。

藤原高子は、平安時代前期において、その家柄や美貌、才覚によって、皇室と政界の中心人物として活躍した女性でした。

藤原高子の生涯

藤原高子の生涯

藤原高子の生涯

藤原高子は、平安時代後期の女官で、中務典侍として仕えた。彼女は、関白藤原忠実の娘として生まれ、幼い頃から聡明で美しいことで知られていた。

高子は、16歳の時に中宮待従として宮中に仕えた。そして、18歳の時に中務典侍に任命された。中務典侍は、中宮の身の回りの世話をする女官の最高位であり、高子は中宮藤原璋子の信頼を得ていた。

高子は、璋子の寵愛を受け、璋子の死後も後宮に残った。そして、崇徳天皇の乳母として仕えた。崇徳天皇は、高子を非常に慕っており、高子は崇徳天皇の教育係としても活躍した。

しかし、保元の乱で崇徳天皇が敗れた後、高子は後宮を追われた。そして、高野山に隠棲した。高子は、高野山で仏道を修め、67歳の生涯を終えた。

藤原高子の人生は、波瀾万丈であったが、彼女は常に自分の信念を貫き、強く生き抜いた女性であった。

高子は、中宮藤原璋子の乳母として、崇徳天皇を育て上げた。崇徳天皇は、高子を非常に慕っており、高子は崇徳天皇の教育係としても活躍した。

しかし、保元の乱で崇徳天皇が敗れた後、高子は後宮を追われた。そして、高野山に隠棲した。高子は、高野山で仏道を修め、67歳の生涯を終えた。

タイトルとURLをコピーしました