「阿比多」(?-? 百済(くだら)(朝鮮)の使節)

「阿比多」(?-? 百済(くだら)(朝鮮)の使節)

継体天皇10年(516)の来日

継体天皇10年(516)の来日

-継体天皇10年(516)の来日-

百済の使節、「阿比多」は継体天皇10年(516)に日本にやってきました。この使節団は、百済の聖明王が継体天皇に贈った貢物を携えていました。貢物には、金10枚、銀100枚、錦100匹、布1,000匹、馬10頭、牛10頭などが含まれていました。

使節団は、日本の宮廷で継体天皇に謁見し、貢物を献上しました。継体天皇は、使節団を歓待し、百済との友好関係を深めました。使節団は、日本の文化や政治について学び、帰国後に百済に報告しました。

「阿比多」は、百済の使節として日本に何度も来日した人物です。彼は、百済と日本の友好関係を深めるために尽力した功績で知られています。

「阿比多」の来日は、日本と百済の友好関係を深める上で重要な出来事でした。また、この来日は、日本の文化や政治について百済に伝える役割を果たしました。これは、両国の文化交流を促進し、相互理解を深めることに貢献しました。

欽明天皇11年の遣百済使の派遣

欽明天皇11年の遣百済使の派遣

欽明天皇11年の遣百済使の派遣

欽明天皇11年(550年)、阿比多を遣百済使に任命し、百済に派遣した。阿比多は、百済の聖明王に調を進上し、倭・百済両国の友好関係を深めた。阿比多は、欽明天皇の信任が厚く、百済に派遣された後も、何度も百済に渡った。

阿比多が百済に派遣された背景には、当時の倭と百済の関係があった。倭と百済は、4世紀頃から交流を始めていたが、5世紀になると、両国の関係は緊密になった。倭は、百済から仏教や儒教などの文化を学び、百済は、倭から鉄器や織物などの物資を輸入していた。

また、倭と百済は、新羅と高句麗という共通の敵を持っていた。新羅は、倭の南に位置する国で、高句麗は、倭の北に位置する国である。新羅と高句麗は、倭にたびたび侵攻してきたため、倭は、百済と協力して新羅と高句麗を牽制していた。

阿比多の百済派遣は、倭と百済の友好関係を深め、新羅と高句麗の侵攻を防ぐことを目的としていた。阿比多は、百済に派遣されてからも、両国の友好関係を深めるために尽力し、倭と百済の関係をより強固なものにした。

阿比多の出自

阿比多の出自

阿比多の出自

阿比多の出自は、いくつかの説があります。

・阿比多は百済の王族の出身であるとする説

阿比多は、百済の第20代王である腆支王(ていしおう)の息子であるとされています。腆支王は、阿比多が幼い頃に亡くなったため、阿比多は母である弟姫(ていひめ)に育てられました。弟姫は、阿比多を百済の都である泗沘(さぴょ)に連れて行き、そこで阿比多は百済の文化や習俗を学びました。

・阿比多は百済の貴族の出身であるとする説

阿比多は、百済の貴族である阿比多氏の出身であるとされています。阿比多氏は、百済の建国に貢献した有力な氏族の一つであり、多くの高官を輩出しました。阿比多は、阿比多氏の当主である阿比多爾(あびたいる)の息子であるとされています。

・阿比多は百済の平民の出身であるとする説

阿比多は、百済の平民の出身であるとされています。阿比多は、農民の家に生まれ、幼い頃から貧しい生活を送りました。しかし、阿比多は非常に聡明で、独学で多くの知識を身に着けました。阿比多は、百済の王である腆支王にその才能を認められ、泗沘に招かれました。阿比多は、泗沘で百済の文化や習俗を学び、百済の官僚として活躍しました。

阿比多の出自は、いずれの説が正しいのかは定かではありません。しかし、阿比多が百済の文化や習俗に精通していたことは間違いないでしょう。阿比多は、百済の使節として活躍し、百済と日本の文化交流に貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました