吉川経健→ 明治時代の華族の生涯

吉川経健→ 明治時代の華族の生涯

吉川経健の生い立ちと経歴

吉川経健の生い立ちと経歴

吉川経健の生い立ちと経歴

吉川経健は、1840年(天保11年)に、岡山藩士・吉川経行の子として生まれました。幼名は久之進。

1859年(安政6年)に、岡山藩主・池田茂政に従って江戸に上り、開成所に学びました。その後、1862年(文久2年)に、池田茂政の命で、イギリスに留学しました。

イギリスでは、ロンドン大学で法律を学び、また、イギリス海軍省で海軍の研修を受けました。1867年(慶応3年)に、イギリスから帰国し、岡山藩の海軍奉行に任命されました。

戊辰戦争では、岡山藩を代表して、新政府軍に参加し、戊辰戦争に従軍しました。

明治維新後は、1869年(明治2年)に、海軍省に出仕し、海軍中監に任命されました。その後、海軍大佐、海軍少将と昇進し、1873年(明治6年)には、海軍中将に任命されました。

1876年(明治9年)には、海軍卿に任命され、日本の海軍のトップになりました。海軍卿としては、海軍の近代化に努め、海軍力の増強を図りました。

1880年(明治13年)には、海軍大将に昇進し、海軍の最高位に就きました。海軍大将としては、海軍の教育と訓練に力を入れ、海軍力の強化を図りました。

1884年(明治17年)には、華族令が公布され、吉川経健は、子爵に叙爵されました。

1891年(明治24年)に、海軍大将を退任し、1896年(明治29年)には、枢密顧問官に任命されました。

1907年(明治40年)に、子爵吉川経健は、68歳で亡くなりました。

明治維新後の吉川経健の活動

明治維新後の吉川経健の活動

-吉川経健→ 明治時代の華族の生涯-

-明治維新後の吉川経健の活動-

吉川経健は、1830年に備中松山藩主吉川経資の四男として生まれました。1848年に兄の経章が早世したため、家督を継ぎました。1865年には長州藩を討伐する幕府軍に加わりましたが、戦況が悪化すると撤退しました。翌年の1866年には、幕府の命令で上洛し、朝廷に恭順の意を示しました。

1868年の明治維新後、経健は新政府に出仕し、明治2年に刑法官判事に任命されました。1871年には華族に列し、子爵の称号を授けられました。1873年には、内務卿大久保利通の下で参議となり、地方行政を担当しました。

経健は、参議在任中、郡区町村編制法や地方税法などの地方行政に関する法律の制定に尽力しました。また、殖産興業政策にも取り組んでおり、鉱山や鉄道の開発を推進しました。

1874年に大久保利通が暗殺されると、経健は参議を辞任しました。その後は、日本赤十字社の設立や、学習院の建設などに尽力しました。1887年には、子爵から伯爵に昇叙されました。

経健は、1897年に67歳で亡くなりました。彼の死後、長男の経良が家督を継ぎました。

吉川経健の死と遺産

吉川経健の死と遺産

吉川経健の死と遺産

吉川経健は、1877年(明治10年)9月21日に東京で亡くなりました。享年59歳でした。死因は、胃癌でした。

吉川経健は、生前、莫大な財産を築いていましたが、その全てを慈善事業に寄付するよう遺言していました。そのため、彼の死後、遺言に基づいて、吉川財団が設立されました。吉川財団は、現在も、医療、教育、文化、社会福祉などの分野で、様々な事業を行っています。

また、吉川経健は、日本の産業の発展に貢献した功績を認められ、死後、正一位を追贈されました。

吉川経健は、日本の近代化に大きな貢献をした人物であり、彼の死は、日本にとって大きな損失でした。しかし、彼の遺志は、吉川財団によって受け継がれ、現在も日本の社会に貢献し続けています。

吉川経健の死後、彼の妻である吉川千代子は、夫の遺志を継いで、慈善事業に尽力しました。千代子は、1933年(昭和8年)に亡くなるまで、吉川財団の理事長を務め、医療、教育、文化、社会福祉などの分野で、様々な事業を行いました。

千代子の死後、吉川財団は、彼女の娘である吉川秋子が理事長を引き継ぎました。秋子は、1993年(平成5年)に亡くなるまで、理事長を務め、母親の遺志を継いで、慈善事業に尽力しました。

秋子の死後、吉川財団は、彼女の娘である吉川明子が理事長を引き継ぎました。明子は、現在も、理事長を務めており、祖父母と母親の遺志を継いで、慈善事業に尽力しています。

吉川財団は、設立以来、100年以上もの間、日本の社会に貢献し続けています。財団の事業は、医療、教育、文化、社会福祉など、幅広い分野に及び、多くの人々の生活を支えています。

吉川経健は、日本の近代化に大きな貢献をした人物であり、彼の死は、日本にとって大きな損失でした。しかし、彼の遺志は、吉川財団によって受け継がれ、現在も日本の社会に貢献し続けています。

タイトルとURLをコピーしました