江川英竜 – 江戸時代後期の武士・砲術家

江川英竜 – 江戸時代後期の武士・砲術家

幕臣としての経歴と伊豆韮山代官としての業績

幕臣としての経歴と伊豆韮山代官としての業績

-江川英竜 – 江戸時代後期の武士・砲術家-

-幕臣としての経歴と伊豆韮山代官としての業績-

江川英竜(1788-1845)は、江戸時代後期の武士・砲術家である。幼名は周蔵。通称は太郎左衛門。号は英龍、霞亭、石渠。また、砲術の流派から英龍軒、英龍斎とも称した。伊豆韮山代官として、小田原藩領との紛争を解決し、韮山代官所、伊豆韮山反射炉、韮山塾を開設するなど、多くの功績を残した。

江川英竜は、安永7年(1778年)に、江戸の旗本・江川英平の子として生まれた。幼い頃から砲術を学び、16歳の時に小普請組番士となり、19歳の時に大番士に転じた。文化11年(1814年)には、韮山代官に任命された。

韮山代官として、江川英竜は、まず小田原藩領との紛争を解決した。小田原藩は、韮山代官所の支配する伊豆韮山に領地を持っていたが、両者の間で境界線を巡って争いが起きていた。江川英竜は、小田原藩と交渉を重ね、境界線を確定させて紛争を解決した。

また、江川英竜は、韮山代官所に反射炉を建設した。反射炉とは、鉄を溶かして鉄砲や大砲などの武器を作るための施設である。韮山反射炉は、日本初の反射炉であり、日本の近代化に大きな役割を果たした。

さらに、江川英竜は、韮山に塾を開設し、人材を育成した。韮山塾は、砲術や蘭学などを教える私塾であり、多くの優秀な人材を輩出した。

江川英竜は、天保16年(1845年)に死去した。享年58歳。江川英竜は、幕臣として、伊豆韮山代官として、多くの功績を残した。また、砲術家として、近代的な砲術を確立した。江川英竜は、日本の近代化に貢献した人物の一人である。

砲術の研鑽と高島秋帆、佐久間象山、木戸孝允への教授

砲術の研鑽と高島秋帆、佐久間象山、木戸孝允への教授

– 砲術の研鑽と高島秋帆、佐久間象山、木戸孝允への教授

江川英竜は、砲術の研究に熱心に取り組み、多くの弟子を育てました。その中でも、特に有名なのが高島秋帆、佐久間象山、木戸孝允の3人です。

-高島秋帆-は、江川英竜の門下生として砲術を学び、後に蘭学を学び、翻訳や著述活動を行いました。ペリー来航時には、幕府の軍備強化に尽力し、開国論を唱えました。

-佐久間象山-は、江川英竜の門下生として砲術を学び、後に蘭学を学び、多くの弟子を育てました。尊王攘夷運動に参画し、公武合体論を唱えました。

-木戸孝允-は、江川英竜の門下生として砲術を学び、後に尊王攘夷運動に参加し、明治維新後に大久保利通と共に明治政府の中枢を担いました。

江川英竜は、砲術の師としてだけでなく、これらの弟子たちの人生にも大きな影響を与えました。彼らはいずれも明治維新に大きな役割を果たし、日本の近代化に貢献しました。

江川英竜は、砲術の研究に熱心に取り組み、多くの弟子を育てました。その中でも、特に有名なのが高島秋帆、佐久間象山、木戸孝允の3人です。

高島秋帆は、江川英竜の門下生として砲術を学び、後に蘭学を学び、翻訳や著述活動を行いました。ペリー来航時には、幕府の軍備強化に尽力し、開国論を唱えました。

佐久間象山は、江川英竜の門下生として砲術を学び、後に蘭学を学び、多くの弟子を育てました。尊王攘夷運動に参画し、公武合体論を唱えました。

木戸孝允は、江川英竜の門下生として砲術を学び、後に尊王攘夷運動に参加し、明治維新後に大久保利通と共に明治政府の中枢を担いました。

江川英竜は、砲術の師としてだけでなく、これらの弟子たちの人生にも大きな影響を与えました。彼らはいずれも明治維新に大きな役割を果たし、日本の近代化に貢献しました。

ペリー来航時の対応と砲台の築造、反射炉の建設

ペリー来航時の対応と砲台の築造、反射炉の建設

-ペリー来航時の対応と砲台の築造、反射炉の建設-

江川英竜はペリー来航時に勘定奉行として幕府の海軍を統括していました。ペリーは黒船4隻を率いて浦賀に来航し、開国を要求しました。英竜はペリーと交渉し、応急的な措置として浦賀に砲台を築造することを決定しました。英竜はまた、大砲を鋳造するための反射炉を建設することも決定しました。

英竜は浦賀に砲台を築造するために、急遽人夫を集めました。そして、わずか数ヶ月の間に砲台を完成させました。砲台は、大砲を配置した砲台と、大砲を運搬するための道路で構成されていました。英竜はまた、反射炉を建設し、大砲を鋳造しました。反射炉は、燃料を燃やして高温を作り出し、鉄を溶かすために使用されました。英竜は、反射炉で鉄を溶かして大砲を鋳造しました。

英竜が築造した砲台は大砲を配置し、ペリー艦隊を迎撃する準備が整いました。しかし、ペリー艦隊は砲台を攻撃することなく、江戸湾を離れました。英竜の砲台は、ペリー艦隊を撃退することに成功しました。英竜の砲台は、日本の海軍力の近代化に貢献しました。英竜の反射炉は、日本の産業の発展に貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました