「藤原真従」

「藤原真従」

藤原真従の生涯

藤原真従の生涯

藤原真従の生涯

藤原真従は、平安時代前期の貴族・政治家である。藤原北家長者藤原良房の四男として生まれる。母は良房の正室であり、藤原冬嗣の娘である藤原明子である。真従には、姉に藤原多子、弟に藤原良世、藤原良平がいる。

真従は、幼少期から学問に秀でており、特に儒教に通じていた。859年に17歳で従五位下侍従に任ぜられた。その後、左近衛少将、左近衛権中将、左近衛中将を歴任。878年に右近衛大将に任ぜられ、右近衛府の長官となった。

真従は、右近衛大将の任にあった881年に、宇多天皇の即位に伴い、中納言に任ぜられた。884年には、参議に任ぜられ、公卿に列した。886年には、従三位に叙せられ、左近衛大将を兼任した。

真従は、左近衛大将兼参議の任にあった889年に、47歳で卒去した。真従の卒去は、宇多天皇にとって大きな痛手となった。宇多天皇は、真従の死を悼んで、真従に正三位を追贈した。

真従は、学問に秀でた貴族であり、宇多天皇の信任も厚かった。真従の卒去は、宇多天皇にとって大きな損失となった。

藤原真従の家族

藤原真従の家族

藤原真従の家族

藤原真従は、奈良時代から平安時代にかけて活躍した日本の公卿です。参議や中納言を歴任し、最終的には右大臣まで昇進しました。また、文人として和歌や漢詩を多く残しており、六歌仙の一人にも数えられています。

藤原真従の父親は藤原永手であり、母親は藤原豊成の娘です。藤原永手は、奈良時代の公卿であり、藤原道長の祖父でもあります。藤原豊成は、平安時代の公卿であり、藤原良房の兄でもあります。

藤原真従には、六人の子供がいました。そのうちの長男である藤原冬嗣は、参議や左大臣を歴任し、桓武天皇の重臣として活躍しました。次男である藤原春嗣は、正三位まで昇進し、肥後守などを歴任しました。三男である藤原良継は、参議や右大臣を歴任し、淳和天皇の重臣として活躍しました。四男である藤原長良は、従五位下まで昇進し、少納言などを歴任しました。五男である藤原貞嗣は、従五位下まで昇進し、少納言などを歴任しました。六男である藤原仲嗣は、従五位下まで昇進し、少納言などを歴任しました。

藤原真従の家族は、平安時代前期に大きな権力を握った藤原北家の一族であり、その子孫は代々公卿として活躍しました。

藤原真従の功績

藤原真従の功績

藤原真従の功績

藤原真従は、弘仁11年(820年)に生まれ、貞観14年(872年)に亡くなった平安時代の公卿です。彼は、嵯峨天皇の第四皇子である源常恒の孫で、藤原良房の甥にあたります。

真従は、幼少の頃から聡明で、学問を好みました。16歳のときには文章生に補され、18歳のときには右少弁に任じられました。その後、左少弁、右中弁、左中弁を歴任し、29歳のときには参議に昇進しました。

参議となってからは、太政官の政務を司り、外交交渉にも活躍しました。特に、唐への遣唐使として派遣された際には、唐の皇帝から厚遇を受け、多くの文物や知識を持ち帰りました。

真従は、また、和歌や漢詩にも優れ、多くの作品を残しています。彼の和歌は、古今和歌集や拾遺和歌集に収められており、その優雅な文体と豊かな情感で知られています。

真従は、31歳の若さで亡くなりましたが、その功績は大きく、平安時代の文化や政治に大きな影響を与えました。

真従の主な功績は以下の通りです。

* 参議として、太政官の政務を司り、外交交渉にも活躍しました。
* 唐への遣唐使として派遣され、唐の皇帝から厚遇を受けました。
* 多くの文物や知識を持ち帰り、平安時代の文化の発展に貢献しました。
* 和歌や漢詩にも優れ、多くの作品を残しました。
* 彼の和歌は、古今和歌集や拾遺和歌集に収められており、その優雅な文体と豊かな情感で知られています。

真従は、平安時代の文化や政治に大きな影響を与えた偉大な公卿でした。

タイトルとURLをコピーしました