吉川経見-戦国時代の武将

吉川経見-戦国時代の武将

吉川氏の勢力を拡大した名将

吉川氏の勢力を拡大した名将

吉川氏勢力を拡大した名将

吉川経見は、戦国時代に活躍した武将です。安芸国国衆である吉川氏の一族で、吉川元春の子として誕生しました。

経見は、幼少期から武術を学び、若くして頭角を現しました。1570年、毛利氏と尼子氏の間に起こった月山富田城の戦いで、経見は尼子軍を撃破して大功を挙げました。この戦功により、経見は吉川氏の家督を継ぐことになりました。

経見は、吉川氏の家督を継ぐと、領内の整備や兵力の増強に努めました。また、毛利氏との関係を強化し、毛利氏を支援する形で、各地の戦いで戦功を挙げました。

1582年、本能寺の変が起こると、経見は毛利輝元とともに、羽柴秀吉に味方して、明智光秀を討伐しました。この戦功により、経見は秀吉から領地を安堵され、毛利氏とともに豊臣政権の有力大名となりました。

経見は、毛利氏を支援し、吉川氏勢力を拡大した名将です。

経見の死後、吉川氏は毛利氏の家臣となりましたが、江戸時代には、毛利藩の重臣として、幕末まで存続しました。

九州探題今川了俊に従って転戦

九州探題今川了俊に従って転戦

九州探題今川了俊に従って転戦

吉川経見は、戦国時代の武将であり、毛利氏の家臣である。毛利元就の家臣であり、九州探題今川了俊に従って転戦した。

経見は、毛利氏の重臣である吉川元春の次男として生まれる。幼少期から武術を学び、毛利氏の家督を継いだ元就に仕える。

毛利元就は、大内氏と尼子氏という二つの強力な勢力に挟まれており、常に戦を強いられていた。経見は、元就に従って各地を転戦し、数々の武功を挙げる。

永禄11年(1568年)、毛利元就は、大内氏の当主である大内義隆を滅ぼす。しかし、すぐに尼子氏が侵攻してくる。元就は、経見に九州探題今川了俊を頼って九州に逃れるように命じる。

経見は、了俊に従って九州を転戦する。了俊は、島津氏や大友氏と同盟を結んで尼子氏に対抗する。しかし、尼子氏の勢力は強く、了俊は苦戦する。

元亀2年(1571年)、経見は、了俊と共に日向国(現在の宮崎県)の耳川で尼子氏と戦う。この戦いで、経見は槍を手に敵陣に突入し、大いに奮戦する。しかし、経見は、尼子氏の武将である山中鹿介に討ち取られてしまう。

経見の死は、毛利氏にとって大きな損失であった。元就は、経見の死を惜しみ、その死を悼んだ。

経見は、毛利氏のために最後まで戦い抜いた武将である。その武勇は、現在でも語り継がれている。

永享7年に死去

永享7年に死去

永享7年に死去

吉川経見は、永享7年(1435年)に死去しました。彼は享年63歳でした。彼の死因は不明ですが、一説には病死だったと言われています。

経見の死後、吉川氏の当主は嫡男の吉川元経が継ぎました。元経は、父と同じく室町幕府に仕え、備後国の守護代を務めました。また、彼は応仁の乱でも活躍し、東軍の主力として戦いました。

経見の死は、吉川氏にとって大きな損失となりました。彼は、吉川氏の礎を築いた名将であり、彼の死は吉川氏にとって大きな転機となりました。

タイトルとURLをコピーしました