– 藤原師輔

– 藤原師輔

藤原師輔の生涯

藤原師輔の生涯

藤原師輔の生涯

藤原師輔(ふじわら の もろすけ、908年 – 960年)は、平安時代の公卿。藤原北家摂関家、第10代摂政、第6代関白。右大臣・藤原忠平の長男。母は源昭子(源生)父方の祖父は藤原基経、曾祖父は藤原良房。
930年(延長8年)従五位下左近衛少将に叙任され、931年(承平元年)従五位上右近衛少将に昇叙。933年(承平3年)従四位下左近衛権少将に昇叙され、左大臣・藤原実頼に師事した。934年(承平4年)正四位下右近衛権中将に昇正し、右大臣・藤原忠平に師事した。935年(承平5年)正四位上右近衛権大将に昇正され、936年(承平6年)権中納言に任じられた。937年(天慶元年)従三位権大納言に昇叙され、938年(天慶2年)右大臣・藤原忠平が死去したため、右大臣に昇進した。941年(天慶4年)従二位に昇叙された。

942年(天慶5年)、関白・藤原忠平の死去に伴い、関白に任じられた。943年(天慶6年)、左近衛大将に任じられた。944年(天慶7年)正二位に昇叙された。946年(天慶9年)右大臣を辞任し、左大臣に任じられた。947年(天慶10年)内大臣を兼任し、948年(天暦2年)正一位に昇叙された。952年(天暦6年)内大臣を辞任し、左大臣に専任した。955年(天暦9年)辞職し、957年(天徳元年)関白職を辞した。958年(応和2年)出家し、960年(応和4年)薨去した。享年は53歳。

藤原師輔は、藤原氏北家摂関家の隆盛を支えた有力な政治家であり、天慶の乱平定や醍醐天皇の譲位など、多くの政務を執った。また、和歌にも優れ、勅撰和歌集『拾遺和歌集』には22首の和歌が収められている。

藤原師輔の功績

藤原師輔の功績

-藤原師輔の功績-

藤原師輔は、平安時代前期の公卿・政治家。藤原北家貞観流の祖。摂政・関白を歴任し、村上天皇・冷泉天皇の2代にわたり権勢をふるった。

師輔は、藤原忠平の三男として生まれる。兄の忠通・実頼に次いで昇進し、延喜3年(903年)には参議となる。その後、権中納言・権大納言を歴任し、延長4年(926年)には左大臣に昇る。

冷泉天皇が即位すると、師輔は摂政に任命される。村上天皇が即位すると、関白に任命される。師輔は、村上天皇の信任を得て、政権を独占した。

師輔は、内政・外交の両面において優れた手腕を発揮した。内政では、租税制度の改正や律令の編纂などを行い、国の基盤を固めた。外交では、高麗や渤海と友好関係を築き、東アジアで日本の地位を高めた。

師輔は、天慶9年(946年)に薨去。享年64。師輔の死後、藤原北家はさらに勢力を拡大し、平安時代の政治を支配することになる。

-師輔の功績は以下の通り-

* 租税制度の改正延喜19年(919年)、律令制下の租税制度である「雑徭令」を改正した。雑徭令は、国民に一定の労役を課す制度であったが、師輔はこれを廃止し、代わりに「庸・調銭」という税を課した。庸・調銭は、国民が貨幣を納付する税制であり、雑徭令よりも効率的であった。
* 律令の編纂延長4年(926年)、律令集である「延長五年格」を編纂した。延長五年格は、それまでの律令を編纂したものであり、平安時代の法律の基礎となった。
* 高麗・渤海との友好関係の構築師輔は、高麗や渤海と友好関係を築いた。高麗とは、天慶2年(939年)に友好通商条約を締結し、渤海とは、天慶6年(943年)に友好通商条約を締結した。これらの条約により、日本と高麗・渤海の貿易が盛んになり、東アジアにおける日本の地位が高まった。

藤原師輔の逸話

藤原師輔の逸話

藤原師輔の逸話

藤原師輔は、平安時代前期の公卿である。藤原南家の嫡流である藤原忠平の長男として生まれ、右大臣や摂政を歴任した。学問を好み、和歌や漢詩をよくした。また、政務に優れた手腕を発揮し、平安時代前期の政治を安定させるのに貢献した。

師輔の逸話として有名なのは、梅の木の話である。ある日、師輔が庭を散歩していると、梅の木の枝に雪が積もっているのを見た。師輔は、雪の重みで枝が折れてしまうのではないかと心配になり、家来に雪を払うように命じた。家来は、梅の木の枝に登って雪を払い始めたが、梅の木の枝は折れてしまった。師輔は、梅の木の枝が折れてしまったことを嘆き、家来を叱った。

家来は、自分があまりにも力を入れて雪を払ったせいで、梅の木の枝が折れてしまったと謝罪した。師輔は、家来を許し、梅の木の枝を接いだ。梅の木の枝は、接いだ後も元気に育ち、美しい花を咲かせた。

この逸話は、師輔の慈悲深さと、梅の木を大切にする心を表している。師輔は、梅の木の枝が折れてしまったことを嘆き、家来を叱った。しかし、家来を許し、梅の木の枝を接いだ。これは、師輔が梅の木を大切にしていたことを表している。また、師輔は、家来を叱った後も、家来を許した。これは、師輔が慈悲深い人だったことを表している。

タイトルとURLをコピーしました