吉川広家 – 織豊・江戸時代前期の武将

吉川広家 – 織豊・江戸時代前期の武将

毛利氏の部将として各地を転戦

毛利氏の部将として各地を転戦

-毛利氏の部将として各地を転戦-

吉川広家は、毛利氏の家臣として活躍した武将です。毛利輝元の叔父であり、毛利元就の次男として生まれました。

吉川広家は、毛利輝元の家督継承後、毛利氏の筆頭家老として活躍しました。毛利氏と豊臣秀吉の戦いでは、毛利氏の主力として各地を転戦しました。

特に、1590年の九州の戦いでは、豊臣秀吉の軍勢を破り、毛利氏の九州制圧に貢献しました。また、1592年の朝鮮出兵では、朝鮮半島に渡り、明の軍勢と戦いました。

吉川広家は、毛利輝元の死後、毛利氏の家督を継いだ毛利秀就を補佐しました。しかし、1600年の関ヶ原の戦いでは、西軍に属して徳川家康の軍勢と戦いました。

関ヶ原の戦いで西軍が敗北した後、吉川広家は毛利秀就の命により、毛利輝元の遺骸を毛利氏の菩提寺である大雲寺に埋葬しました。その後、吉川広家は毛利秀就の隠居に伴い、毛利氏の家督を継ぎました。

吉川広家は、毛利氏を江戸幕府に仕えさせ、毛利氏の存続に貢献しました。1618年に死去するまで、毛利氏の当主として活躍しました。

関ケ原の戦いで徳川家康に通じ,毛利氏存続のため奔走

関ケ原の戦いで徳川家康に通じ,毛利氏存続のため奔走

関ケ原の戦いで徳川家康に通じ,毛利氏存続のため奔走

吉川広家は、毛利元就の三男として生まれ、毛利輝元の弟にあたる。毛利家家臣として、数々の戦いで活躍し、豊臣秀吉の朝鮮出兵にも従軍した。

関ケ原の戦いが勃発すると、広家は毛利輝元に従って西軍に属したが、戦局が不利になると徳川家康に通じた。この裏切りにより、毛利氏は改易を免れ、安芸・周防・長門の三カ国を領有することができた。

その後、広家は徳川家康の側近として仕え、江戸幕府の創設に尽力した。また、毛利氏の再興にも尽力し、毛利輝元の子である秀就の赦免と、毛利氏の旧領の回復を実現した。

広家は、戦国乱世を生き抜いた名将であり、徳川幕府の創設にも貢献した人物である。その功績は、高く評価されている。

関ケ原の戦いで徳川家康に通じた理由は、毛利氏の存続を図るためだったとされる。毛利氏は、西軍の主力として戦っていたが、戦局が不利になると、広家は毛利輝元に徳川家康に通じることを進言した。輝元は当初、この進言に反対したが、広家の説得を受け入れて、徳川家康に通じることを決意した。

広家が徳川家康に通じたことで、毛利氏は改易を免れ、安芸・周防・長門の三カ国を領有することができた。これは、広家の功績によるものと言える。

その後、広家は徳川家康の側近として仕え、江戸幕府の創設に尽力した。広家は、徳川家康の信任が厚く、幕府の要職を歴任した。また、毛利氏の再興にも尽力し、毛利輝元の子である秀就の赦免と、毛利氏の旧領の回復を実現した。

広家は、戦国乱世を生き抜いた名将であり、徳川幕府の創設にも貢献した人物である。その功績は、高く評価されている。

慶長6年周防(すおう)(山口県)岩国城主となった

慶長6年周防(すおう)(山口県)岩国城主となった

慶長6年(1601)に吉川広家は周防(すおう)(山口県)岩国城主となった。この城は、かつて毛利氏の一族である吉川元春が築いた城で、広家は毛利氏からこの城を譲り受けた。岩国城は、山間の盆地に位置しており、天然の要害に恵まれた城であった。広家は、この城を拠点として、周防国の統治にあたることになる。

広家は、岩国城を拠点として、周防国の統治にあたることになる。広家は、周防国の統治にあたって、領民に優しい政策をとった。また、広家は、周防国の産業振興にも力を入れ、新たに開墾を行って、農業生産を拡大した。また、広家は、周防国の交通網の整備にも力を入れ、道路や橋を整備して、流通を円滑にした。

広家は、周防国の統治にあたって、領民に優しい政策をとった。広家は、領民に年貢を軽減し、また、領民の生活を助けるための様々な施策を実施した。また、広家は、領民の教育にも力を入れ、学校を設立して、領民に教育の機会を提供した。

広家は、周防国の統治にあたって、領民に優しい政策をとった。広家は、領民に年貢を軽減し、また、領民の生活を助けるための様々な施策を実施した。また、広家は、領民の教育にも力を入れ、学校を設立して、領民に教育の機会を提供した。

広家は、周防国の統治にあたって、多くの功績をあげた。広家は、周防国の統治にあたって、領民に優しい政策をとった。また、広家は、周防国の産業振興にも力を入れ、領民の生活を向上させた。さらに、広家は、周防国の交通網の整備にも力を入れ、流通を円滑にした。広家は、周防国の統治にあたって、多くの功績をあげた。

タイトルとURLをコピーしました