四条隆蔭について知ろう!

四条隆蔭について知ろう!

四条隆蔭(しじょう-たかかげ)とは?

四条隆蔭(しじょう-たかかげ)とは?

-四条隆蔭(しじょう-たかかげ)とは?-

四条隆蔭(しじょう-たかかげ)は、室町時代後期の公卿です。官位は従一位・右大臣、贈正一位・太政大臣。

室町幕府10代将軍・足利義稙の猶子であり、細川晴元の家臣です。

1527年、細川晴元が京を追放されると、晴元の家臣である四条隆蔭も京を追われます。

その後、1536年に晴元が京に復帰すると、隆蔭も京に帰還します。

1545年、晴元が再び京を追放されると、隆蔭も京を追われます。

その後、1550年に晴元が三度京に復帰すると、隆蔭も京に帰還します。

1552年、晴元が四国に逃亡すると、隆蔭は晴元を追って四国に下向します。

1557年、晴元が死去すると、隆蔭は晴元の後を継いで阿波国の国主となります。

1560年、隆蔭は阿波国の国主を息子の四条隆昌に譲り、隠居します。

1562年、隆蔭は死去しました。享年66。

隆蔭は、阿波国の国主として、阿波国の発展に貢献しました。

また、隆蔭は、公卿としても活躍し、室町幕府の政治にも参与しました。

隆蔭は、室町時代後期の重要な人物の一人です。

四条隆蔭の功績

四条隆蔭の功績

-四条隆蔭の功績-

四条隆蔭は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将であり、織田信長、豊臣秀吉に仕えました。四条隆蔭は、織田信長が京都に入ると「四条中納言」として寄合に加えられ、丹波国の「守護」に任じられました。四条隆蔭は、丹波平定に尽力し、波多野秀治、赤井直正、高山右近、筒井順慶など、丹波国の多くの武将を降伏させました。四条隆蔭は、また、丹波国に「田地割」を実施し、土地の分配を公平に行いました。四条隆蔭は、織田信長の死後、豊臣秀吉に仕え、丹波国の「大名」として遇されました。四条隆蔭は、豊臣秀吉の九州征伐、小田原征伐に参加し、功績を挙げました。四条隆蔭は、慶長3年(1598年)に病死しました。

四条隆蔭の功績は、主に以下のような点にあります。

* 丹波国の平定
* 田地割の実施
* 豊臣秀吉の九州征伐、小田原征伐への参加

四条隆蔭は、丹波国の平定に尽力し、丹波国を統一しました。四条隆蔭は、また、田地割を実施し、土地の分配を公平に行いました。四条隆蔭は、さらに、豊臣秀吉の九州征伐、小田原征伐に参加し、功績を挙げました。四条隆蔭は、丹波国の平定、田地割の実施、豊臣秀吉の九州征伐、小田原征伐への参加など、数多くの功績を残しました。

四条隆蔭の生涯

四条隆蔭の生涯

-四条隆蔭の生涯-

四条隆蔭は、室町時代中期に活躍した公家で、左大臣や右大臣を歴任し、足利義政の側近として活躍しました。

隆蔭は、1443年に四条勝豊の子として生まれ、1467年に従五位下に叙任、1474年に参議となり、1483年に右大臣に任じられました。1485年には左大臣に昇進し、1488年には内大臣に任じられました。

隆蔭は、足利義政に重用され、義政の側近として政務に参与しました。応仁の乱後、義政が京都に帰還した際には、隆蔭がその帰還を迎えるために出迎え、その後も義政の側近として政務を執りました。

隆蔭は、1491年に薨去しました。享年49。

隆蔭は、公家として活躍し、足利義政の側近として政務に参与しました。応仁の乱後、義政が京都に帰還した際には、隆蔭がその帰還を迎えるために出迎え、その後も義政の側近として政務を執りました。

隆蔭は、1491年に薨去しました。享年49。

タイトルとURLをコピーしました