軍人 大谷喜久蔵について

軍人 大谷喜久蔵について

大谷喜久蔵の生涯

大谷喜久蔵の生涯

大谷喜久蔵の生涯

大谷喜久蔵は、1865年(慶応元年)に熊本県の農家に生まれた。1885年(明治18年)に陸軍士官学校を卒業し、歩兵少尉に任官された。日清戦争では、第3師団第6旅団歩兵第12連隊第1大隊第3中隊長として出征し、戦功をあげた。

1898年(明治31年)に歩兵少佐に昇進し、歩兵第31連隊第2大隊長に就任した。日露戦争では、第1師団第1旅団歩兵第1連隊第1大隊長として出征し、戦功をあげた。1904年(明治37年)には、歩兵中佐に昇進し、歩兵第77連隊長に就任した。

1910年(明治43年)には、歩兵大佐に昇進し、歩兵第22旅団長に就任した。1914年(大正3年)には、陸軍少将に昇進し、歩兵第11旅団長に就任した。1917年(大正6年)には、陸軍中将に昇進し、第11師団長に就任した。

1921年(大正10年)には、陸軍大将に昇進し、第1師団長に就任した。1923年(大正12年)には、朝鮮総督に就任した。1929年(昭和4年)には、陸軍大臣に就任した。1931年(昭和6年)には、満州事変の勃発により、関東軍司令官に就任した。1932年(昭和7年)には、陸軍参謀総長に就任した。

1934年(昭和9年)には、予備役に編入された。1945年(昭和20年)に死去した。

大谷喜久蔵の軍歴

大谷喜久蔵の軍歴

-大谷喜久蔵の軍歴-

大谷喜久蔵は1868年12月10日、愛知県豊田市に生まれました。1889年に陸軍士官学校を卒業し、陸軍歩兵少尉に任官されました。日清戦争では、歩兵第2旅団歩兵第4連隊第1大隊の指揮官として参戦し、功績を挙げました。

日露戦争では、歩兵第2旅団歩兵第4連隊第2大隊の指揮官として参戦し、再び功績を挙げました。1904年12月に歩兵第2旅団歩兵第4連隊長に昇進し、1905年1月に少佐に昇進しました。

1907年に歩兵第35連隊長に任命され、1910年に中佐に昇進しました。1912年に歩兵第1連隊長に任命され、1914年に大佐に昇進しました。

第一次世界大戦では、歩兵第1連隊長として参戦し、1915年1月に少将に昇進しました。1916年に歩兵第1旅団長に任命され、1918年に中将に昇進しました。

1920年に教育総監に任命され、1922年に大将に昇進しました。1923年に陸軍大臣に任命され、1925年に予備役編入されました。

大谷喜久蔵は、日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦に参加し、功績を挙げました。1923年に陸軍大臣に任命され、日本の軍政を担いました。1925年に予備役編入され、1945年に亡くなりました。

大谷喜久蔵の功績

大谷喜久蔵の功績

-大谷喜久蔵の功績-

大谷喜久蔵は、日本の軍人であり、日露戦争やシベリア出兵で活躍しました。また、満州国建国の功労者の一人でもあります。

大谷喜久蔵の功績の一つは、日露戦争における旅順攻略戦での活躍です。大谷喜久蔵は、旅順攻略戦において、第1師団の歩兵第2旅団長として参戦し、激戦の末、旅順要塞を陥落させました。この戦功により、大谷喜久蔵は少将に昇進し、勲三等旭日中綬章を受章しました。

大谷喜久蔵の功績二つ目は、シベリア出兵における活躍です。シベリア出兵において、大谷喜久蔵は、第5師団の師団長として参戦し、過酷な環境の中で戦い抜きました。大谷喜久蔵は、シベリア出兵での功績により、中将に昇進し、勲二等旭日重光章を受章しました。

大谷喜久蔵の功績三つ目は、満州国建国の功労者の一人であることです。大谷喜久蔵は、満州国建国に協力し、満州国軍の総司令官として、満州国の治安維持に努めました。大谷喜久蔵は、満州国建国での功績により、大将に昇進し、勲一等旭日大綬章を受章しました。

大谷喜久蔵は、日露戦争、シベリア出兵、満州国建国などにおいて活躍した軍人で、日本の軍事史にその名を刻む人物です。

タイトルとURLをコピーしました