【】吉川類助 ~ 実は吉川忠安だった!?

【】吉川類助 ~ 実は吉川忠安だった!?

吉川類助とは

吉川類助とは

吉川類助とは

吉川類助(よしかわるいすけ)は、江戸時代初期の旗本、普請奉行。島原の乱で戦死した。

吉川類助は、吉川広家の五男として生まれた。兄に吉川広正、吉川広房、吉川広定、吉川広家がおり、弟に吉川就実がいる。

寛永10年(1633年)、父・広家が死去すると、家督を継いで周防岩国藩の藩主となった。寛永16年(1639年)、島原の乱が起こると、幕府から出兵を命じられ、肥前国に出陣した。しかし、島原城を攻囲している最中に、戦死した。

吉川類助の死後、家督は長男の吉川広紀が継いだ。広紀は、寛文5年(1665年)に死去し、跡を継いだ次男の吉川広正が、吉川家の当主となった。広正は、元禄16年(1703年)に死去し、家督は長男の吉川広家が継いだ。広家は、享保13年(1728年)に死去し、跡を継いだ次男の吉川広豊が、吉川家の当主となった。

吉川広豊は、宝暦13年(1763年)に死去し、家督は長男の吉川広리가継いだ。広리는、安永9年(1780年)に死去し、跡を継いだ次男の吉川広家が、吉川家の当主となった。広家は、寛政12年(1800年)に死去し、家督は長男の吉川広紀が継いだ。広紀は、文政元年(1818年)に死去し、跡を継いだ次男の吉川広が、吉川家の当主となった。

広は、嘉永4年(1851年)に死去し、家督は長男の吉川広が継いだ。広は、明治維新後に華族に列し、子爵となった。広は、大正11年(1922年)に死去し、跡を継いだ長男の吉川広が、吉川家の当主となった。広は、昭和24年(1949年)に死去し、家督は長男の吉川広紀が継いだ。広紀は、平成26年(2014年)に死去し、跡を継いだ長男の吉川広が、吉川家の当主となった。

吉川類助は、島原の乱で戦死した悲劇の武将である。しかし、その死は、吉川家の繁栄の礎となった。吉川家は、幕末まで岩国藩を治め、明治維新後は華族に列した。

吉川忠安とは

吉川忠安とは

吉川忠安とは

吉川忠安は、戦国時代の武将で、吉川元春の長男です。1566年に生まれ、1614年に亡くなりました。幼名は鶴松、初名は猿千代でした。

1582年の本能寺の変で父・元春が毛利輝元に従って羽柴秀吉に降伏した後、忠安は秀吉の人質として大坂城に送られました。その後、1584年に毛利輝元に仕え、1587年には豊臣秀吉の九州平定に従軍しました。

1590年の小田原征伐では、輝元に従って北条氏を攻撃し、戦功を挙げました。1592年の文禄の役では、輝元の命を受けて朝鮮に渡り、泗川の戦いで奮戦しました。

1597年の慶長の役では、輝元の命を受けて再び朝鮮に渡り、蔚山城の戦いで豊臣秀吉の軍を破りました。この戦功により、輝元から筑前国怡土郡に1万石の領地を与えられました。

1600年の関ヶ原の戦いでは、輝元に従って西軍に属し、石田三成の軍と戦いました。しかし、西軍は敗北し、忠安は輝元と共に毛利氏の本拠地である長門国萩に逃れました。

1603年に輝元が死去すると、忠安は毛利氏の家督を継ぎました。1614年に亡くなるまで、毛利氏を統治しました。

忠安は、武勇に優れ、戦功を挙げた武将でした。また、毛利氏の家督を継いでからは、領国の統治にも力を入れ、民政に尽くしました。

吉川類助と吉川忠安の関係

吉川類助と吉川忠安の関係

吉川類助と吉川忠安の関係

吉川類助と吉川忠安は、戦国時代から江戸時代にかけて活躍した武将です。2人は従兄弟の関係にあり、幼い頃から親しく育ちました。

吉川類助は、毛利元就の四男として誕生しました。毛利元就は、中国地方を統一した名将として知られています。吉川忠安は、吉川元春の嫡男として誕生しました。吉川元春は、毛利元就の弟であり、毛利氏の宿老として活躍しました。

吉川類助と吉川忠安は、ともに元就の教えを受け、儒学や兵法を学びました。2人は、元就の期待に応え、毛利氏の武将として活躍します。

吉川類助は、尼子氏との戦いなどで数々の武功を挙げ、毛利氏の拡大に貢献しました。吉川忠安は、長篠の戦いで武田氏を破るなど、織田信長と同盟を結んで戦いました。

吉川類助と吉川忠安は、毛利氏を支える双璧として活躍しました。2人は、親しい間柄であり、互いに信頼し合っていました。

しかし、天正10年(1582年)、本能寺の変で信長が亡くなり、織田氏が滅亡しました。これにより、毛利氏は織田氏との同盟関係を失い、豊臣秀吉と対立することになりました。

天正15年(1587年)、豊臣秀吉は九州征伐を行い、毛利氏を攻めました。吉川類助と吉川忠安は、毛利氏を支えて豊臣軍と戦いましたが、敗北しました。

毛利氏は秀吉に降伏し、吉川類助と吉川忠安は秀吉に仕えることになりました。秀吉は、吉川類助を肥後国人吉城に、吉川忠安を筑前国岩屋城に封じました。

吉川類助と吉川忠安は、秀吉の死後も豊臣氏に仕え、関ヶ原の戦いでは西軍に属しました。関ヶ原の戦いで西軍が敗北すると、吉川類助と吉川忠安は毛利氏に帰参しました。

吉川類助と吉川忠安は、毛利氏の家臣として引き続き活躍しました。吉川類助は、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで戦死し、吉川忠安は、慶長19年(1614年)に死去しました。

タイトルとURLをコピーしました