高松内匠頭と大坂冬の陣・夏の陣

高松内匠頭と大坂冬の陣・夏の陣

高松内匠頭とはどんな人物?

高松内匠頭とはどんな人物?

-高松内匠頭とはどんな人物?-

高松内匠頭とは、関ヶ原の戦いで徳川家康に味方し、江戸幕府の旗本となった武将です。本名は高松正之(まさゆき)といい、慶長5年(1600年)に美濃国で生まれました。父は高松忠次で、母は織田信長の娘の冬姫です。

正之は幼い頃から武芸に優れ、16歳で徳川家康に仕えました。関ヶ原の戦いでは、家康の旗本として参戦し、功績を挙げました。戦後、正之は江戸幕府の旗本となり、1000石を与えられました。

正之は、大坂冬の陣・夏の陣でも活躍しました。冬の陣では、真田信繁隊と戦い、夏の陣では、真田幸村隊と戦いました。正之は、真田幸村を討ち取り、江戸幕府の勝利に貢献しました。

正之は、大坂冬の陣・夏の陣の功績により、500石を加増され、1500石の旗本となりました。正之は、江戸幕府の重臣として活躍し、元和9年(1623年)に52歳で亡くなりました。

正之は、武勇に優れ、徳川家康に忠義を尽くした武将でした。正之の活躍は、江戸幕府の安定に大きく貢献しました。

大坂冬の陣での活躍

大坂冬の陣での活躍

-大坂冬の陣での活躍-

高松内匠頭は、大坂冬の陣で真田信繁(幸村)の軍と戦い、勝利を収めた。

大坂冬の陣は、1614年11月21日から1615年2月18日まで、豊臣家と徳川家康が戦った戦役である。

真田信繁(幸村)は、豊臣家の将であり、大坂城の守備を担当していた。

高松内匠頭は、徳川家康の軍の武将であり、真田信繁(幸村)の軍と戦った。

1614年11月21日、徳川家康は、大坂城に攻め寄せ、大坂冬の陣が始まった。

真田信繁(幸村)は、徳川軍の攻撃をたびたび撃退したが、1615年2月13日、高松内匠頭の軍に敗れ、討ち死にした。

高松内匠頭は、真田信繁(幸村)を討ち取ったことで、徳川家康から賞賛を受け、加増を受けた。

高松内匠頭は、大坂冬の陣で活躍し、徳川家の勝利に貢献した。

大坂夏の陣での奮戦

大坂夏の陣での奮戦

-大坂夏の陣での奮戦-

大坂夏の陣において、高松内匠頭は真田信繁隊の攻撃を受けるも、これを撃退した後、真田隊の側面を衝くなど、奮戦した。

特に、真田隊が徳川方の本陣に迫った際には、高松隊がこれを撃退し、徳川方の勝利に大きく貢献した。

また、高松隊は、豊臣方の総大将である徳川秀忠を討ち取る寸前まで迫ったが、秀忠は家臣の犠牲によって難を逃れた。

しかし、高松隊は、徳川方の猛攻を受けて、壊滅状態となり、高松内匠頭も戦死した。

高松内匠頭の奮戦は、徳川方の勝利に大きく貢献し、豊臣方の敗北を決定づけた。

また、高松内匠頭の死は、徳川方にとって大きな損失となり、徳川家康は、高松内匠頭の死を悼んで、その墓を建てさせた。

高松内匠頭の奮戦は、その武勇を世に知らしめ、江戸時代には、歌舞伎や浄瑠璃などの題材となり、今日でも、その名は語り継がれている。

タイトルとURLをコピーしました